朝田でクルクス

April 22 [Fri], 2016, 12:01
周知の事実だとは思いますが妊活にとって全身状態が健康であるということは前提条件と言えます。

健康を維持するために大切なことは食事のバランスと、適度な運動量の維持です。

肥満防止という目的もありますが体の中の血の巡りを良くすることで栄養の流れが体内でスムーズにいくということも大きいです。
一例として、ウォーキングを軽く行うくらいでいいと考えられます。不妊の一因として血行不良からくる冷え性があ原因と考えられています。
その冷えを根本的に改める為に、食事療法を実施するというのが大事です。

例えば、体を芯からぽかぽかさせる生姜や根菜などを意識的に食生活の中に摂り入れ、体を冷やすもとになる食品を避ける事も妊娠するための、体質を良くする道でしょう。妊娠活動の中でも、体質改善のために、根本から妊娠しやすい体を作っていく漢方治療は大変効果的です。病院で医師の処方箋をもらえば健康保険が適用されるので、比較的、安価だということもあり、続けやすいのです。
女性の不妊だけではなく最近よくいわれる、男性不妊にも効果が期待されており、夫婦で服用するようになさってください。


今、妊娠初期に葉酸不足になってしまうと、赤ちゃんの成長への影響があることは世間でも広く知られています。ただ、多く取りすぎてしまった時の事は知られていないように思います。

どうも発熱や蕁麻疹を生じさせやすくする原因となったり、子どもが将来、喘息で辛い思いをする確率を高めることがあるようです。
葉酸の摂取しすぎにも、気をつけるようになさってくださいね。特に女性の場合は、妊活中はお酒を飲まないように言われることが普通です。

それはどうしてかといいますと、妊活中はいつでも妊娠している可能性があると考えて女性が自分でも妊娠していると分かっていない時に飲酒が胎児に影響を及ぼすことを防ぐという理由です。

そして、アルコールの作用によってホルモンバランスが乱れたり体が冷やされるので赤ちゃんを望む女性にとっては避けた方がよいでしょう。
赤ちゃんを授かったという事で専門家による栄養指導を学んだり、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。


葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。

ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱するとその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。
最も妊活で重要なのは基礎体温を測るということです。毎朝、欠かさず基礎体温を測ることにより、自分の身体の状態がどうであるか把握でき、妊娠可能な状態かどうか、妊娠の可能性があるかどうかや、排卵日がいつなのかなど重要な情報を知ることができるでしょう。ちなみに言うと、基礎体温というものは、朝目覚めてすぐの体温を測ることで調べることが出来ます。

妊娠の初期は胎児の器官形成をする大切な時期です。
そういった時期に妊婦の体の中で葉酸が欠乏すると赤ちゃんの先天性奇形率が上がるとされているのです。

ですので、妊娠を望む女性であれば妊娠前から意識して葉酸を摂る事が大切ですし、妊娠の初期段階にもサプリメントで常に補うようになさってください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大輝
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yat8enip9gkhlr/index1_0.rdf