(無題) 

July 03 [Tue], 2007, 16:52
近日中にもNON'SHEEP WEB SITE がリニューアルします!
アドレスはそのままですが、各メンバーのブログアドレスは変更になり
ますので
ブックマークに登録されている方は変更お願いします。

新ブログアドレス
佐藤雄駿 : http://yutasato.sblo.jp/
田子剛  : http://tuyoshitago.sblo.jp/
SANTOS : http://santos.sblo.jp/
額賀康孝 : http://yasutakanukaga.sblo.jp/

リニューアル作業により、一時アクセスできない場合があります。
何卒ご了承下さい。NON'SHEEP STAFF


矢井田瞳さん 

April 20 [Fri], 2007, 16:43
ついにfreedomstudioでのレコーディング行程をすべて終了しました

残すは東芝EMIの方の四曲を残すのみです


EMIと言えば昨日こちらのエンジニアの渡邊さんに矢井田瞳さんのライブに連れて行ってもらいました


ヤイコさんでドラムを叩いているのは、今回レコーディングで大変お世話になったドラマー兼チューナーの小関さん!


期待と不安をのせいざNHKホールへ!



…でかい




想像以上に広かった



ライブはさすがの一言


すべてにムラもなく釘付けになりました

ヤイコさん歌うまし…


見てて安心感を覚えるほどの安定感

演奏もそう



いやー小関さんのおかげでかなり勉強になりました


僕らもこれくらい安定感のあるライブを目指したいです


ライブ後挨拶


乾杯会場に登場したヤイコさん

この一人の女性に魅了されあれだけの人が集まり、小さい体で20曲以上の長丁場をやり遂げた

すごいっすとか言えなかったです


ヤイコさんに挨拶を終え楽屋の方にいる小関さんに挨拶へ


ステージを見せてもらいました


フットサルできますよ!あの広さ!



あぁ

大変、身のなる1日でした


渡邊さん有難うごさいました

レコーディングも 

April 13 [Fri], 2007, 16:23
佳境にはいってきています

スタジオは所変わってfreedomstudio


こちらで使用したバスドラはエンドリケリーエンドリケリーのレックでも使用したというロジャースの60年代のヴィンテージ22インチ

やはり馴れている22インチは踏みやすい!


スネアも新顔が登場
左上、ノーブルのアルミ
右上、70年代のラディックのアルミとその下30年代のラディック&ラディックのブラス


こんだけの名器に囲まれ自分に一言…



シネ!


カス!!


です




いや〜苦戦しました。色々


いつもは自分の叩きやすいテンションや好きなピッチに合わせてるわけですが

今回はテックの方にも入って頂いて、他の楽器達との音の調和をとりながら音づくりしたわけです


ドラマーとしての好きな音、イメージと楽曲一つ一つの必要な音は必ずしも一致するわけではないのです

そのため普段ではしたことのないローピッチなど馴れていないテンションで出したいニュアンスを出すことに凄く苦戦を強いられました


自分の力量に嫌気が差しましたがとてもいい経験が出来ました
もっともっと上をみて精進して行こうと見つめ直せました


ドラマー以外は興味ないと思うが使用機材3 

April 12 [Thu], 2007, 19:58
使用したシンバル類

写真は世界に2セットしかないというパイステのルードのプロトタイプ

市販されてるのより薄く、僕のルードのイメージを打破したハイハット

バランスが良くとても使いやすい!芯がありキレもヌケもよく、それでいて繊細な音



その他に

今や生産していない、パイステの602の15インチのハイハットと22インチのライド

ルードのサウンドエッジハイハット14インチにクラッシュとライド

パイステのシグネチャーシリーズのクラッシュとライド

あと私物のジルジャンのマスターサウンドハイハットとセイビアンのパラゴンチャイナ



来月から本格的にレコーディングも始まりますが、やってやります

新しいドラムキットが楽しみでしょうがない


ドラマー以外は興味ないと思うが使用機材2 

April 12 [Thu], 2007, 18:33
今回のレコーディング用にチューナーの向井君がもってきてくれたスネア集団です

よだれものです


上から40年代のラディック&ラディックというラディックとなる前のメーカーのブラス

かなぁり貴重です


その下は40年代のスリンガーランドのレディオキング

これもかなぁり貴重


その下は60年代のラディック

その下は70年代のラディックです



ぜ〜〜んぶ、ヴィンテージのかなぁり、かなぁり貴重なスネア集団

写真とか話でしか聞いたことのないもの達だったので、何度か向井君の目を盗んでパクろうと試みたのですが失敗に終わりました…



ちなみに一番下2つは僕の私物で現行のラディックのブラックビューティーとソナーのデザイナーのメイプルすよ


いや、しかし…



贅沢すぎます

ドラマー以外は興味ないと思うが使用機材 

April 12 [Thu], 2007, 18:24
初日のレコーディングで使用した

ロジャースというメーカーの70年代もののヴィンテージドラムキットです

24インチのキックに13インチのタム16インチのフロアです


図太い音でした


3月21日レコーディング初日 

April 12 [Thu], 2007, 18:18
行って参りました。at 東芝EMI 第3スタジオ!

レコーディングはいつも緊張しますが、この日は必要以上に緊張しました…


そりゃあ、そうでしょう

この3stはかつて、ローリングストーンズやコールドプレイなどもレコーディングしたことのある伝説のスタジオだとか…

そりゃ力入るわ



体育館のように広いスタジオ
赤や黄色に光ってるオブジェがスタジオ内にあるし…

むちゃくちゃきれいでした


前回書いたドラムテックの方にも入ってもらい、その小関さんの一番弟子の向井君がスタジオ入りしてくれたのですが


若干22歳と若い!
そして素晴らしいチューニングテクニック!!


初日は四曲リズム録りしたのですが、もう最初の二曲はガッチガッチで体が思うように動かず、なかなかいつものプレイができずかなりの苦戦と体力を失いました。

どうにか録り終え、ご飯休憩を挟み前半戦終了



たらふく食べ後半戦へ!


残り二曲。時間かかると思いきや…



なんとどちらも一発オーケー!!



どうやらお腹すいてたみたいです




さて

今回レコーディングした3st
プレッシャーも大きかったのですが、その反面楽しみでもありました。

まあ、僕らのようなインディーズバンドが簡単にレコーディングできるような場所じゃないのもありますが

このスタジオ
なんと取り壊しが決定したみたいなのです。


いくらこの先すごいプレイヤーになってももう3stはないのです

ミュージシャンとしてこの伝説のスタジオでレコーディングできてほんとに嬉しかったのです

関係者の皆様ほんとありがとうございました


今回レコーディングで使用した機材は後日アップしていきまーす


あぁ、楽しかった





2月24日 

April 12 [Thu], 2007, 18:09
は都内某所のスタジオに社長と行って参りました。

今、僕らはレコーディングに向けての準備中です。

ライブスケジュールがアップできず、すみません

決まり次第アップしていきたいと思います。
とりあえずこれからレコーディングしてリリースするCDを期待してみて下さい。





そのスタジオとは、簡単にいうとドラマーのための楽園です!!

属にドラムテックと言われるドラムセットをチューニングしてイメージ通りの音を作っててくれるスペシャリストがいるのですが

この日は小関さんというテックの方と会ってきました。


ものすごい勉強になりました

すごく気さくでいい人で緊張せず話すことができました

小関さんはテックでもありドラマーでもある素晴らしいヒューマン

今、矢井田瞳さんのライブを回ってる最中のお忙しい所時間を取ってもらいました。


ドラマー以外がきてもつまんないだろうけどドラマーには天国のような場所なんすよ。

ほんとに


憧れのドラマーやアーチストの話を色々聞かせてもらって談笑にも熱が入ってしまいました。


そして

ドラムの保管室に行って最強に舞い上がる僕

ヴィンテージのドラムセットやらあの方のスネアやらセットやら…

目が回りそうでした

色々試させてもらって、小関さんが「額賀君のイメージのドラムセットとシンバルを下にセットしてあるから行こう」と
いざスタジオへ


ロジャースというメーカーの60年70年代もののヴィンテージセット2台!!
シンバル類はパイステ!!

しかもハットに関しては世界に2セットしかない内の貴重な1セットが組み込まれてました…

メッッチャクチャ絶品でした!!
商品化したら間違いなく購入します

しないそうですが…

ほんと最高の1日だったなぁ。
こんなクソみたいなやつに値段もつけれないものを叩かせてくれて…




ただ


あれらのセット、もしレコーディング中に壊したりでもしたら一体いくらに…






そうだね

夜逃げだね

1月26日 

April 12 [Thu], 2007, 17:57
AIRのツアーファイナルに行ってきました

in ZEPP Tokyo!!


自分達のワンマン前最後のライブリハを終え、うちのブラジルと仲間のsomaの二人を引き連れ

いざいざ!!


Zeppにつきsomaの二人は上の招待席で観るといい、ブラジルはライブを体感したいんで下で観るといい

僕はどうしょ??

下でライブを体感するか上で佐野さんのプレイをジックリみるか…


う〜ん…



せっかく招待されたんだから上でゆっくり…

いやいや!!

ワンマン前にへコみたいのか!?


……



悩んだ末…


上で観ました



この前行ったLIQUIDROOMの時もあっという間だったが、ファイナルもあっという間だった!!


完全に佐野さんのプレイに魅了されました

ふと、一階で観てみようと思い、時計みたら二時間たってました



アンコールも終わり、いつもお世話になってるPAの川口さん、川口さんの会社の社長さんの長サンと長サンの奥様にあいさつしに行ったら

突然、ステージにAIRが!!


思わぬ事態に続々とお客さん最前に!

一曲だけやりライブ終了


いいライブだった!!

todayなど懐かしい曲もやり高校の時コピーしたなぁと思い出しつつかなりテンション上がった!!

さて


帰るかとなった時、またもや思いがけぬ事態!!


長サンが「さあ、楽屋行くか?」




……




ええぇ!?







ドキドキして待ってたら長サンが「ごめん、車谷くんORANGE RANGEのメンバーと盛り上がっちゃってるわ。今日はちと難しい」

僕ら
「あっ、大丈夫です!すみません。ありがとうございました!!」

と帰ろうとしたら

長サンの奥様が「なら、二人に会わせてあげたら?」


…またまた、思いがけないー!!

長サンの奥様は渡辺さんのマネージャーだそうです

長サン「そうだな、よし行こう」



ついにあのリズム隊に会える…


と、楽屋まで歩いてたら


さ、佐野さんだぁー!!
誰かと話てる…


わお




ORANGE RANGEだ

佐野さんは今ORANGE RANGEも叩いているんです


一室に通され、ドキドキする4人


すると



ベースの渡辺さん登場!!

興奮!!


怖い方かと思ったら、めちゃくちゃ物腰低く優しい方でした
すると

ついに


佐野さんが登場!!

目の前にあの佐野さんがいる!!


自己紹介したらなんと佐野さんが「額賀くんて、この前サインあげたよね?」



うあぁ…


覚えててくれたんですか…

もうね、この瞬間はマジヤバかったですね。かなり興奮しました。


すると、長サンの奥様が「写真とってあげたら?」と…




神ですか??





奥様は神様なのですか??



ほんとにきて良かったです


ツアーファイナルを見れただけでも満足なのに、ここまでしてもらいまして。

ほんとに長サン、長サンの奥様、川口さんありがとうございました!!


ちなみに写真を載せる許可もいただきました


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yasutakanukaga
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる