トレンドラインとは

February 21 [Sun], 2010, 18:29
FXのチャートでは、よく「トレンド」という言葉を聞きます。
トレンドとは、為替相場が動く方向性のことで、上昇傾向や下降傾向など値の動きを分析する材料になります。
多くの場合はトレンドに沿うように動き、急に相反した動きはしません。
トレンドを知るためには、チャートの上に線を引いて調べます。

線の引き方ですが、チャートの価格の節目同士を線で結んだ場合は、トレンドラインと呼びます。
価格が上昇傾向の場合は安値同士を結び、これをサポートラインと呼びます。
下降している場合では、高値同士を結び、これをレジスタンスラインと呼びます。

上昇トレンドのものを買うときには、いつまでも保有しているのではなく、利益がある程度出た時点で決算してしまいます。
上昇トレンドの場合は買い注文が殺到しやすく、一気に値段が上がりますが、今度はそれを売ろうとする動きが出てきて、急激に値が下降してしまう可能性が高いからです。
上昇トレンドでの買い注文の時には、小さく利益を得て稼ぐのがポイントです。

トレンドラインはFX取引を行う上で重要だと言えます。
トレンドは初期、中期、末期の3つの時期によって分けられ、初期の頃ではまだ上昇ラインに乗るか判断できません。
為替が上昇ラインに沿って成長するか判断できるのは、中期から末期にかけてとなっています。
中には中期にトレンドラインが変動し、末期になれば上昇ラインが下降ラインに変化する事もあるので、注意が必要です。
色々なトレンドラインを勉強し、それらの傾向を把握しておくと、為替変動の目安にすることができます。
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
P R
http://yaplog.jp/yasutakadesu/index1_0.rdf