事務所の経営方式や納税形で何の利害があり

June 21 [Fri], 2013, 11:24
事務所の経営方式や納税形で何の利害があり

業務の必要に適応するために広がる、多くの企業は全国の範囲の内で設立業務連絡時。会社から管理の観点は、一般のような業務連絡業務に従事してない時だけ現地で納税。だからある企業を取って現地で事務所を設立して方式、あるいはいっそさえもない事務所設立、現地での2部屋を借りて、貨物及び顧客代金を受け取って送受信。このような行為をされたら税務機関を調べて、税務機関は、その経営行為べき税額査定し、税金と罰金を命じ。このような経営方式は実はとてもよくない。貨物の販売から税金納付後に終わって、本社にはもう一回税納付、形成された「繰り返し納税」、引き合わない。

発生状況の原因は、これらの企業する会社、事務所の経営方式、どのように納税の規定を理解が足りない。

企業の発展が一定の規模に基づいて以降、安定供給ルート、開発市場や便利な顧客サービスの考えでは、避けられないなら販売業務を相対的に集中する地区で分枝機構を設立する。支店は主に2種類の形式:1種を支社;一種を事務所。分会社経営活動に従事し、普通に従事して事務所にしか本社の営業範囲内の業務連絡活動。支社、事務所税優遇と違って、主に企業所得税や流通税に。

企業所得税から見て、事務所にできないため経営活動に従事し、業務収入、利益も存在しない、ない課税所得額とする必要がなく、企業所得税を納付し、分公司にとって、企業所得税は支店の所在地の税務機関が納付、まとめ後総公司のから集中納付。については本社の集計納付は、本社所在地の国税局が発行企業所得税はすでに総機構集計納付の証明、子会社でこの証明書に所在地の国税局関連手続きを行う。香港会社設立一般的に、独立納税まとめ納税より優れているため、本社と支社の黒字、損が互いに補う。

増値税から見て、事務所での経営活動に従事するので、現地で増値税を支払う必要はない、子会社経営活動は現地でなければならない増値税を支払う。

企業間の支店機構がよく起こり貨物移送の行為を避けるために、本社で支店の所在地の増値税を支払うことについて、に基づき企業所属機関間移送貨物増値税を徴収問題の通知》(国税発「1998」13号)の規定によると、事務所を設立して類の機関がない領収書を受け取りの代金、代金はお客様に直接ドル本部から直接にお客様に本社発行インボイス。同事務所は貨物移送担当の監督や保管。

一部の企業の販売を容易にするために、しばしば販売を設立やレンタル倉庫。基本モードの2種類あります:1種の倉庫、総機構派遣员管理、経営、管理者の給与費、倉庫賃貸料などは本社の支払いは、管理職は総機構の名義で業務連絡、対外契約。このモードを取って、短い時間の内で販売を避けるために増値税を支払う企業に本社所在地の税務機関の発行を申請し『外出経営活動税収徴収管理証明」、レンタル倉庫所在地販売スタッフを持って本社所在地の税務機関が発行した経営活動税収徴収管理証明外出展開経営活動その増値税は本社所在地の税務機関に納付。別の1種のモードは異郷貸倉庫、本社は駐在員蔵もないこの倉庫で営業活動を通じて、この場合は現地で増値税を支払う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yasman
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yasman/index1_0.rdf