ビタミンを上手に摂取するコツ 

2013年03月03日(日) 22時08分
現代人は、ビタミンが不足していると言われていますが、ビタミンを摂取するコツを紹介します。ビタミンは、様々な種類があります。ビタミンA D E Kは脂溶性で、脂溶性のビタミンは大量にとる体内に蓄積され利用されなかったぶんは再利用されます。ただし、蓄積する反面多く摂取した場合には、過剰摂取となり副作用が,でてしまうことがありますので注意が必要です。
ビタミンB群やビタミンCなどの水溶性のビタミンは大量にとっても余分な量は尿中に排泄され体内には残りません。そのため、大量にとっても過剰になることはありません。一日に数回に分けて摂取すると良いでしょう。
普段から上手にビタミンを摂取することも大切です。さらに自分の生活や体の調子も考えた上で,不足しているビタミンや不足する可能性があるビタミンを考えて摂取していくと良いでしょう。スポーツなど激しい運動をする時にはビタミンB群やビタミンCなど生活に合わせてどのビタミンを摂取するか考えると良いでしょう。

ビタミンについて 

2012年07月01日(日) 23時33分
ビタミンはどんな栄養素か皆様していますか。ビタミンは他の栄養素とは違い、エネルギーを作る成分にはほとんどなりません。しかも、体内で必要とするビタミンは非常に微量なのです。しかし、この美容のビタミンが大変重要な役割をしているのです。一昔前までは、ビタミンB 1不足にによって脚気なのが見られましたが、最近は栄養状態が良く、良くなり、ほとんど見られなくなりました。最近は、生活習慣の乱れを明日少しでも改善するためにビタミン類を摂取する人が増えています。摂取する方法としては食べ物などによる方法が一番なのです。サプリメント等で摂取した場合は過剰摂取が問題となり副作用を起こすことがあります。たくさん一気に飲んだからと言って、効果が急に高まるものでもありませんのでサプリメントで摂取される方は特に、毎日の必要摂取量以上に飲ま無いようにしましょう。また年齢によって、先週するべき基準量も変わってきますのでよく注意しておきましょう。

ニキビ 睡眠時間 

2011年10月03日(月) 22時26分
あなたは毎日何時間くらい睡眠をとっていますのでしょうか?睡眠時間は肌やニキビケアにとってとっても大切な要素なんです。なぜなら、睡眠している間に栄養は皮膚にも供給され適切な睡眠時間を持てないと、健康な皮膚を作ることができまないということになりますから、睡眠不足はニキビができる原因のひとつになってしまいます。

受験勉強や仕事が忙しく睡眠時間が十分とれないときがあります。肌やニキビの観点からすると睡眠時間は非常に重要です。また、健康のためにも睡眠を十分取ることは非常に重要です。毎日規則正しい生活を心がけ睡眠時間を確保しましょう。質の高い睡眠が得られる様に寝室の環境も整えていくことも重要です。例えば、まくらであったり部屋の明るさなど気を使う点がたくさんあります。寝に入る際の温度も重要です。

ニキビ 塗り薬 

2011年09月13日(火) 21時06分
にきびの塗り薬も色々と種類があるみたいです。

クレアラシルでは、

イオウ3%、レゾルシン2%、グリチルリチン酸二カリウム0.5%、トコフェロール酢酸エステル0.5%

の成分表示がありました。

イオウはたくさん付け過ぎると乾燥してしまうので注意が必要です。

ニキビ対策も知識が必要ですね。

目元 口元 乾燥 

2010年09月15日(水) 21時15分
目もと・口もとは皮脂の分泌が少なく、他の部分と比べても乾燥しやすい部分です。とくに目もとは皮ふそのものが薄いため、角層も薄く、バリア機能も低いのですが、まばたきなど動きが激しいため、小じわができやすくなっています。目もとの肌あれや小じわは、目のまわりや目の下のくまを目立たせる原因にもなるので、ていねいなスキンケアで、日ごろからよいコンディションを保っておきたい部分です。

クマがとれないのは病気の前ぶれかも 

2010年05月06日(木) 22時33分
十分睡眠をとっているつもりでも、クマがなかなか消えず、黒ずんだシミのように見えたり、疲労感が強い、全体的に顔色が悪い、やせてきた、といった症状がある場合、なにかの病気の前ぶれかもしれません。 

 とくに、糖尿病、慢性の肝臓病・腎臓病、甲状腺機能亢進症、バセドウ病などの初期には疲労や体重減少などのほかには、目立った自覚症状がない慢性疾患でクマができることがあります。「たかがクマ」と軽くみないで、医師に相談してみましょう。

 なんらかの病気によるものではないとわかったら、少しずつ生活改善をしていきましょう。スキンケアにもクマの予防にも、十分な睡眠と休養をとり、バランスのとれた食生活と、適度な運動が大切です。

ノンケミカルの日焼け止め化粧品 

2010年04月26日(月) 22時01分
紫外線をカットしてくれる成分には、紫外線を吸収し、化学的に熱に変えてくれる「紫外線吸収剤」と、紫外線を肌に吸収させることなく、肌の表面で紫外線をカットしてくれる「紫外線散乱剤」とがあります。つまり、前者は、人工的な化学合成を用いているということになります。この化学合成により、まれに肌荒れを起こしてしまうことがあるので、赤ちゃんや小さいお子さん、また、肌トラブルの多い方などには、後者のほうが向いているのだそうです。ノンケミカル処方の日焼け止めは、肌の表面でバリアを作ってくれる紫外線散乱剤だけを紫外線防止剤として使用しているので、使い心地もソフトで、お肌にも優しいということがいえます。

日焼け止め ノンケミカル

目の下のクマは消すことができる? 

2010年04月01日(木) 15時29分
目の下のクマは疲れや寝不足で現れる
 疲れがたまったり、寝不足が続いたりすると、目の下に黒ずんだクマができてしまうことがあります。やつれた顔にみえてしまうので、メイクで上手にカバーした経験は多くの女性がもっているはずです。

 このクマは、目の周辺の血液循環が悪くなるために起きるものです。目のまわりは皮膚が薄いため、血流が悪くなると、すぐに黒ずんでみえてしまいます。女性の場合、月経時にクマがみられることもあります。

 気になるクマはメイクでカバーするだけではなく、根本原因から改善するにこしたことはありません。そのためには、顔の血流をよくし、十分な睡眠をとって疲れをとらなければなりません。そうすれば、クマは自然に消えてしまいます。


目の下 クマ

肌が弱い人は顔だけSPF30のものを使う 

2010年03月29日(月) 22時19分
もちろん、ノンケミカルではない、日焼け止め効果の高い化粧品を使えば、それだけ肌には負担になります。しかし、毎日続けて使うのではありませんし、もしもその影響で多少肌があれたとしても、それはあとから治すことが可能です。それに対して、シミは一度つくってしまうと、もうとり返しがつきません。だからこそ、日焼けをしないことを第一に考えた化粧品選びが大切になります。
ただし、肌が弱い人の場合は、顔だけは日焼け止め効果の強いものではなく、SPF30くらいまでのノンケミカルタイプの日焼け止め化粧品を使いましょう。ひたすら厚く塗り、その上からパウダーファンデーションを重ねれば、日焼けをすることはありません。


日焼け止め  肌荒れ

アセチルグルコサミン 

2010年03月08日(月) 22時32分
世田谷育ちかどうかはわかりませんんが、アセチルグルコサミンには保湿効果があるらしいです。

アセチルグルコサミン 保湿