小顔ダイエットと表情

May 15 [Tue], 2012, 15:22
顔の脂肪やシワだけでなく、小顔のダイエットをするならば、表情にも注意しなければなりません。50種類以上の筋肉が顔の表情顔にはあり、いかにこれらの筋肉をよく動かすかが、小顔になるには大切だといわれているようです。小顔ダイエットならば顔の脂肪を減らすというイメージがありますが、ダイエットといえば体重を減らすものとはいえ、脂肪ではなく顔の場合には筋肉に注目する事が必要だといえます。英語などと比べると、日本語は口をあまり動かさずに発音するので、その分顔の筋肉も動かしていないことが多々あるので、筋肉を小顔のダイエットの場合に重視する傾向があるのです。日頃から大笑いすることも少ない日本人は、確かに欧米人に比べるとそれほど感情を顔に出さずに生活している人もたくさんいます。欧米人は人とのコミュニケーションを身振り手振りを交えた大きなジェスチャーで、顔の表情だけに限らずに取る点は、かなり日本人と違うところだといえるかもしれません。あえて意識して顔の筋肉を動かさないと、なかなか小顔ダイエットの効果は出ませんし、普段から表情豊かに過ごしていくことや口をしっかり動かして発音することも必要になります。笑う時は大きく口を開けて豪快に笑い、酸っぱい時には思いっきり口をすぼめましょう。しゃべる時にはハキハキと元気よく発音することが小顔ダイエットの第一歩です。さらに鏡を日頃から見ることも、実は小顔ダイエットをするうえで大切なポイントです。朝起きて顔のむくみ具合を確認したり、普段と顔つきが違っていないかチェックすることで、顔に対する意識が高まり、積極的に小顔ダイエットに取り組んでいこうという気分にしてくれます。実は小顔ダイエットは肌のハリの差とも言われており、顔のサイズではないようです。見た目もむくんだ印象になりがちなのは、顔のハリの無い、たるんだ顔はそれだけで表情がぼやけてしまうからなのです。相乗効果で小顔ダイエットにも役立ちますので、小顔ダイエットと合わせて、運動などを中心とした健康的なダイエットを進めると新陳代謝も活発になり、肌にもハリが出るので是非取り組んでみましょう。