離乳食に市販の野菜ジュースを与えて大丈夫かな?

June 12 [Sun], 2016, 5:12
離乳食の時期になりネットで色々調べたりして
何をどう与えるのかということはほとんどのママはご存知だと思います。


でもその多くのママが疑問に思うことが、


市販の野菜ジュースは大丈夫?


ということ。


何故なら、離乳食の本などに野菜ジュースを少し混ぜりレシピが載っていたり、
離乳食の回数を増やしていくなかで、毎回同じ食事では赤ちゃんの味覚も育たないということで
野菜ジュースを絡めたメニューなどを考えるママもいるのではないでしょうか。


また、離乳食を始めると便秘になる赤ちゃんが多いことから
野菜ジュースが便秘を改善させてくれるのではないかと密かに期待しているママも少なくないです。






市販の野菜ジュースはどれを買っていいのか迷うくらい沢山の種類のジュースがありますよね。
パッケージにコップ1杯で一日分の野菜が摂れると表示しているジュースも沢山あります。


そのような表示を見ると、


じゃあ野菜ジュースだけを飲んでおけば栄養に問題はないの?


こう考えてしまいますよね。
もし本当に必要な栄養素がコップ1杯で摂れるのであればこんな便利で安上がりなものはありません。


でも実際の野菜ジュースは栄養素は確かに多く入っているようですが、
それがカラダに吸収されるかどうかは別問題と言われています。


専門家の中には人間は野菜ジュースの95%を排泄していて、
飲んでも吸収できずにそのまま素通りするだけと言っている人もいます。


また野菜ジュースは意外と食物繊維が少ないみたいで、
赤ちゃんにそれを飲ませてしまうと、繊維を吸収する力がつかないと言っている人もいます。


あと市販の野菜ジュースは誰にでも受けがいいように甘めに作られています。
砂糖不使用と表示されているジュースも多いですが、砂糖を使わなくても甘く仕上げる方法はいくらでもあります。


例えば果糖。
果物の甘い成分だけを抽出したものですが、これを加えるとかなり甘くすることができますが、
これは砂糖ではないので、砂糖不使用と表示しても問題はありません。


このように市販されている野菜ジュースは表示の仕方なども
あってどれを選んでいいのかわかりにくくなっているかもしれませんね。





では市販の野菜ジュースを離乳食に使って大丈夫かどうかということですが、
赤ちゃんが口にしても問題ないと思いますが、それだけで野菜の栄養分を摂ろうと考えるのは難しいと思います。


あくまでも栄養補助食品として考えるべきです。
そして市販の野菜ジュースを赤ちゃんに与える時は必ず水やお湯で薄めてから与えるようにして下さい。


先程も言いましたが、野菜ジュースはかなり甘く仕上げてあります。
でもその甘さは赤ちゃんにとってはあまりいいものではありません。


濃い味がそのまま脳に記憶されてしまうと将来的に考えても心配になりますよね。
ですので野菜ジュースを与える時には必ず薄めてから与えるようにして下さい。


以上が市販の野菜ジュースを離乳食に与えてもいいのかどうかの当ブログの見解になります。






また、スーパーなどの市販ではなく通販のみで販売されている野菜ジューの特徴についてですが、
通販の野菜ジュースは市販のジュースに比べると栄養素も多く入っていて、全て国産野菜で作っている、
契約農家と直接やりとりしている、基準をしっかり作っている、など細かいとろこにもこだわっています。


その分どうしても価格は上がってしまいますが、食物繊維がしっかり入っていることも多く、
栄養補助食品としては一般のスーパーで販売されているものよりも優れていると思います。


ですので、食事のトレーニングであり、味覚の発達の基礎である離乳食の時期だからこそ
通販のこだり野菜ジュースを赤ちゃんに与えてみるのもいいかもしれませんね。


無添加、国産野菜のみ使用、食物繊維も多く入った通販限定の野菜ジュースのリンクを載せておきます。
すりつぶした人参のつぶつぶとした食感が人気の秘密で、野菜そのものを食べているようで美味しいとの口コミも多いジュースです。


また、ひと缶ひと缶が飲みきりサイズになっているので、
赤ちゃんの離乳食に使った残りはママが自分の為に飲むといいと思います。
赤ちゃんのことでママの生活は不規則になっているはずですので、ママの栄養もしっかり補うことは大切です。


育児は色々大変だと思いますが、赤ちゃんの成長を日々感じることができる限られた時間でもありますので、
ご自分の体調管理もしっかりしながら楽しく頑張って下さいね


国産野菜100%の野菜ジュースの詳細はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓