野菜不足だとLDLコレステロール値が高くなるの?知らないと損!

October 24 [Mon], 2016, 22:58

「健康診断の結果、
 LDLコレステロールが高いということなんだけど…!?」


と、あなたは悩んでいませんか?



以前からLDLコレステロールが高めだったので、
コレステロールを含むものを食べないようにしたりしていたのに、

運動もしているのに、
LDLコレステロール値が高くなる一方なんてことがありますよね。

そうなると、LDLコレステロール値を下げるには
どうしたらいいんだろう、
と悩んでしまいませんか?


その原因は野菜不足なのかもしれません。

現代は意識して野菜をたくさん食べているつもりでも
どうしても野菜不足になりがちです。

そのせいで、体にさまざまな悪影響を与えてしまいますが、
LDLコレステロール値が高くなるのもその一つです。


「え〜!野菜不足だとコレステロール値まで影響するの!?」
と、あなたは思いませんでしたか?


では、なぜ野菜不足だと
LDLコレステロール値が高くなるのでしょうか?


■野菜不足だとLDLコレステロール値が高くなる理由とは?


実は、野菜にはLDLコレステロール値を下げる成分が
たくさん含まれているんです。

主な成分は以下の通りです。


食物繊維

多くの野菜に含まれている食物繊維には、
腸から胆汁という成分が吸収されるのを防ぎます。

ちなみに、胆汁の原料がコレステロールです。

肝臓でコレステロールから胆汁が作られると腸に分泌され、
その後吸収されて血液に戻ります。

しかし、食物繊維が胆汁の吸収を妨げると、
新たに胆汁を作る必要が出てきますよね。

その時にコレステロールを使うので、
LDLコレステロールが減るということになります。

それで、野菜不足になると食物繊維が不足しがちなので、
LDLコレステロール値が高くなってしまいます。


ビタミンC

ビタミンCは、胆汁を作るのに必要になります。

それで、野菜不足になるとビタミンC不足になりやすくなり、
胆汁を作ることができなくなるので、
その原料であるコレステロールが余ってしまいます。

だから、LDLコレステロール値が高くなるのです。


ポリフェノール

ほとんどの野菜にはポリフェノールが含まれています。

それで、ポリフェノールには
コレステロールが酸化するのを防ぐ働きがあります。

コレステロールは酸化しなければ
体に悪影響を及ぼしません。

ということは、ポリフェノールで酸化を防げば、
動脈硬化などを防ぐことができる、ということになりますね。

逆に野菜不足でポリフェノールが不足すると、
コレステロールが酸化して体に悪影響を及ぼします。


野菜不足になるとこれらの栄養素が不足しがちなので、
LDLコレステロール値が高くなる
、ということになります。


■野菜不足を解消するのは難しい?


でも、野菜不足を解消するのって難しいと思いませんか?

お昼のコンビニ弁当にカップ野菜を付け加えたところで、
野菜不足解消には程遠いですし、

外食したときに野菜サラダを1品加えても、
野菜不足解消には程遠いです。


今の世の中、野菜不足を解消するのは
本当に難しいんですよ。

それで、野菜不足を補うために、
青汁を飲むことをおススメ
します。

青汁は緑黄色野菜から作られています。

ですから、野菜に含まれる不足しがちな栄養素を
手軽に補うことができるんですよ。


なかでも「有機高原の青汁」は、
有機農法で作られた大麦若葉が原料なんです。

無添加ですし安心して飲むことができますよね。


野菜不足を補って健康的になりたい、
と思っているあなたに「有機高原の青汁」はおすすめです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

「有機高原の青汁」詳しくはこちら






















.