TEAM☆FriendsWonderful最高〜ぅヾ(*⌒▽⌒)b37位 

February 05 [Fri], 2010, 17:51
ついに大爆発
怒りと発狂で、記憶が途切れ途切れ…
自分でも焦る
でも大爆発したせいかスッキリしてきたかも

TEAM☆FriendsWonderful最高〜ぅヾ(*⌒▽⌒)b37位 

February 05 [Fri], 2010, 15:44
TEAM☆FriendsWonderful最高〜ぅヾ(*⌒▽⌒)b37位

あさになった 

September 12 [Wed], 2007, 16:15
世間一般に言われる「宇宙っぽいね」という表現の仕方の大半はあまりにも無知な喩えである。
地球に住んでる人の大半は実際にこの目で宇宙を見たことはないはずだ。衛生から送られた映像のような、真っ暗闇の空間。あれはほんの一部。
あまりにも巨大で、あまりにも未知で、あまりにも自由な空間。
全ての生まれる場所。
零であり、無限大でもある。
重力から解放された上下左右の区別無い場所。
文化を作る人間はそれを夢見、憧れ、あれこれ考えながら自らの想像した宇宙を描く。
どれも本物から遠く離れているが、本物が何かなんてのも誰にもわからない。だが近い物を作り出すことの出来る人は少数ながらいる。
例えば、人間になりすました地球以外の生物。あと、大気圏を飛び出し実際にこの目で見た人間。
それから、Sun Ra。
彼は自ら土星からやってきたとカミングアウトし、あえて正体を明かすことで変人扱いされながらもこの地球で自分の表現を作り続けることが出来た。
もし普通の人間になりすまして音楽をしていたら米軍に捕らえられ、あの例の施設に監禁されて解剖実験の材料にされていただろう。年間10人ほど、正体がばれて捕まってしまう人がいるとかいないとか。
だが彼に対する偏見は、作り出される音楽に対しての偏見にもなったのは事実。実験的だとかアバンギャルドだとかというイメージに「宇宙」を付け加えただけでは彼の音楽を理解できていない。もちろん変な宗教でもない。
私自身「SUN RAの音楽」の本質がどこにあるのか、どこらへんに精神の高揚を感じるのか、わからない。わからないから聴くしかない。いや、耳で聴く行為自体がそもそも間違った方法なのかも。
少しでも共鳴する事のできた、あの部分を何度も感じてイメージを自分の中に取り込むために。
オーパーツの欠片のようなメッセージを少しずつ集めて、繋ぎ合わせればこれから自分が歩むべき道が見えるはずだ。
今夜もジョイフル・ノイズを浴びて寝ることにしよう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yarukizettai
読者になる
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる