色が無い 

2005年01月09日(日) 21時32分
自分に自信がなくなった頃から服の選び方が変わった。
以前は黒、紺、白、といった地味な色を基本にタイトめの服を着ていた。
ある日、自信がくつがえされるような事が起きた。
それからは地味な色を選ぶのが下手になった。
黒っぽい服を着ている自分はなんだか空っぽに見える。
今はカラフルな色でゆったり目の服をよく選ぶ。

恋の依存島 

2004年12月22日(水) 18時00分
僕は生まれて20年間ずーっと、無限に続きそうな大海原を旅していた。
でもある日、小さな無人島に流れ着いた。
その無人島の真ん中には、実のなっている木が1本立っていた。
僕はその木になっている赤い実を見ていると
とても空腹感が沸いてきた。
毒があるかもしれない、食べると死ぬかもしれない
そんな事を少し考えたが、空腹には耐え切れず、思わず食べてしまった。

毒があるどころか、とても美味い。
僕はそれから毎日、島の木の実を食べて暮らしていた。
けれどそれから1年経ったある日、そろそろ旅立とうと思い
島から出て、泳ぎ始めた。

・・・おかしい、島に来るまではスイスイ泳げていたのに
僕は島の陸上での生活にすっかり慣れてしまったのか
全然泳げなくなってしまっていた。

水が口にどんどん流れ込み、溺れそうになりながら必死で島に戻った。
その間の時間はほんの数分の出来事だったのだが
僕は溺れかけた事への恐怖で、すっかり泳ぐ気力が失せてしまっていた。
「もう海には出れない・・・」
すると、あの木の実の味がとても懐かしく感じてきて
早速、木から実を取ろうとした。

実は、鉄のように硬く木にくっついてしまっていて取れなくなっていた。
僕は実が食べたくて食べたくてしょうがなく、何度も何度も
実を取ろうと力を込めた、でも実はビクともしない・・・

諦めかけていると、突然、島全体から声が聞こえてきた。
2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yarukinasi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる