いろんなツナ受けに挑戦して見よ =?iso-2022-jp?B?GyRCJCYhRBsoQg= =?= 

November 10 [Fri], 2006, 12:21
て、ことで。獄ツナ処女作(笑)うーん微妙?

*****




貴方に救われたこの命


貴方のために在ろうと決めたのです。


貴方に忠誠を誓います。
貴方にこの命を捧げます。
貴方をこの世のすべての痛みから守ってみせます。
貴方が俺の世界です。


「十代目…」


すいません
すいません
すいません

止まらないんです。もぅ尊敬という感情だけじゃ追いつかないんです。綺麗な貴方にこんな想いを抱いてしまった俺を赦してください。


今、貴方の笑顔がたまらなくみたいです。



* * *


「獄寺君、どこか痛いの?」


ふと意識を浮上させると、心配そうに俺を見つめる十代目の顔が目の前にあった。正直今の俺にはきつい。


「なんでっすか?俺は元気ですよ」


「ほんとに?獄寺君なんだか辛そうな顔してたから」


体調悪いならちゃんと言ってね、と十代目は笑って言ってくれる。
でも違うんです。俺がみたいのはその笑顔じゃないんです。

山本に向けるような、ガキどもに向けるような、あの温かい笑顔。

あの笑顔がほしいです十代目。どうしたら手にはいりますか?
貴方のその笑顔を簡単に手に入れたあいつらが憎くてたまらなくなります。


「ねぇ十代目…」


「ん、なに?」


「俺のこと…怖いですか?」

嫌いですか?
迷惑ですか?
いらないですか?


「どうして…そう思うの?」

俺をじっと見る十代目の目は悲しそうで、辛そうだった。
そんな顔させたいわけじゃないんです。微笑ってほしいんです。


「俺へ向ける貴方の笑顔が…違うから。俺、ここにいたら迷惑ですか?」


あなたから笑顔を奪う存在になってしまうなら、俺は消えますから。


「そんなことないっ!!迷惑なんかじゃないっ!!だから…そんな悲しいこと言わないで」


「泣かないでくださいよ十代目…貴方にそんな顔されたらどうしていいかわからないです俺」


あ…綺麗な涙
抱き締めたい。
ぜんぶぜんぶ
抱き締めてしまいたい。


「獄寺君がッ…やさしいから、獄寺君が…俺を壊れものみたいにそっとそっと扱うから、どうしたらいいかわからなかったんだ」


「十代目…」


「ねぇ俺ダメツナだけど、そんなに柔くない。辛いことあるなら言ってよ。ちゃんと俺とぶつかってよ。俺は、不器用で一生懸命な獄寺君を嫌いになんてなれないよ。」



「十代目…俺、貴方の側にいていいですか?」


ずっとほしかった笑顔がそこにあった。



あぁ、やっぱり俺


貴方がすきです。


初1827(笑) 

October 03 [Tue], 2006, 0:24
お友達のナチコちゃんに捧げたヒバ子ツナ小話。
初めてのヒバツナがヒバ子・・・恭子?うーーん・・ヒバ子に抵抗はないのでよいのだけど(ワラ
メール中に生まれた雲雀組のバリたまと浅蜊組のツナの敵対ヤクザパロ
久しぶりのブログがこれってどうなんだろ・・・





大切なモノを守るために戦うことを決めたのに。

何故俺は大切なモノを守るために大切な人と戦っているのだろう。





「雲雀さん、なんで俺たちは戦わなくてはいけないんでしょうね」



「それは僕たちが相反する立場で出会ってしまったからだろう?」





浅蜊組の十代目の綱吉。雲雀組の恭弥。

二人の出会ったのは、深緑色の蔦が絡まる白い壁が印象的な教会だった。祈っていたわけではない。ただイエスの吊された十字架をじっと見つめていた。お互いの存在に気づかないくらいじっと、ただ見つめていた。

ふと互いに気づいた時、きっと自分と似ているのだと直感し、笑った。



再会は抗争の爆音の中だった。





「沢田。君はどうしたい?僕を殺したい?」



漆黒の髪に切れ長だが美しい瞳を持つ彼女は、愛用のトンファーを下ろし笑うでも怒るでもなくいつものポーカーフェイスで俺に問う。



「浅蜊組十代目として俺は貴女を殺さなくてはいけない。でも・・沢田綱吉という一人の男として俺は貴女を護りたい。」



俺は浅蜊組の生け贄だ。この血も肉も骨も細胞もすべて組に捧げられた。

ならばせめて心だけは貴女に捧げたい。

大切なんです。





「護ってなんかいらないよ。僕は自分の身くらい守れるし、誰であろうと躊躇なく殺れるんだ。でも・・・なんでだろうね、沢田綱吉は殺したくない。」



その理由を君は知ってる?





「雲雀さん、もし俺が一緒に逃げてほしいと言ったら一緒に来てくれますか?」



この身を縛るすべてのものから逃げることができたなら。

自由をこの手にできたなら。



「・・君は捨てられるの?僕一人のために数百人の部下を、家族を投げ出すことができるのかい?沢田綱吉、君はそんなことができるほど器用な人間だった?」



君がそんなことが出来てしまう器用な人間だったなら、僕はなんの躊躇いもなく殺してやれるのにね。

君はこの世界で生きるには綺麗すぎたんだ。





「雲雀さんっ・・でも、俺は貴女がっ・・」





なんて綺麗なんだろう。

欲しくてたまらない。

しょせん僕は汚れた人間。だからかな、光を求めてやまないんだ。





「いいよ沢田。君にそんなことできないのは分かってるから。」



「ひばりさ・・」







「だから僕がさらってあげる。君に自由をあげるよ。」





光を手に入れた。

これで君は僕のもの。

綺麗な君は僕のもの。



fin


ビリヤードいいよ! 

September 03 [Sun], 2006, 22:45

今日は高校の文化祭行ってきました♪

高校生っていいな、と高校生アルコに萌えなおす(笑)


文化祭の後カラオケに行こうということになり、友人の車に乗り込んでカラオケへ。しかし、混んでいて50分待ちとのことなので急遽ビリヤードをやることになりました。

初ビリヤード!!


ちょ、ビリヤードいいですねwM子ちゃんと、リボにビリヤードって似合うよね!っという会話になってかなり萌えた。こう、ビリヤード台に座る感じで構えて華麗にボールをつくのw
スーツの上着だけ脱いで、カッター緩めて腕まくり。
いいなぁwビリヤードかっこいいw
アルコみんなでやればいいよ!

ツナはリボたちがやってる隣りの台に腰掛けて足をぶらぶらしてればいいw



ビリヤードを楽しむアルコたち・・・


あたし本気で惚れます。



クフッフ〜♪ 

August 03 [Thu], 2006, 0:32

昨日のカラオケからラブスレイブとバレンタインキッスと夢の中へが頭から離れません・・・・



不覚にもリボツナより獄寺や696で盛り上がってしまったよ(-U-;)
ネタのレパートリーがえらい増えた(笑)


次までにラブスレイブを完璧にしたいです。
でも・・・・あの曲レンタルするのはものすごく抵抗がある・・orz




あ、パーマあてました!ふわっふわです(笑)


あ、トトロのひげ忘れてる… 

July 29 [Sat], 2006, 12:08

ナチコちゃんと朝までトトロ絵茶してました。たのしすぎる(ぷるぷる)
トトロ(リボ)vsさつき(雲雀)とかあほなこと叫びながら遊んでました。ナチコちゃん付き合ってくれてありがとう(*>_<*)

画像はトトロパーカー着用リボ。さすがに着ぐるみはやめました(笑)


しかし絵茶やるとつくづく思いますね。


マウス描き辛っ!!!



べつにペンタブにしてもうまくなるわけではないんですが、なにぶんかきにくい(汗)
文字とか書くとミミズのはったような字です。

毎回相手の方に読みにくくてごめんなさいと謝りたい思いでいっぱいです(-u-;)




さて、今日は提出分のノートを作らねば!

白熊アイスがおいしい日だ…熱っ 

July 26 [Wed], 2006, 15:59

テスト中に時間が余ったので10年後ツナ描いてみた。(in 持ち込みノート)
なんか…最近ミニばっか描いてたから普通がわからなくなってる(笑)
だってミニは顔のバランスとか考えなくていいんだもん。楽なんだよ。

…10年後ツナってこんなんだったか?(ケタケタ)



テストが一段落したら近々リボツナ死にネタ書きます。テスト中に思いついたので。(まじめにテストやれや)
たぶん短いけど(気力があるかぎり)書きます。

ここで公言しとかないと書かない気がする(笑)


スクアーロを何だと思ってるんだ 

July 26 [Wed], 2006, 10:06

ナチコちゃんとのメールでネタにあがったうさぎスク(笑)横にツナもつけてみたり。色々ごめんなさい、私の中のスクは「うさぎ」と「ピンク」が定着してます。故に本誌で公式スクアーロをみるといちいち「スクアーロってこんなのだっけ…」とか思ってます(頭が熱さにやられてら)

昨日は学校終わった後ご飯たべて広野と結子ちゃんがうちになだれ込み。結局8時くらいまで復活話してました。
ポルノ聞きながらリボツナソングやら獄ツナソングやら発掘して、ウ"ァリアー話盛り上がって笑った笑った(´∀`)




テスト期間だってこと忘れすぎだ。


WJ 

July 25 [Tue], 2006, 0:31

ついに9代目登場!想像通りの人でうれしいvつかザンザスの父この人かよ。似てないにもほどがある(笑)

今回はオヤジs大放出(?)ですね!家光スーツかっこいいv山本父とツナ父は若い頃からみがあればいいなとか思ってます。なんせ山本父の道場に「あさり組」のちょうちんありましたから!ボンゴレと何かあるはず!絶対若い頃の二人かっこいいから!

そして短髪スクアーロ!かっこえぇ。微妙に横はねの髪かわいい。ウサギのゴムで縛ってやりたい。(結局そこかよ)


でも最近一番気になってることはツナのザンザスの「XANXUS」呼び。いちいちXANXUSって呼ぶのなんか笑えます(ケタケタ)



レポート、レポートしなきゃいけないのに…無理。きもちわるい↓↓吐けそうなのに吐けない↓体調最悪(-_-)
もうさっさと寝よう。寝るのが一番だ。
おやすみなさいZZzz。。..



ソフィつな 

July 21 [Fri], 2006, 22:53

ハウルパロ絵茶真っ最中☆

ハウルやばい…(もんもん)
ソフィがサリマン先生のところに行くところがものすごい萌えた…


サリマン(九代目)のところに婚約の報告に行くソフィ(ツナ)、そしてソフィを迎えにくるハウル(リボ)…


九代目「リボーンは危険です。心をなくしたのに力が強すぎる。」

ツナ:「あいつに心がない?確かにあいつは我儘だよ。だけどあいつはまっすぐです!俺はあいつを信じています!」

九代目:「貴方はリボーンに恋をしているんだね。リボーンの弱点がみつかったよ」




リボ「貴方と戦いたくはない。ツナは連れていくぞ」



そしてかけおち!(夢見すぎだ)



ナチコちゃん付き合ってくれてありがとうm(_ _)m



リボツナは甘甘よりビターのほうが好きだけど、パロは楽しいね。
ジブリはネタでいっぱいだ。

ねむいねむい 

July 21 [Fri], 2006, 14:29

広野のとこで朝4時くらいまで絵チャしてたのではげしく眠いです。
最後は結局身内絵チャ。
うまい二人に囲まれながら必死でマウスと奮闘しました(汗)

マウス描きつらいんだよ!
マウス描きだと2〜3頭身が限度だ↓↓絵柄ういててすいません(笑)


そして今日はリアルタイムでハウル観ながらハウルパロ絵チャしてきます!(レポートはどうした、レポートは。)

はたして体力はもつのか…。


2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yaritaiho-dai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる