灯台元暮らし・・・違う 下暗し

October 05 [Sat], 2013, 21:10

とんでもねえ誤変換が出てくれて思わずそのままにしとこうかなと思ったけど本気で知性を疑われてもなんなんでやめておきました

友達の話です。

なんとなくえーっと、もしかしてぇ?でもどうしてぇ?って言う友達がいました。

何の事か。

機種変した時にアドレス帳が前機種が不調すぎて面倒な事になったから、新機種に全部入れ直してないんですけどまあその中のどちら様かが、ライン始めたみたいで友達に入ってきてました。

ですが、名前の表記があれぇ?だったんで聞くに聞けず今日まで過ごしておりました。

彼女は確かデキ婚した筈で、離婚しても子供がいる筈なんですが、どう見ても独身貴族状態・・・
結婚したのが結構早かったので、凄い早く離婚したんだろうなと思うと聞くに聞けませんでした。

もちろん今回の私の件は話してません。ただアホを引っ掛ける為に流したTLにこの人つられちゃってですね・・・(^_^;)

その件でチャットが入ってました。

その流れから今回の事情を軽く話し始めたんですよ、ついでに離婚したの?とさらっと聞いたりして。

こっちも何をどう話そう・・・・・・と思って軽く最初は流していました。

彼女は私が大学の時の彼とか私がとても恋愛に冷めている事もよく知っているので、今回の件をいきなり話したところで驚くだろうなと思いつつ・・・

私は基本彼が出来ても人に言いません。
変わっても当然言いませんが、割と親しくしてる人には当然バレル訳で彼女は私が在籍の間に何人か変わった彼を知っています。

交際中も私の方が常に冷静で、どうかすると友達の彼とかが私に言い寄ってきたりしてるのを完全にあしらって相手にしてなかったのも知ってますから、今回の話をしたらさぞ驚くと思いつつ静かに語ってみました。


ところが話がとんでもない方向に進みました。

私は当然、今回の件を理解するわけないだろうと思ったので小分けにして書いてました。

すると彼女があ、それ元だんなと同じと言い出し、え?と思った私は更に突っ込んでもしかしてこういうことなかった?と聞くと、そのまま、という答え。


もう単刀直入に聞きましたとも、離婚理由。

暴力^^とさらっと答えてきました

えぇ?!?!!?と思いましたとも。
彼女は比較的家庭的だと思います。
ただ結婚の際、大丈夫かなーと思った事情はありはします。
だからそれが原因なのかなと思ってました。


ちょっと待てやと思った私。
実は今回の元彼さんの話を、某既婚者男性に相談したところ、激しく関わりを断てとお説教してきた人がいました。
この人はリアル関わりなので、ネットの説教屋とは異なります。

その男、結婚したら絶対DV男になる!だから関わるな!と思ったこともないことを言われて私は驚いた事がありました。

その男性は私の性格も知ってます。
いい加減なことは当然言いません。
その方が対して元彼の説明をする前に、別れの経緯を聞いた瞬間からそう言いだしたのです

何を根拠に?と私は反論しました。
確かに私は元彼に様々な疑念は持ってはいました。
ですが、私はDVする男の嫁等は女にも原因がある場合もあると思っているので、私はそこまで弱くもなく結構芯がしっかりしている方なのでそれだけはないと信じていたのもあるからです。

実際、元彼にはモラハラ気質もあったのでDV要素もあるとは思いますが、完全なる彼からの支配からは逃れてはいました。

たまたま別れの際、別件で疲労していた事もありこういう状態になっていますが、今までの私を知る人は私のこの状態すら信じられないと思う程、私はかなり芯が通ってるし人の意見に左右される方ではありません。

なのでもし暴力で脅してきたなら、命懸けでも刺し違えようという強い覚悟も持っている位、力の支配がいやな人です。
これは父親がずっと脅迫で脅し続けていたのを、ある時に死ぬ気で反抗して以来そうしようと決めていることです。

だから暴力DVだけは自分にはありえないと思っていたので、この発言だけは愕然としました。

その事を思い出したのです、この友達の言葉で。


私は未だに元彼が完全なるモラハラだったのか懐疑的な部分がありますが、これは恐らく洗脳から抜けきれていない状態だから、と認識しています。

元彼が性格的に荒い人ならわかりやすかったのですが、とても物静かなのです。

時々奇声を発して山の中で発散する姿が付き合う前にはあって驚きはしましたけど、気が触れてるというよりカラオケで発散するアレに近いものだったので、相当ストレス感じてるんだろうなーという思いではありました。

私が元彼に対して何かがおかしいと感じている理由のひとつは、彼は彼の好みでないモノは私には触れさせないという事を徹底しようとしたことにあります。

私が○○が好きでも、元彼の好みでないと否定されるのです。
基本モラハラ体質の人は、相手を馬鹿にして萎縮させる事にありますが、元彼の場合私より知識や教養部分ではどうしても勝つ事ができなかった、しかも大半の事は私はこなす人です。だから趣味その他の方で萎縮させようとしていたのだなと思うのです。

モラハラと言うのは何も上から押さえつけていくだけとは限らず、徐々に相手の人格に疑問を抱かせ自信をなくさせ自己否定で迷わせる意図があるので、自分の方が間違っている??と段々洗脳されていくんです。

当時私は事故で顔に傷跡が残っており、かなりコンプレックスになっていました。
無論このことを直接何かいうなんてことはありませんでしたが、元彼は彼自身の容姿の良さをやたらアピールしていました。
結果、これが私のコンプレックスを刺激することになり、萎縮の原因にはなっていたと思います。

私もそこそこ外見には自信があったし、当然相手に対しても気にする方ではありました。
傷を負った以上、相手に容姿は望めない、そんなくだらん事を考えていたんです。
恐らくここを一番衝かれたんだと思います。

で、その友達とチャット続けてて思った事はなんか弱い男増えたな・・・ということでした。
保身が強すぎるんです。

彼女の場合は、言えない事情もあるんだろうけど子供もとりあげられたそうで・・・


女に原因があり、男がモラハラになってしまう、ケースもあるとは思いますがやっぱり元々そういう気質がないと、普通なりえないと思います。




なんつーか、結婚やら同棲やら簡単に言ってくる男にろくなのいないと確信しますよ。

そして彼女はまた再婚予定だそうですが、もう同棲してるんだそうです・・・・・・・・


私はこの人繰り返しそうだと思いました。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:疲労する
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1988年
読者になる
おもっきし 愚痴です!

ちょっと思うことあって書いてますけど、他意はありません。
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yareyareda/index1_0.rdf