Riveraだけど石丸

October 05 [Thu], 2017, 15:36
ホルモンバランスの乱れが起因しているのか、産後に肌がひどく荒れるようになりました。以前から乾燥肌ではありましたが、ピリピリと化粧水がしみるようになりました。



その時、乾燥性敏感肌でも使えるという化粧品を使い必要以上に肌を触らないようにして、化粧水とクリームのみのシンプルケアをしたところ肌の状態は良くなり悪化することはありませんでした。産後は育児に追われてスキンケアしている余裕もないので一挙両得でした。
30歳を超えた辺りから、目の下にシワやたるみができるようになり悩んでいます。妊娠、出産の時期がその頃と被っているので、ホルモンのバランスが乱れていた事も関連しているかもしれません。細かいシワの集まった「ちりめんジワ」も目の下に現れていました。目を支える筋肉を使う体操でたるみに対応したり、夜のスキンケアでケアをしています。体操は、目を大きく見開いて閉じるの繰り返しをします。
スキンケアは、保湿マスクを毎日使用した後、目の下には少しだけワセリンを塗って潤いを閉じ込めるようにしています。歳をとっていくにつれて、季節によって肌の状況が変わります。生理前は特に乾燥したり、吹き出物が出来たりします。

自分の肌に段々と自信が持てなくなってしまいます。
いつでも細かく洗顔や基礎化粧品でカバーしたり積極的に果物や野菜ジュースを摂るよう心掛けたりしていますが、肌荒れしそうと感じて来ましたらビタミン剤のちからを借りたりと、できる限りのケアはしています。



顔の中でも特に目立つ鼻の毛穴の黒ずみ、それこそがいちご鼻です。
いちご鼻撲滅の為には、毎日コツコツと毛穴ケアをしていきましょう。


鼻の角栓が目立って気になってくると、手で押し出してしまいがちですが、肌に過剰なダメージを与える場合もあるため気をつけなくてはなりません。お肌が受けた物理的な刺激がダメージとなりメラニン色素という成分を分泌するからです。



メラニン色素が作用することで日焼け肌も黒褐色になるのです。角栓を押し出しすぎると、刺激によって排出されたメラニン色素で皮膚が黒ずむ要因となり得るのでお勧めしません。お腹に赤ちゃんがいる間は吐き悪阻だったこともありまともに食べる事ができませんでした。そんな状態で栄養不足だったからか、とにかく肌荒れがひどかったです。さらにホルモンのバランスも崩れていたからかこれまで使っていたコスメも痒みが出るようになり肌質に合わなくなりました。とりあえず化粧水だけ低刺激な敏感肌用のものに変えてみたところ痒くなることはなくなりました。シミができやすいと聞いていたので日焼け止めを子供でも使える低刺激のものに変え、これ以上肌を痛めるわけにはいかないので日焼けしないように気を使っていました。
妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、肌には潤いがなくなり、肌荒れを引き起こしやすくなります。いつも以上の保湿が大切になりますが、お腹や太ももなどにできる「妊娠線」も多くの妊婦さんが気にするところではないでしょうか。お腹が大きくなるのは胎児の成長に伴ってのことですが、皮膚の伸びがそれに対応できなかったため亀裂が入るということなので、皮膚を守り妊娠線を予防するためには、しっかりと保湿することだけでなく、急激に体重が増えないようにすることも大事です。
乾燥肌の方が日常習慣の中で気をつけたいものの一つに、入浴があります。入浴は美容面でもお肌にとても良い影響を与えてくれますが、その方法を間違えてしまうと肌はたちまち乾燥肌になってしまいます。入浴中、乾燥肌にならないために注意すること。1.熱いと感じる温度での入浴やシャワーはやめて、長時間湯船に浸からないようにしましょう。

湯温は少しぬるいと感じる38〜39度、入浴は長くても20分までにしましょう。次に洗顔や体を洗う際に強く擦ったり、洗ったりするのをやめましょう。

タオルでごしごしこすらない。
しっかりと洗顔フォームやボディソープを泡立てて、肌に伸ばすような気持ちで洗いましょう。3.お風呂上がりは皮膚から水蒸気として水分が失われていく状態にあるので、素早くクリームなどで保湿を行いましょう。
妊娠の初期段階ですでに、いつも通りのスキンケアでは肌が負けてしまい敏感な状態になってしまいました。
肌に衣類が触れるとチクチクと痒みが出るようになり、顔もかさつきがひどくなりました。
そういうわけで私はより肌に優しい無添加の化粧品を使い始めました。
出産をしてからは体の痒みは完全に消えてしまいました。その一方で肌のかさつきには変化がありませんでした。
出産直後から育児に追われて体力的にも時間的にも余裕がなく、出産前と同じように自分の肌と向き合う時間を確保することができず、オールインワンゲルで簡単スキンケアをするようになりました。
もう秋も晩秋…いよいよ寒い冬がやってきますね(ーー;)皆さんは冬に向けて念入りなスキンケアをしていらっしゃいますでしょうか?冬場は肌が乾燥しやすかったり敏感なタイプの方には嫌な季節ですよね。お肌のお手入れで「保湿」は何よりも重要視される工程です。


どこでも見聞きする言葉ですが、冬は特に保湿しましょう。
例えばマスクやマフラーで防寒し、肌が冷たくなりすぎないよう気をつけたり、スポーツで汗を流すのも効果的です。
より効果的に保湿を目指すのなら、化粧水も"弱酸性"に切り替えるとなお良しです。今年こそ頑張ってくすみのないふんわり美肌を作りましょう!お肌が乾燥してしまう理由の一つが洗顔にあります。

女性はクレンジングを使いメイクを落とし、さらに洗顔料で顔を洗うことが多いです。W洗顔はメイクをしっかり落としてくれますが、大切な油分も洗い流してしまう恐れがあります。

年齢を重ねることで肌の油分が減少するため、一層乾燥に拍車をかけます。このため、洗顔の後は保湿効果がある化粧水や乳液を使ってお手入れするのが大切です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ショウ
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yar8nwurwe18np/index1_0.rdf