フルート滑り止めアクセサリーの種類

フルートの滑り止め用アクセサリにはいくつかの種類があります。


Aタイプ: 薄いスポンジ状のシールをフルートのキー以外の手の触れるところに貼り付ける構造のもの。


画像をクリックすると詳しい説明が見られます。

Bタイプ: クリップ式の分厚いカバーをフルートの本体に取り付けてフルートの管を部分的に太くして支えやすくする構造のもの。


画像をクリックすると詳しい説明が見られます。


Cタイプ: 左手の人差し指に指輪のように装着してフルートを支える構造のもの。


画像をクリックすると詳しい説明が見られます。

大きくはこの3種類のものが製品化されています。

フルート滑り止めアクセサリーの使い方


アクセサリーのタイプによって使い方や用途が少し違います。

Aタイプの場合: フルートに右手の親指があたる部分と、左手の人差し指の付け根が当たる部分、そしてマウスピースの唇のあたる部分に滑り止め用のシールを貼り付けます。

このタイプのものは、滑り止めアクセサリーを貼り付けないときと同じ手の形で演奏できるので、シールを貼り付けても違和感がほとんど無く演奏ができます。

欠点としては滑りにくくなると言うだけで、あまり大きな効果は期待できません。

それから、掃除がしにくくなります。フルートを磨くたびに定期的にシールを張り替える必要があるので、シール一枚のコストは他のタイプのものと比べで安いのですが、使い捨てなので長期的に見るとかえって大変な割高になります。



Bタイプの場合: アクセサリーを取り付けることによって、フルートの管が太くなるので持ちやすくなります。
効果は、滑りにくくなると言うだけで完全に滑らなくなるわけではありません。

フルートを掃除するときには簡単に取り外すことができるのと、半永久的に使えるのでコスト的には一番安上がりでしょう。

欠点は音の響きが悪くなるのと、見た目が悪くなるのでの高級なフルートに取り付ける場合は滑りにくくなるという以上のマイナスの問題が生じます。

音質や、見た目を気にしない初心者には最適かもしれません。



Cタイプの場合: このアクセサリーはかなり特殊で、使い方に慣れるのにA,B,のタイプと比べて一番時間がかかります。自分の指のサイズに大きさをあわせる必要があるのと、フルートが最も吹きやすく支えられるようアクセサリーの形を調節してやる必要があります。

この調節は、人によってはとても時間がかかったり、難しく感じる人もいると思います。
しかし、時間をかけて自分の一番吹きやすい位置に調節できると、ほかのタイプのものとは比較にならないほど、安定感があります。

フルートが滑って吹きにくいという感覚は全く無くなります。

ハンドメードの製品なので値段的には一番高価ですが、長い目で見ると使い捨てのシールタイプのものよりも安く、滑り止めの効果も格段によいと言うことになります。

フルート滑り止めアクセサリーを使う理由

フルート演奏中に、フルートが滑り落ちそうになったり、マウスピースが滑って音が出なくなることは、フルート吹いている人なら誰でも経験します。

フルートが滑るのを防止するには、フルートを支えるときの右手の親指の位置や小指への力の入れ方などを工夫することによって、ある程度滑らないようにすることができます。

理想的には右手だけでフルートが完全に支えられるようになることです。演奏中、楽譜のページをめくるのが左手で無理なくできるようになれば、かなりしっかりとフルートを支えられていると言えるでしょう。

フルートが滑りやすいという問題は演奏者にあるのではなくフルート自体の構造上の問題です。

なので、この問題は本来演奏者の演奏テクニックで解決させることではなく、フルートを滑らないで持てる構造にするべきものだと思います。

しかしながら、フルートの構造を滑らない形にするというのもまた難しい問題があります。

そこで、その双方の欠点を補うと言う理由で考案されたのが、フルートの滑り止めアクセサリーです


参考サイト
Flute accessories | Flute support ring Cobra

フルート滑り止めアクセサリーはどれがベスト?

A, B, C, の3つのタイプでどれが一番ベストかと言うのは、人それぞれということになると思います。

それは、人によってフルートが滑ることによる問題の悩みの深刻さが違うからです。

初心者の場合、フルートが滑って持ちにくいと思っても、難しい曲を吹いたり人前で演奏したりすることも少ないので、それほど悩みは深刻ではないかもしれません。

上級者の場合、普段はフルートを支えることに問題は無かったとしても、大変難しい曲に挑戦するときや、重要な演奏会などではほんの少しのミスも許されないので、緊張したり何かのアクシデントででフルートが少しでも滑る可能性があることはとても深刻な悩みとなります。

そういう観点から見た場合、

★初心者にベストなのはシールを貼り付ける Aタイプ


★中級から上級者にベストなのはリング式の Cタイプ

と言うことになると思います。


参考サイト
フルート用すべり止めアクセサリーの比較と体験
コブラとは?
コブラの口コミ評価
フルート初心者のためのフルートの選び方
P R
カテゴリアーカイブ