【 更新情報 】

スポンサード リンク

新型プリウスのグレードの違いは?

トヨタの新型プリウス3代目発表の後、蓋を開けてみると予約注文だけでもあっさりとインサイトの販売台数をはるかに超えてしまったようです。それには燃費や走りなどの性能が優れていると言うだけでなく、新型プリウスは新型インサイトを意識した大幅な値引き戦略が大幅な購入者獲得成功のポイントになったようです。

新型プリウスの価格帯は、205万円から327万円と幅広く、最も価格の安いスタンダードのグレードは「L」です。Lグレードは、贅沢な装備を必要としない、燃費の良さを購入の第一条件とする人に向いています。

中間の「S」グレードはLグレードと比べて15万円高くなり220万円です。「S」グレードは走行性能や価格、ドライブを楽しむ上での装備品とのバランスがよくとれています、新型プリウスのグレードの中では「S」が最も多く成約されているグレードだそうです。

上級仕様の「G」グレードは燃費のよさよりも人から後ろ指をささられない環境に優しい車でありながら、贅沢なドライブを楽しみたい人向けの車として、ハイテックなドライブアシストが装備された、至れり尽くせりの感のある仕上がりになっています。

新型プリウスと新型インサイトの違いは?

トヨタの新型プリウスとホンダの新型インサイト、どちらもハイブリッド専用車と言うことで、互いに比較の対象とされるライバル関係にある車です。しかしトヨタのプリウスとホンダのインサイトはハイブリッドシステムのコンセプトが全く正反対と言えるほど違っていて、エンジンの排気量や価格など1ランク以上違う車なので、本来比較の対象にならないはずの車同士なのです。
共通点はハイブリッド専用車という点だけです。

しかし現実にはホンダもトヨタもライバル意識みえみえの販売合戦をしています。
ホンダの新型インサイトはプリウスと同じ4ドアになり外観はだれが見てもプリウスそっくりになっています。一方トヨタの新型プリウスは、ホンダのインサイトの低価格に明らかに対抗するように販売価格を一クラス下の値段と言えるほど、大幅な価格ダウンをしてインサイトに挑戦しています。

ハイブリッド機能のコンセプトはホンダのインサイトはガソリンエンジンの力不足をモーターでアシストする仕組みとなっており、トヨタのプリウスはモーターの力不足をガソリンエンジンでアシストする仕組みとなっています。互いに基本コンセプトは正反対のハイブリッドといえる車なのです。

新型プリウスの価格

新型プリウスの価格は大きくはL、S、G、の3つのグレードによって違います。その他、「ツーリングセレクション」の有無、「レザーパッケージ」の有無などによっても違いがあります。価格の幅はかなり大きく205万円から327万円といったところです。
「ツーリングセレクション」とはLEDヘッドランプやリアバンパースポイラーなどを加えた豪華装備をツーリングセレクションとよんでいます。
「レザーパッケージ」とはシートが本革になっています。327万円のGグレードはレーダークルーズコントロール、HDDナビゲーションシステムなどを追加した最高級仕様になっており、“ツーリングセレクションとレザーパッケージ”がはじめから設定されています。

新型プリウスの走りと燃費

新型プリウスは旧型のプリウスから、サスペンションや前後のトレッドなどを見直して、優れた直進安定性と快適な乗り心地を追求されています。さらにガソリンエンジンの排気量も従来の1.5Lから、1.8Lにまで拡大して高速走行時にゆとりある走りをもたらすことに成功しています。
普通なら、エンジンの排気量を増やして走りの走行性能を上げると、それに比例して燃費は悪くなるものですが、新型プリウスに関してはこの物理的法則に反して、世界トップとなる38km/L(10.15モード燃費)を達成しています。
実さいの市街地での燃費ではこれより1〜2割低下するとしても、1Lのガソリンでゆうに30kmは走れるようです。
トヨタの新型プリウス3代目は名実ともに “エコカーの代名詞”になったといっていいのではないでしょうか。

新型プリウスの最先端装備

新型プリウスの装備で目を引くのは、ソーラーパネルで発電した電力を使用して、その電力で室内用換気モーターを回して夏場の車内温度を下げるという「ソーラーベンチレーションシステム(オプション)」です。アメリカの発明コンクールで、ソーラーバッテリーを利用して小さなファンを車の窓に取り付けるアイデアをテレビで紹介していたのを見たことがありますが、既成の車に後付けでソーラーバッテリーとファンを取り付けるのは見た目や安全面から無理があり商品化されなかったようです。プリウスはそのアイデアを車体と一体の埋め込み型にすることで解決して実用化に成功させています。

それから、「タッチトレーサーディスプレイ」も便利な機能の一つです。ステアリングのボタンを指で触れると、操作した場所がボタンの形になってセンターメーターに映し出されるのです。運転中いまどこのスイッチを操作しているのかが一目瞭然なので、運転時のよけいな視線移動を減らすことが出来るので安全運転に貢献してくれます。

新型プリウスはその他、目には直接見えないところにも、数多くの新開発技術が投入されています。
P R
カテゴリアーカイブ