【 更新情報 】

スポンサード リンク

乳児湿疹のケアについて

乳児湿疹のケアの方法には、疾患の症状によって薬や治療法が変わってくる場合があります。あるいは同じ症状の湿疹でも病院やお医者さんによって治療法や処方する薬が異なることもあります。その中でもお医者さんによってもっとも大きく意見が分かれているのは、「ステロイド薬を使った治療法」「ステロイド薬を一切使わないで治療する方法」「ステロイド薬と非ステロイド薬の両方の薬を使って治療する方法」です。

乳児湿疹の出た赤ちゃんを持つお母さんはこのことをよく理解して、自分で赤ちゃんのケアをしてあげる場合も病院やお医者さんを選ぶ場合にも十分注意する必要があります。

ステロイド系の薬
は確かにとても強力で即効性の効果があるくすりですが、それだけに使い方を誤ると副作用による障害も大きいので、素人が自分勝手な判断でステロイド系の薬を使って赤ちゃんの乳児湿疹のケアをするのはやはり危険です。

ステロイド系の薬を使うのは危険だからという事で、一切ステロイド薬を使わないで乳児湿疹の治療を行う民間療法がありますが、民間療法を行う施設にはお金儲けだけを目的としている所もたくさんあるので注意が必要です。中には治療実績のある民間療法もあるので民間療法を利用する場合は口コミや評判の良い所を選ぶことが大切です。

一番信頼できるのは、皮膚科とアレルギーの専門の病院でステロイド系の薬と非ステロイド系の薬を療法を上手に使い分けて治療している所です。日本でもっとも実績があるのは金沢大学病院の皮膚科およびその系列の病院やお医者さんのようです。

生後6ヶ月以内の赤ちゃんの場合乳児湿疹が脂漏性のものなのかアトピーなのかを見分けることは難しいのでまずは、お母さんが出来るだけ赤ちゃんの湿疹の出ている患部を清潔にしてあげることと、バーユなどの保湿剤を使ったケアをしてあげましょう。

あなたのお子様がもしアトピーで苦しんでおられるのでしたら、
全国から押し寄せる患者さんたちで、予約3ヶ月待ち以上と言われる

   アトピー性皮膚炎専門医「稲葉葉一先生」が

   アトピー患者2万9,688人の臨床データを基に作り上げた

>>自宅で簡単に出来る「稲葉式アトピー完全克服プログラム」がオススメです。

乳児湿疹の写真や画像の探し方

赤ちゃんの顔や体に湿疹がたくさん出来るとお母さんは心配になりますね。自分の赤ちゃんの湿疹がどんな疾患なのか写真や画像で比較して確かめたいですね。そう言う場合普通はYahoo!やGoogleの検索窓に「乳児湿疹写真画像」などと打ち込んで検索結果に出てきたサイトのタイトルを見てが良い写真や画像のありそうなサイトをクリックして開いていきますね。

サイトのタイトルや説明文の中に写真や画像と言う言葉がたくさんあっても、そのサイトに必ずしもたくさん写真が載っているとはかぎりません。中には画像をたくさん載せて詳しい説明がされているサイトもありますがそう言うサイトを探しだすのには大変時間が掛かってしまいます。

Yahoo!やGoogleで乳児湿疹などの写真や画像を簡単に探す方法があります。もちろん知っている方も多いと思いますが、意外と知らない方も多いようなので、Yahoo!やGoogleで簡単に効率よく乳児湿疹の写真や画像を探す方法を紹介します。

それは、Yahoo!の画像検索やGoogleのイメージ検索を利用するのです。使い方はとても簡単です。Yahoo!もGoogleも基本的には同じです。Yahoo!の場合、検索窓に「乳児湿疹」と入力して検索窓のすぐ上にある画像ボタンを押します。Googleの場合は検索窓に「乳児湿疹」と入力して、ウェブ検索結果の左上の隅にある画像ボタンをクリックすると乳児湿疹の写真が表示されます。Googleの場合サービス一覧の中に画像検索と言うのがあります。そのアイコンをクリックして出てくる検索窓に「乳児湿疹 写真 画像」などと打ち込んでも同じことができます。

そこ出てて来た検索結果の写真や画像には、その写真が掲載されているウエブサイトやブログのURLも乗っていますので、その写真や画像の更に詳しい説明を見ることもできます。

普通の検索の場合、まずはよさそうなサイトを探して目当ての写真を見つけますが、画像検索の場合はその逆で、まず目当ての写真を見つけて、その後そのウエブサイトに行って更に詳しい説明をむるといった検索の仕方になります。

ではYahoo!やGoogleの画像検索を上手に利用して下さい。

>>アトピー性皮膚炎は治る 稲葉式アトピー改善プログラムの動画解説を見る<<

乳児脂漏性湿疹の症状

乳児脂漏性湿疹の症状の特徴は、ほほやおでこにでるもので髪の毛の生え下わが一番ひどくなりやすい部分です。この乳児脂漏性湿疹と呼ばれるもは生後2ヶ月から3ヶ月目くらいの時に出ることが一番多く2歳以上の子供に出ることはまずありません。それは乳児脂漏性湿疹の原因は赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいたときに、お母さんの女性ホルモンの影響を受けて、生まれてから3ヶ月くらいは顔や頭の皮脂の分泌が必要以上に多く分泌してしまうのが原因だからです。

生後6ヶ月くらいするとお母さんからもらった女性ホルモンの影響も薄れてきて、赤ちゃんの肌も強くなってきます。そうなると自然に脂漏性の湿疹は消えていきます。長く影響を受ける赤ちゃんでも生後1年くらいまでなので、いったん治まった乳児脂漏性の湿疹が1歳以上になってから再発すると言うことはありません。

もし1歳以上の子供に乳児脂漏性湿疹のように見えるジュクジュクした湿疹が出た場合は、アトピーや食物アレルギーなどの深刻な皮膚炎である可能性があるので、皮膚科の専門の病院で診察してもらうようにしましょう。大きな病院の小児科の先生はアトピーやその他のアレルギー性湿疹の専門的な知識を持っている人は少ないようです。

>>アトピー性皮膚炎専門医「稲葉葉一先生」の「稲葉式アトピー完全克服プログラム」はこちらです。

乳児湿疹の種類

乳児湿疹と呼ばれるものには原因や症状の違いによって種類はたくさんあります。乳児湿疹は病名ではなく、乳児にできる湿疹の総称です。乳児の顔や頭、体にできる湿疹はすべて乳児湿疹と呼ばれることがあります。

乳児湿疹の代表的な疾患名をいくつかあげると、「乳児脂漏性湿疹、あせも、おむつかぶれ、肛門周囲皮膚炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、じんましん、とびひ、皮膚カンジダ症・・・。」などがあります。

乳児湿疹の症状の違いも様々です。頭や、髪の毛の生え際、まゆ毛、手、腕、脚、足、オムツで覆われている部分、など局所的にでるものや、体の広い範囲に広がって行くものもあります。

乳児湿疹と言ってもこのようにたくさんの種類があります。湿疹の出来る場所や外観によってハッキリと違いが判るものもありますが、特に初期の段階での湿疹の症状は似ているものが多く専門のお医者さんでも正確にどの疾患であるかをそくざに診断するのは難しいようです。

>>乳児湿疹、アトピー性皮膚炎は治る 稲葉式アトピー改善プログラムはこちらです。
P R
カテゴリアーカイブ