彼の記憶 

May 21 [Wed], 2008, 11:22
『雲の上からママをみていたときのこと。』
という本を本屋で立ち読みました。

赤ちゃんがママのお腹に入る前の記憶をまとめたというものなのですが、
ママが寂しそうだったから、
パパとママ、じぃじとばぁば、みんな良さそうだったから、みたいなのがあって
息子はどんな思いで私達のところに来てくれたのか、と考えてしまいました。

妊娠したと感じた時、
息子が産まれる前、私は流産を2度経験していたのもあって、
嬉しさよりも、また繰り返してしまったらどうしようかと不安のほうが大きかったんです。

2度とも心拍が確認できる前に流産の処置をしていたので
心拍が確認できるであろう6週が過ぎるまで病院に行くのがとても怖かった。

7週目に入った頃、意を決して病院に行きました。
いよいよ診察。ドキドキしてたなぁ超音波画像を見せてもらうと・・・・

あっ!今まで見たのより大きいっっ!!(育っているっ)

「順調ですよ。ここに心臓が動いているのもわかるかな。」

と言われ、涙が出てきてしまいました。
その後はおかげ様で順調に育ってくれて、
頭がちょっとだけ大きくなった彼は帝王切開で産まれてきました〜。

そんな私のお腹の中は居心地が良さそうだと思ってくれたのか、
今度こそは産まれてやるぞっ!と彼なりの覚悟があったのか わからないけれど
お話が出来るようになったら 空から見た母ちゃんはどんなだったか、
聞いてみたいもんです。彼はお話ししてくれるかな
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yappi
  • アイコン画像 誕生日:1971年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:北海道
読者になる
2003年結婚。
2007年7月
35歳で待望の第1子出産。

2008年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ