離婚したくてもいきなり裁判はできません

「この人と一生添い遂げよう」と思って結婚しても月日が経てば気持ちも環境も相手も変わるもの。なかには1日も早くこの人と離婚したい!というケースもあるでしょう。

ところが結婚や離婚や法律も絡むことですから、どちらか一方が離婚したいと言っても相手の同意がなければ離婚は成立しません。これは結婚と同じです。

離婚には3段階あります。まず協議離婚。これは夫婦間の話し合いで親権や養育費・慰謝料をどうするか話し合って同意が得られれば離婚が成立します。

ところがここでこじれてしまう夫婦もたくさんいます。そうなると早く裁判で決着を付けたいとなるのですが、日本では裁判離婚をする前に必ず離婚調停の申し立てをしないといけません。

というわけで話し合いで離婚の条件が噛みあわわなければ離婚調停になるわけです。調停では双方の意見を調停員が聞いて「こうしたらどうですか?」という案をだしてくれます。これで合意できれば離婚が成立しますが、これでも駄目だったら裁判に突入します。

このような複雑な流れがあるので最近は離婚問題の専門家も増えています。有名なところでは澁川良幸氏らが挙げられます。離婚したくて悩んでいる人は一度相談してみるといいかもしれません。