マンション価格の相場 

June 18 [Mon], 2007, 13:43
相場というと一般の購入者にはとっつきにくい感じがするかもしれません。でも、マンションの価格が割高か割安かを判断するには、この「相場」を知っておく必要があります。

相場を理解するには、マンションの価格を左右するものはなにかを頭に入れておくことが重要です。価格の決定要因にはさまざまなものがありますが、主なものは

「都心への近さ」
「沿線・エリアイメージ」
「駅からの近さ」
「マンションのグレード」
「住戸のスペック」

の5つが挙げられるでしょう。

ランニングコストは 

June 16 [Sat], 2007, 15:18
一戸建ては購入価格に応じてローン返済額は高くなりがちだが、トータルでは一戸建てが若干有利。マンションは規模や設備に応じて、管理費や修繕積立金を必ず負担しなければならない。特に修繕積立金は、年数が経つにつれ上昇する傾向にある。一戸建ても補修が必要とはいえ、マンションより割安で、補修の実施も個人の自由。また、マンションでは駐車場代が別途必要になることが多い。たとえ少しの差でも甘く見ず、長期的視野での判断が欠かせない

購入時の初期費用 

June 15 [Fri], 2007, 10:59
ローン関係はもちろん、契約にまつわる印紙税や各種登記費用などは、マンションも一戸建てもほとんど変わらないようです。ただし、売主からの直接購入が多いマンションと違い、一戸建ては仲介手数料を要するのが一般的。その額も物件価格の3%余りと、かなり高めだ。さらに一戸建ては火災保険料が高めの設定のようだ。
修繕積立基金というマンションならではの費用を差し引いても、初期費用ではマンションのほうがかなり安く抑えられる。