不動産投資の注意点 

June 20 [Wed], 2007, 12:56
不動産投資で失敗するのは不動産が悪いのではなく取引パートナーに問題があって失敗することが少なくない。
不動産投資は購入後の管理運用能力が非常に重要なので取引パートナー選びは非常に重要です。


 利回りだけに惑わされず、安定して賃借人を獲得できる物件かどうかが重要です。一回空室になるとなかなか入居者が来ないケースが多々あります。



「 中古物件は修繕積み立ての計画が無い物件で、将来の修繕費負担に悩まされるようになるケースが続出しています。例えば、地方の中古アパートを利回り15%で購入したが、築20年の木造だったため、まもなく設備の交換が必要になり数百万円の出費を強いられてしまった事も。修繕費で軽く儲けも飛んでしまいます。空室が出たり、家賃が下がったりすると返済計画に影響を及ぼすため、綿密なシミュレーションは欠かせないのです。

「J-REIT」 

June 18 [Mon], 2007, 13:12
日本語で日本版不動産投資信託と言います。

2001年9月に登場した比較的新しい投資商品ですが、未だ低金利の現在でも3%〜6%と相対的に高い分配利回り(株式における配当利回りに相当)を期待できる商品として個人投資家の注目を集めています。

J-REIT(投資法人)は投資家から集めた資金を元に、複数の不動産を購入します。その不動産で得られる賃料収入等を元に、投資家は法人税が課税される前の利益のほぼ100%を分配金として受けることができます。 それが分配利回りが高い要因です。

次回は「不動産投資のメリット」です。

不動産投資の魅力 

June 15 [Fri], 2007, 10:51
不動産投資は、資金が必ないとダメだというイメージがある人もいるかもしれませんが、最近は不動産投資は証券化によって小規模な単位から投資ができるようになりました。不動産投資信託(J-REIT)が有名で、30万円前後から90万円前後の予算で投資することができるみたいなんです。実物不動産なら億単位のマンション1棟買いという方法もありえます。それぞれの予算に応じて投資先を選べるのも不動産投資の魅力のようです。

次回は"「J-REIT]とは"です。