マーカー急上昇 

December 28 [Sun], 2008, 16:12
もう2,3月は休薬できるかなと思ったら、マーカーが急上昇。

(といってもCEAが5上がっただけだけど)

しかし、「マーカーはそんな気にしなくていい。」と言っている主治医が、

「じゃあ年明けすぐPETに行って。」とか、ナンカいつもと迫力が違う。


そういいつつ先生も動揺しているのが分かる。


なんだかな。


青汁・サルノコシカケ・ウコン 

December 17 [Wed], 2008, 16:50
ここのところ休薬しているので、ガンのことは考えたくない。

(確実にマーカー上がっているし。)

だもんで、ブログも書きたくない。

が、抗がん剤をしないおかげで体調は確実に良くなってきている。


そして現在、民間療法のオンパレードである。




まず、青汁。


庭の畑で、ケールを育てている。

これを大根の葉っぱと共にジューサーで毎日搾って飲んでいる。

これ以上新鮮なものはない。



次にウコン。


これは庭のウコンを掘って、乾燥させて、粉末にした。

昨日出来上がったので、今日あたりから飲み始めようと思っている。



さらにサルノコシカケ。



これは山歩きに行ったら偶然手に入った。

(かなり山奥)

後で調べたら、コフキタケという珍しい種類のものだった。

今、酒に漬け込んである。


そろそろ1ケ月経つので、これも飲んでもいいかもしれない。



これであとはプロポリスが欲しいなー!!と思っていたら、

知人が偶然ミツバチを飼わないかと言ってきた。


でも・・・・・・・・・・・プロポリス・・・・・・・・・取るの難しいそう。







休薬3ケ月目 

November 27 [Thu], 2008, 16:37
火曜日病院に行ってきた。

CEAは2あがって、13台になっていたが休むことにした。

抗がん剤を休んでいるのに白血球が3100に下がったのは何故?

風邪がなおらない。

膀胱炎にもなった。

歯の神経が腐って治療中。

なんだか気合が出ない。


寒いせいなのか、体調がいまひとつ。

ガンのことを考えたくない。

元気が出ないなー。







休薬2ケ月目 

November 05 [Wed], 2008, 1:27
 2ケ月連続で休薬しているので体調がメチャクチャ良い。

自分がガンであるということを忘れるほどだ。

・・・・・・となればいいけれど、さすがに忘れることはできない。

しかし「もしかしたら、このままずっとこれでいけるんではないか?」という気にはなる。

そのくらい調子がいい。

1ケ月休薬したらマーカーCEAが0.4上がっていた。

が、そのくらいなら恩の字である。

ということで、さらにもう1ケ月休薬することにした。

心臓の痛いのもすっつかり治った。

毎朝、夫と5Kmの散歩もしている。

ご飯もおいしいので(元々おいしかったけどさらにおいしい)少し太った。

元気だと畑仕事だのなんだのと忙しい。


勢いブログを書かなくなるのだった。














いい加減にせいや!! 

October 04 [Sat], 2008, 8:41
 エロコメントがあまりにも多いので、コメント削除しました。

というのは、さておいて、(エロコメントもいい加減にせいや!!だけど)

うちのダンナもいい加減にせい!!

あまりにも肺気腫だと言って、グジグジ落ち込んでいるので、

専門医のいる病院に連れていった。

そこで大丈夫と言われれば、安心すると思ったからだ。

ところが、「4,5年で酸素ボンベが必要になるなんてことはないから大丈夫。」と

医者に言われた割には帰ってから元気がない。


よくよく聞いたら、肝心のそのセリフを聞き逃していたらしい。

その上「そのうち前立腺肥大になるだろうから、そうなったら抗コリン剤は使えないから。」と

医者が(参考までに)言ったせりふを勝手に勘違いして、

肺気腫だから、いずれ前立腺肥大になる!!と思い込んでいた。


いい加減にしてくれ。

医者は一般的に男性は中年になったら、いずれ前立腺肥大になると言っただけなのに。


そんなに悪い状態でおりたいのか?

どんだけネガティブ入ってんだ。

何か心配してやるのがバカらしくなってきた。

甘えんのもいい加減にしろ!!

ということで、もうほっておくことにした。




私は、私の病気のことだけ心配します。

本人が病気に立ち向かおうとしないかぎり、どうやってもダメだもんね。










カツラがバレた 

October 01 [Wed], 2008, 1:25
 ここのところいろんなことがあった。

まず、友達が来るというのに、長男がおかしな動向をして、そのことを問いただすとキレた。

後日、夫といろいろ問い詰めると白状した。

友達の間で、私がカツラということがバレており、それの故の行動だったらしい。

詳しくは聞かなかったが、たぶんかなり以前からバレていたようだ。

学校でカツラ、カツラとからかわれることもあると言っていた。

線の細い子供だと心配だが、ヤツは図太いので、その辺りは安心だ。

その時は、子供にすまないと思ったが、今考えると別に悪いことしている訳じゃなし

すまながる必要はないのだ。

はやしたてる子供が分かってるなら、今すぐドツイテやりたい気分だ。(しないけど)


あと、東京の病院で一緒だった友達から、再々発したという知らせをもらった。

彼女は、ほぼ私と同じ経過を辿り、同じ治療を受けていた。

が、私と違って、ずっとマーカーが正常範囲で、主治医からも

「そろそろゼローダをやめてホルモン治療にしようか。」と言われていた。

私は、彼女はもう治ったと考えていたので驚いた。



が、再々発と言っても、手術の傷口のあとに出来たごく小さなもので、

半日で取れてしまったそうである。

局所再発だから大丈夫ではないかと思っている。

本当にそうかどうかは分からないが、医師が言うのには

「手術の縫い目のところは血管が切れているので、抗がん剤治療をしても薬が届かない。」

のだそうだ。

逆に考えたなら、血管が切れていて出来たなら、

どこか遠くに転移が出来ていて、さらにそこからの転移ではない、ということではないのか?


そんな単純な話なのではないのか?

今度、自分の主治医に聞いてみよう。



今日は、予定通り休薬にした。


マーカーがCEAが「1」だけ下がっていた。

誤差の範囲なのだろうが、やはり下がっていると安心する。

ガンが、そう勢いづいている訳ではなさそうなので、休薬しても大丈夫だろう。



最近、診察室に入った瞬間の医師の声のトーンで、マーカーの上下が分かる。

今日はすごく明るい声だったので、(もしかして下がった?)と思っていたら、

案の定下がっていた。

主治医は口では「誤差の範囲」と何度も言うが、やっぱり下がれば嬉しいんだろうな。

それだけ真剣にこちらの身になってくれているようで、それはそれで私も嬉しい。

このところ、「食べすぎ」というくらいよく食べ、庭仕事をしている。

寝酒も少し飲むようにした。

それで体力がかなり回復したようだ。


久々にプールで泳いだら、普段は1Km泳ぐのに、45分かかるのに30分で泳げた。

アバスチンを始めたおばさんにも会った。

少し下痢をしたそうだが、元気だった。




明日からゴールデンウィーク(薬の抜けた日々)が1ケ月始まると思うと

とても嬉しい。

ガンガン動いて、ガンガン食べるぞー!!















































ゴールデンウィーク 

September 22 [Mon], 2008, 17:11
CMFは4週で1サイクルだが、その最後の週をGWと密かに呼んでいる。

体調が元に回復するからだ。

自分がガンであるということを忘れられる。

このままずっとこうだったら、どんなにいいことか・・・・・・・・。


庭仕事も家事もサクサク出来る。


ここのところ抗がん剤の副作用か膀胱炎気味で夜何度も起きる。

それに子供が痒がるのが加わって、ゆうべは3,4時間くらいしか眠れなかった。


でも、今日は朝から庭仕事を1時間半して、午後からニンジンクッキーを作ったり

愛媛A-1なども作ってみたりと元気だ。

やっぱりGWはいいわ。

治療いろいろ 

September 22 [Mon], 2008, 1:20
次男が2回目のトビヒになった。

長男の時は、ポツポツとトビヒが出始めたとき

「ゲンタシン」という薬を塗っておけばすぐに治った。

しかし次男は肌が弱いのか、ゲンタシンを塗ってもケロイドのように広がってしまった。

結局、総合病院の「皮膚科」に連れて行き、

抗生物質の飲み薬と「リンデロンVG」という塗り薬を処方してもらって、やっと治った。


そして最近またトビヒになってしまった。

「リンデロンVG」が余っていたので塗ったが、治らない。

近くの病院に連れて行ったら、

「イソジンで消毒してこれを塗りなさい。」と、「ゲンタシン」を出された。


「リンデロン」と「ゲンタシン」はどう違うのか?と聞くと、

「リンデロン」は炎症を抑える薬、「ゲンタシン」は菌を殺す薬、と説明された。

そうか、それで塗っても、塗っても広がっていったわけだ、と納得した。

(後でネットで調べたら、リンデロンVGのGはゲンタシンで

ゲンタシンも含まれていることが判ったが)



保育園から飲み薬を飲ませた方が良いと言われていたので

飲み薬は必要ないのか?と聞いたら「必要ない。」と言われた。

よーし、イソジンで消毒して、ゲンタシンを塗れば完璧だ!!

と思っていたが、いまいち治りが良くない。


再度、保育園から飲み薬を飲ますように言われたので、

総合病院の、今度は「小児科」に連れて行った。


そこで皮膚科で処方してもらったのよりも弱い飲み薬を出してもらった。


薬について説明してもらうと、リンデロンVGはステロイドなので

炎症は抑えるが、免疫力も下げてしまうので、ゲンタシンの方がいいと言われた。

またイソジンについても、昔はよく使われたが、今は過剰に殺菌しすぎて

やはり治る力が弱まるので良くないと説明された。



飲み薬を飲んで、イソジンをやめ、ゲンタシンをつけたら

目に見えて治りが良くなった。

どうやら、あの小児科の先生の言ったことが本当だったらしい。



・・・・・・・・・と、ここまで考えてフト思った。

トビヒという治療法の確立している簡単な病気でさえ、

先生によって治療が微妙に違う。

微妙に間違っている。

微妙に間違っていても、治る時間の長短だけで結局は治るからいようなものの

再発ガンなどの治療法が確立していない病気って・・・・・・・・


そりゃ難しいよなー。


本当に合っているのか今の治療・・・・・・・・・・・。


あと10年くらいしたら

「昔は再発乳がんの治療はこんなんだったんですよ。」

「えっ、ウソでしょう。」

などと言う会話がされるのかもしれないなあ。


それでも受けるしかないんだけどね。


やっと元気に 

September 20 [Sat], 2008, 15:38
 夫の肺気腫が判って、彼はガックリ落ち込んで食べられないのか体重も減ってゲッソリしていた。

おまけにノドに何か出来ていると言われて、ガンではないかと

これまた落ち込んでいた。

このような状況なので、自分も辛い。

自分のことで精一杯なのに、他人を励ますというのは大変だ。

だから「俺あとどのくらい生きられるかなあー。」などという発言を聞くと

正直、腹が立ってくる。

(私よりずっと状況マシじゃん!!)と。



ノドの方は、医者に見てもらったところ、幸い大したことがなかった。

ばい菌が溜まって炎症を起こしていたそうだ。

そうなると現金なもので、昨日まで「物がつまって食べにくい。」などと言っていたのに、

大したことがないと判った途端、お昼は私が作るから何も買ってこなくていいと言ったのに

から揚げやコロッケやお弁当やらを大量に買い込んできた。

よっぽど嬉しかったんだね。

おいしそうに食べているので、「無駄遣い!!」と怒るのはやめにした。


夫が少し元気になったので、私も少しホッとした。

もう自分のことはしょうがない。

なるようになれ!!という心境。

最近、抗がん剤の副作用が強くて、心臓が痛い。

だから次回はマーカーが上がってもいいから休薬しようかと思う。

決して諦めた訳ではないのだけれど、少し疲れた。


体が疲れると、心も疲れる。



自分を労わってあげたい気分だ。



























また、また、またウツ 

September 04 [Thu], 2008, 14:17
 ウツだ!!

効くと思った放射線、効かないなんて・・・・・・・・・・・・・。

そりゃ、ウツにもなるよなー。

おまけに境界線問題。

やることなすこと裏目に出て、細木先生の本を読んだら「大殺界」ですと。

じゃあ、しょうがないなー。


と、思っていたら、よく見たら私の見ているところは「水星人」のところだった。

私は「木星人」。

いっそ「大殺界」の方が諦めがついていいのに。

てか、これで「大殺界」でないというなら、ホントの「大殺界」が来たらどうなるの?



なんにせよ、不安。


これと同じ状況は過去にもあった。


一番目は再発を告げられた時。

二番目はゾメタが効かなくなった時。


でも、何とか乗り越えてここまできた。

また、乗り越えられるのかなあー?

まだ、元気が出ないぞ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:四国ガンコ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1961年
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
四国在住

家族  夫・子供2人

1961年生まれ

平成16年7月  初発

平成17年12月 再発(胸骨傍リンパ)

その後、鎖骨、腸骨と転移

東京まで通い抗がん剤治療を受ける

(とりあえず画像上は消失)

現在地元で治療中、次はどのような治療を受けるべきか、日々悩んでいます

2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる