審査基準もまた多種多様

July 23 [Thu], 2015, 22:22
多様にある融資の審査基準の立場から比べるてみると、その審査基準もまた多種多様であることが図れます。一口にお金の借入れと呼んでも、銀行系のものであったり大手の会社であったり、闇金融など多種多様です。それらを見た場合、明らかに、手続きが甘い会社、通りづらい会社と分かれます。初め、同時期にお金を借り入れる件数は、三社というのがめどになります。キャッシング件数が多くても3社以内で、お金の融資をしてもらっている金額が年間の収入の3分の1以下であれば、金融機関系でも審査をパスする割合いは高いといえます。金融機関は総じて借りたお金に対しての利子が少なめに設けられていますので、利用をするということであれば銀行がベストです。借り入れ件数がもし4件を超えている場合、銀行は難しくなるでしょう。しかし、2006年からできた制度の貸金業規制法や出資法等の法の改正により、利息が引き下げられ、銀行系では審査が難しくなってきている傾向にあるのです。金融機関系でも、より一層審査基準に関しては通りづらくなると思います。また手続きの簡単な会社と人気の業者でも、安易に審査依頼するればよいことでもないのです。もし、前にその企業に関して情報を収集せずに申し込み、審査基準に通過しなかった場合は、その審査項目は個人信用情報機関に登録され、信用情報機関に保存されるのは三ヶ月から六ヶ月です。その時間、個人信用情報機関の個人情報が汚れてしまうことになります。汚れたからといって直に借りられないというわけではありませんが、その記録を参考にする会社の審査基準には、明らかに、なんかしらの影響があります。割に幾分甘いといわれる審査項目を行う会社でも、そのことによりキャッシングできなくなるということも起こってくる可能性があります。

ヤミ金 北海道
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yamikin1
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yamikin1/index1_0.rdf