劔岳、立山登頂(立山編) 

August 11 [Fri], 2017, 9:22
今回は、劔岳のあとに登った、立山から黒部ダムまでを、載せようとおもいます。



この日は、前日より少しゆっくり目の6時30分ごろ出発
最初から、急な登りを30分ほどで、立山3山の一つ、別山の山頂に到着
この日もガスで、周りの景色も見えないし、標識も読めませんが、勘弁してね



次のピークが、この真砂岳
この日は、縦走路なんで、このよーにどんどんピークが
出てきます

さすが、日本三大霊山のひとつ立山
山伏修行のかたが、ほら貝を吹きながら登られていました


そして立山最高点 大汝山(3015m)に登頂



最後のピークが、立山神社のある雄山(3003m)です



ここは、頂上神社に入るのに500円が必要ですが
やっぱり払っても、登るよねー



それに、このように本物(失礼)の神主さんが
頂上に登っている全員に、お祓いをしてくれます



ここで、やっとガスが晴れてきて、絶景が現れてきました



雄山の三角点は、神社と反対側にありました
三角点フリークの私は、当然記念写真



この日は、月曜日だったのに、雄山の頂上は満員です
特に、多くの子供たちが、学校の行事(夏期学校?)
で登ってました



とわいっても、このガレ場の急斜面
みんな、頑張れー



私たちは、下りで一の越山荘を目指します
ゴンちゃんも頑張れー



一の越から約1時間で、2日前に出発した室堂後ろの
ミクリガいけに、到着

これで、剱岳、立山周回コース完登です



私は最近写真で、どうも目をつぶった場面が多いなー



まだ12時ぐらいだったので、アルペンルートを利用して
黒部ダムまで観光旅行です



放水の最前線 ここまでの階段が、今の二人にはきつかった



しかし、この後立山連峰の眺めも、壮大で登山意欲をかきたてますね

これで、剱岳、立山登山の報告は終わりです

このあと、予備日を利用して、能登半島 電車 バスの
ローカルな旅をしましたが、こちらもいずれは報告したい?
と思ってますので、期待しないで待っといてくださいね














釼岳、立山登頂(釼岳編) 

August 06 [Sun], 2017, 8:26
7月29日から7月31日にかけて、かねてからの念願だった、釼岳、立山に登ってきました。

最初は、今回の第一目標 釼岳編からです

初日は、仕事が終わって、名古屋まで新幹線、
名古屋から夜行バスで富山駅に、6時30分に到着

ここからバスに乗って、一気に室堂に入ります



ここで、おいしい水をたっぷり汲んで、
この日は、剱岳に一番近い、剣山荘までの登山です



みくりが池を巻いて



最初の山小屋、雷鳥荘です
この山小屋は、10年近く前に、バックカントリー(スキー)のツアーできて
このときの印象が、非常につよかったので
このブログを、はじめたという、私にとっては思い出深い山小屋です



この小屋から、一山降りると、雷鳥沢のテント場があります
前来たときは、ゴールデンウイークでいっぱいでしたが、
今回は、雨模様もあって、ちょっとさびしかったなー



1日目の泊地 剣山荘に到着
室堂から3時間というところでしょう
12時30分ごろつきました

ここは、看板は伝統がありますが、建物は新しく
シャワー室(せっけんは使えない)や水洗トイレも完備され
非常に近代的な山小屋になってました

明日に備えて、ゆっくりすればよかったのですが
時間がありすぎたので、ちょっと飲みすぎたかなー(反省)

2日目 いよいよ剱岳 アタックの日です

ザックも軽いサブザックにして、準備万端
5時30分に出発

最初に山小屋から30分登った、一服剣で休息



そこからの山小屋の写真です
今年は残雪が多く 山小屋に行くまでにも
何回も雪渓を横断しましたよ



約1時間30分ぐらいで、前釼山頂へ到着
ここまでも、急なガレ場など、危険な箇所は
ありましたが、本番の岩場はここからです



この日は、ほとんどガスの中の行動でしたが、一時的にガスがのいたので、
あせって写真を撮りました
やはり、この時季にしては雪が多いですね

このあと、岩場がつづいたのですが



残念ながら、岩場にびびり、写真を撮る余裕がほとんどありませんでした
この程度のしゃしんしか取れていません



こちらは、雑誌の写真の「カニの縦ばい」です
本当にこんなところをあがったんですよ


そして、ついに8時30分 小屋を出てから3時間で


憧れの「釼岳 点の記」 山頂の三角点です
「剣岳 点の記」とは、新田次郎の小説で
初めて、明治に釼岳に登った方々のことが、
ドキュメント風に書いてあります

この小説をよんで、10年間
いつかはこの場に立ちたいと思っていた夢が
やっとかないました



もちろん、記念写真もこのとおり



権チャンも大満足

このあとの、くだりも「カニの横ばい」などもあり
とっても怖いのですが、やっぱり写真はとれていません

その分、思ったより花が多く咲いていたので、
少し載せておきます

岩山と思っていた 剣岳ですが、こんなやさしい一面もありますよ





念願の釼岳に登頂できました
そうとう、ビビッていましたが、鎖や梯子は
新しくてしっかりしていたので、ある程度岩山の経験が
ある方なら、十分登れると思います

緊張感は常に必要ですが、山の総合力があれば大丈夫かな?
もちろん、天候次第では、引き時の判断が重要でしょう

最後に、今回はガスで最後まで見れなかった、釼岳の全容を載せておきます
この姿をみに、また来たいものです


大学テニス部同窓会 

July 20 [Thu], 2017, 9:46
7月15日、16日に、長崎大学のテニス部同窓会が、博多であったので参加しました。

夜は博多で、飲んで、次の日は健全にテニスで汗を流すという予定です。



{img18:yamaumiotoko,3629.jpg




掲載出来る、一次会の写真だけを載せときます。

私から見ると、みんな若くて変わっていないんですが、平均年齢60越えてますから 残念

二次会?、カメラのぐあいが悪かったもんで?

次の日は、暑い(熱い)中の、テニス大会








私は、当初の予定では、近隣の山に登る予定でしたが、あまりに暑いので、テニスの応援にしました。
それでも、何十年かぶりに、ラケットをにぎったし、エキシビションマッチもさせてもらいました。

他のみんなは、日頃からテニスをしているらしく、体も動くし、サービスなんか、昔よりうまくなってるような気がしました。

私も、山登りのあいだに、テニスも入れてもいいかなーと、すこーし思いました。



最後に、優勝者のもとキャプテンと私が、賞品をもらう、サプライズがあり、
賞品がなんと今年のウィンブルドンに観戦に行ったメンバー購入の、ウィンブルドンロゴ入の、キャップでした。

応援以外、なにもしていないのですが、ありがたく頂きました。

来年は、横浜で開催予定とのこと。行かなくてはいけなくなりましたね。(笑)

徳地 要害岳登山 

July 06 [Thu], 2017, 14:58
この春から、山口百名山を登っていて、4月に白石山と久留孫山に登りましたが、今回は残った、要害岳に登ってきました。

今回は、いつもの権ちゃんと、若手二人で計4人のグループです。

6月2日の朝6時30分ごろから、登りはじめました。

要害岳だけでは、物足りないと思い、春も登った白石山からのスタートです。


若者?の榎ちゃんといつもの権ちゃん、そして今回の目玉 Sさんです。

やっぱり、女性が入ると気合いがちがいます







以前にも、白石山は書いているので、詳細ははぶきますが、奇岩と絶景のいい山です。

前回登ったメンバーの書き置きも、残ってました?



次は、今回の本命、要害岳です。

といっても、徳地の町の裏山で、高さも409bしかありませんが、登りごたえは、しっかりありました。



麓の昌福寺から登ります。





最初から、急登でしたが、結局さいごまて、勾配のきつい登山道でした。

最初のうちは、小さなお地蔵さんが見送ってくれます。



シダこぎも、存分にしながら


1時間と少しで、登頂


周南市方面の山が、展望できました

心配していた、Sさんは元気一杯
かえって、私と権ちゃんの年寄軍団の方がバテテいたかもね。

実は、今回の要害岳は、すこし前に一人で登ったのですが、反対方面の旧道から入り、結構難儀して頂上付近までは来たのですが、結局頂上が判らず引き返した経緯があります。

今回は、仲間のおかげで、リベンシができました。

二度目の石鎚山 

June 21 [Wed], 2017, 12:33
6月18、19日に四国の石鎚山に登ってきました

私は、2回目の石鎚山ですが、今回は
相棒の権チャンが、この山を登ったら、
西日本(中国、四国、九州)の日本百名山を
コンプリートできるので、付き合いました

いつも、私の都合に付き合ってくれてるので
たまにはね



しまなみ街道を橋って、約4時間で到着
ロープエーを使って、標高1300mからのスタートです



梅雨の合間の新緑はすばらしい



石鎚山といえば、やっぱりこの鎖



ためしの鎖、一の鎖、二の鎖、三の鎖と登って



権チャン 鎖もコンプリートです

私も5年ぐらい前に登ったときと比べると
鎖をけっこう楽しむ余裕がありました
この5年間、いろいろ登ったものね

といっても、油断は禁物です



神社のある頂上で、記念撮影のあと、



本当の最高峰、「天狗岳」がのこってました
もちろん、ここにも登らなくては



途中で、80度近い岸壁を登るクライマー発見



2人ペアーで登っています

かっこよくて憧れますが、私には鎖登りで十分満足です



天狗岳(1982m)クリア



あとは、温泉入って



夜の大宴会



場所は、瀬戸内海に面した、公営のキャンプ場
明かりはありませんが、水とトイレがあれば十分です



一応「山海男」なんで、海も写しときました
朝日には、おきれんかったけど(笑い)

今回、権ちゃんのお伴と思っていましたが
同じ山、同じ鎖を登って、5年前の自分と比較
できたことが、一番の収穫でした
少しは、元気になっているようです

柳井市 三ケ岳〜琴石山縦走 

June 16 [Fri], 2017, 6:25
先週末に柳井市の三ケ岳、琴石山を縦走してきました

山口の百名山を一応目指している私ですが
同じ著者が「山口県の山」という本を出されていて
こちらのほうが、駅から駅への縦走を中心に載っているので
今回は、この本で紹介されたコースをたどってみました



柳井駅からの出発になります
この日は、新車の試運転もかねて、車で来ましたが
本当は、山陽本線に載ってくると、あとでいいことがあります



柳井の白壁通りの横を過ぎて



まずは、三ケ岳の登山口に到着
駅から20分ぐらいかな



三ケ岳までの登山道は、基本的には日陰でしたが
急登ありーの、景色の開けた場所ありーの



なかなか面白くて、手ごわいコースでした



約1時間30分ぐらいで、三ケ岳の山頂到着
展望は望めましたが、このようにあまり面白くないので
小休止で琴石山をめざします





ここから先のコースはよく整備されていて、
地元の方の山を愛する気持ちが伝わってきます

ただちょっと、階段が多すぎたかなー



1時間弱で、琴石山頂上到着



ここからの展望は本当にすごかった
270度ぐらい、瀬戸内の島々が見渡せます
大島の橋もよく見えましたよ

地元の大平山からの眺望もすごいけど、
ちょっと負けるかなー



ゴンチャンも満足



頂上も広くて、花もちらほら
日曜日なら、人も多かったでしょうね





最後は、柳井港の駅に下りてきます
くだりは結構、階段が長くて、
今日のコースの方が正解だったでしょう

最初のいいこととは、汽車できたら、柳井港の
居酒屋で、生ビールが飲めるんですよ

しょうもない事ですが、飲んべには、大切な条件です

もちろんこの日は車なんで、コーラをがぶ飲みして
帰途につきました












P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yamaumiotoko
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ヨーヘー
» 劔岳、立山登頂(立山編) (2017年08月14日)
アイコン画像シノデレラ
» 劔岳、立山登頂(立山編) (2017年08月13日)
アイコン画像シノデレラ
» 大学テニス部同窓会 (2017年08月10日)
アイコン画像シノデレラ
» 釼岳、立山登頂(釼岳編) (2017年08月10日)
アイコン画像ヨーヘー
» 大学テニス部同窓会 (2017年07月21日)
アイコン画像シノデレラ
» 徳地 要害岳登山 (2017年07月12日)
アイコン画像ヨーヘー
» 二度目の石鎚山 (2017年06月24日)
アイコン画像ヨーヘー
» 柳井市 三ケ岳〜琴石山縦走 (2017年06月17日)
アイコン画像ヨーヘー
» 屋久島縦走 (2017年05月21日)
アイコン画像ヨーヘー
» 山口百名山 徳地2山登頂 (2017年05月05日)
月別アーカイブ