叶子さんのことをどう思っていたのだろう

November 23 [Tue], 2010, 8:56
 もちろん、途中でつまってしまうことだってあった。けれど一生懸命考えて、それを突破できたときは、もっと嬉しくなった。
 早く、美羽に読んで欲しい! 美羽に喜んでほしい!
 あのときの気持ちが、心に、目に、指先に、あざやかによみがえってくる。
 あの日、小説を書いているとき、たまらなく幸せだったように、今この瞬間も、澄み切った光に包まれているように幸福だった。mbt
 誰よりも美しく、そして誰よりも可哀想な人。無表情だが安堵の視線を注いでいる静成の姿が、そこにはあった。
「まさかなぁ。ほんとに……生き返るとは思わなかった……」
 悠太の頬に手を伸ばす忠利の腕は震えている。恐れるように指先をほんの少し滑らせて、ビクリと肩を強ばらせる。微かに触れた指から確かな体温を確認できたのだろう。忠利の身体から力が抜け落ちて行くのが感じられた。その瞳から膨れた涙が堪えきれずに落ちていく。MBT靴
 ジェロームにとって狭き門とは、アリサへ続く門でもあり、二人で一緒に神へ至る道を歩むことができると疑っていない。
 文陽さんは、叶子さんのことをどう思っていたのだろう。MBTの靴
『背徳の門』の亜里砂とハルのように、ひとつのものを目指す同士として、強い絆で結ばれていたのだろうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山下菜菜子
読者になる
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yamashitana/index1_0.rdf