「千人武者f列」

August 29 [Thu], 2013, 20:45
久能山から日光への遷座の行列を再現するだけなら、わざわざ二荒山神
社に渡御する必要はないし、二荒山神社に一泊するには、それなりの必然性がなければな
らない。
二荒山神社への渡御の行列は、翌日の「千人武者f列」とは異なり、社家以外にはただ
みゃじ じにん
獅子と宮仕・神人らが供奉するだけの簡素なもので、鎧武者をはじめ、鎗・ミ・鉄砲持な
ビの警護役の種類以お供をしない。このことからも、翌日の渡御とはまったく異なる意義
を持つ神事であるといえよう。このことは、渡御する先が、二荒山神社であるということ
よりも、その方角にこそ重要な意味がありそうに思われる。二荒山神社は束昭出目の西の方
位に位置している。すなねち、東照宮の神輿が夕刻に二荒山神社に渡御するということは、
太陽が西に没するように、西方三荒山神色に移ることによって、家康が一度この世を去っ
たことを意味するのではないか。そのfく先が二荒山神社であがということは、日光山三
荒山神社は男体山を神体山とする)が中世以降、観音浄土の補陀落出である、との信仰を有して
いたこととも、もちろん無縁ではなかろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アブラゼミ
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる