【 更新情報 】

スポンサードリンク

山梨桃源郷 見頃・みどころ

山梨桃源郷は、桃の花が4月上旬から下旬に見頃を迎え、桃の花が丘一帯に広がります。その光景はまさに桃色の絨毯で美しい景色が広がります。

山梨 桃源郷を眺めるには最高のみどころをご紹介しますね。まず、甲州市最南端に位置する釈迦堂遺跡博物館周辺です。

見頃は4月上旬〜中旬にかけて背景には南アルプス、そして眼下に笛吹川周辺の桃の花を見下ろすことが出来ます。

それから、甲斐国分寺跡周辺もおすすめです。甲斐国分寺跡周辺は、みさか桃の花まつり会場とされていて、ここでは桃の花と菜の花を同時に楽しむことが出来、桃色と黄色のコントラストが、何とも言えないきれいな景色です。

清水橋周辺の見頃は、4月上旬、重川沿いの桃の花を、間近に見ることのできるポイントで清水橋周辺から三日市場方面にかけての道には、桃の花のじゅうたんが広がる道とされています。

そして、4月の上旬から中旬にかけてが見頃を迎える甲州市のシンボル、ぶどうの丘からは、甲州市内、南域から甲府盆地に広がる桃畑を丘の上から一望することが出来ます。

ぶどうの丘では桃の花と甚六桜も一緒に楽しめとても見晴らしがすごく良くて晴れた日はとても気持ちがいいです。

桃源郷公園周辺には、趣ある旅館や、露天風呂付の宿泊施設もあるのでゆっくりした時間を過ごすにはとてもいい場所ですよ。

山梨桃源郷 ハイキングコース

山梨桃源郷で桃の花を、ウォーキングで楽しむスポットをご紹介します。

慈雲寺周辺が【一葉の里ウォーキングコースコース】というハイキングコースになっているので、歩きながら桃の花を楽しむことが出来ます。

塩山駅北口からスタートとすると、甘草屋敷→慈雲寺→向久保日向薬師→滝本院→塩山駅南口まででだいたい約2時間半ほどでしょうか。

向久保日向薬師は、塩山桃源郷の一番高台に位置していて、南アルプスを背景に桃の花を見ることが出来ます。桃の花のこの季節、南アルプスは雪化粧していて、晴れた日は特にきれいです。

滝本院は市内を一望できる絶景ポイントです。滝本院の北側には塩山桃源郷の桃の花を見上げることもできます。

慈雲寺で、有名なのがいと桜で、樹齢300年の壮大なスケールに見入ってしまいます。

桃の花と桜の花が同時に楽しめるのもこの地域の魅力ですね。

晴れた気持のよい日には、ハイキングもとてもおススメです。注意点は山に入ってしまうと、お店などがないので、お弁当持参で行かれることをお勧めします。

山梨桃源郷 石和温泉・春日居温泉

山梨桃源郷で、おススメの温泉といえば、やっぱり石和温泉・春日居温泉ですね。まず石和温泉の私のお勧め宿は、銘石の宿かげつやホテル石風ですね。

銘石の宿かげつは、石和温泉湧出時よりの老舗というだけあって、とても趣のある旅館です。

何といっても巨大な露天風呂が魅力です。そしてお庭も素敵です。ホテル石風は、錦鯉が泳ぐ千坪の日本庭園にとても趣のある露天風呂があります。

少し贅沢かもしれませんが、桃の花見をしてあとゆったり過ごすなら、やはりこういったしっとりした場所で過ごすのはいいですよね。

日頃の忙しさを忘れてとても癒されます。春日居温泉にもいい宿がありますね。

私のお勧め宿は、大棟苑ですね。民芸風のその造りと何といってもいろりが素敵です。

甲斐ならではの新鮮な食材を囲炉裏で焼いて食べることが出来るのもなんだか楽しいです。

お風呂はワイン風呂もありますよ。美肌や腰痛肩こり・冷え症などにいいそうで女性にお勧めです。

なんだか懐かしいような気分にひたることの出来るお宿です。


・銘石の宿かげつ・
・ホテル石風・
・大棟苑・

SL山梨桃源郷

2008年には、桃の花が咲く4月上旬から中旬にかけて、甲州路をSL山梨桃源郷号と名付けられた蒸気機関車が走るというイベントも開かれました。

4/1にSL山梨号の出発式が行われて、多くの人が集まりました。

D51498号の蒸気機関車がけん引して、快速列車が走るということで話題となりました。SLが走るなんて鉄道ファンにはたまらないのではないでしょうか?

甲府発の列車にはD51形がけん引し、塩山発の列車にはEF64形がけん引し、接続された臨時快速列車が走りました。

中でも桃源郷パノラマ号という列車ではお座敷でゆっくりくつろぎながら桃源郷を楽しむことが出来たり、ナイトビュー桃源郷号は夜間ライトアップされた桃の花と甲府盆地の夜景を楽しめる列車で、どの列車も桃畑の中に入ると春日居町から石和温泉間の一部区間ではスピードを落として運転されます。

ドライブしながら桃源郷の桃の花のビューポイントを巡るのも良いですが、桃の花のこういった楽しみ方もなかなかいいですよね。もちろん全席指定になるので、列車に乗って桃の花を見たい場合は早めに予約してくださいね。

列車の運行状況はJR東日本八王子支社のホームページで確認できます。

・JR東日本八王子支社・

山梨桃源郷

桃源郷といえば、中国では「理想郷」、つまりユートピアのこと。

俗世間から離れた山の中にある夢のような世界で、そこには仙人もいると伝えられています。

この桃源郷については、詩人・陶淵明の作品である『桃花源記』にも描かれていますので、みなさんも高校の漢文の時間に読んだことがあるのではないでしょうか。

ところで、実は日本にも、桃源郷と呼ばれる地域があるのをご存じですか?

山梨県南アルプス市の旧白根町や、韮崎市の中田町、笛吹市の一宮町など、山梨県内には桃源郷と呼ばれ親しまれている町があるのです。

これらの地域にはモモやサクランボなどの広大な果樹地帯が広がっており、特に笛吹市一宮町は日本一の桃の里とも言われています。

山梨桃源郷では4月上旬から中旬にかけて桃の花が見頃を迎え、見渡す限りの丘が淡い紅色に染まります。

桃やスモモの花が美しく咲き乱れる甲府盆地と、それをやさしく見守る南アルプスの景観は、まさに絶景!
遠方から訪れる観光客も多いようです。

山梨県内では、桃の季節になると各地で桃の花まつりやイベントが盛大に行われます。

2008年の4月には、JR東日本の開催する「山梨デスティネーションキャンペーン」のメインイベントとして「SL山梨桃源郷号」と命名された列車が運行され、甲府から塩山までの桃色に彩られた甲州路を走りました。

桃色に染まるユートピア、みなさんも一度出掛けてみてはいかがでしょうか?
P R