樹を切らないでください 

May 25 [Thu], 2017, 9:38
名古屋市住宅都市局都心まちづくり課へ。

河村市長さまへ。

もうこれ以上樹を切らないでください。



テレビ塔北エリアの木を切り倒し、イベント広場にする計画に反対です。

春の桜、若葉の美しさ。

夏の樹陰の涼しさ。

秋の落葉の音楽。

冬の裸木の立ち姿。

静かなことがなぜいけないのでしょうか。



天気のよい日には、園児が遊び、

働いている人たちは昼時の休憩に、

朝は散歩やジョギングの人たちが楽しんでいます。

街の緑と静けさは一つの文化です。

木を切り、イベント広場などにしないでください、

名古屋市さまお願いします。









見えないものを見る 

May 24 [Wed], 2017, 20:50
豊田市美術館「東山魁夷展」。



唐招提寺に納められた、80メートルにも及ぶ障壁画が堂々と展示されていた。

視力を失った鑑真和上にささげられたものだ。

館の中に入ると群青と緑青の混ざった、不思議な色、それ自体が発光しているように感じる。

人間が誰かのために一心に打ち込んでなされたことはすごい!!

(入館者が多いのでウイークデーがおすすめです)



じっとみつめる 

May 23 [Tue], 2017, 8:42
『毎日、戸外へ出かけていった一人の子供がいた。/

そしてその日、最初に目にしたものを、子供はじっと見つめた。/

すると子供は、じぶんがじっと見つめたものになった。/

そしてその日中、あるいは、その日しばらくのあいだ、/

いや、何年ものあいだ、いや、ひろがりめぐりゆく歳月をとおしてずっと、/

子供がじっとみつめたものは、その子供の一部になっていった。』

      (アメリカの詩人・ホイットマンの詩から)

じーっと見つめたまま大人になり、小西雅也先生のご指導で、

絵を描いているグループの展覧会。


(当番は6月6日午前中と15時から。10日午前中。11日午前中)

私のばあい、65年分の色や匂いや音や湿り気で描いているんだなあと思う。

目や耳や記憶や肌で、じっと見つめて。


風にゆれる、たっぷりと咲いたオリーブの花。


(長崎から届いたばかりの枇杷)

名古屋市美術館春のアートツアー 

May 21 [Sun], 2017, 21:58
春のアートツアーで神戸へ行った。


神戸市立博物館「天正遣欧少年使節がたどったイタリア」。

メディチ家の名画の数々を楽しむ。

ランチはノーベル賞晩餐会に提供した「福寿」を作っている店。



午後からは兵庫県立美術館。



あるわあるわベルギーのアートをたどるような展覧会。

映画セブンを思い出す版画の数々。

確か、神戸よりも名古屋は人口が多いはず。

名古屋の文化施設がんばれ!!!!!!!!!

50年100年後の名古屋市民が誇れる街づくりをしなくては・・・としみじみ思った日曜日。

風を運ぶ人 

May 18 [Thu], 2017, 13:51
やんごとなき方の婚のニュースに続き、

今朝は阿川佐和子さんの婚の発表。

阿川ファンとしてはとてもうれしい。

知的でありながらほわーんとして、

二人の年齢が63歳と69歳というのがまたすばらしい。

おそらく全国、心柔らかな老人は「めでたし!」と思ったことだろう。

ベランダのミニ薔薇が咲き始めた。



大きいのはもう少し先。

ヘアドネーション 

May 15 [Mon], 2017, 10:08
半年ほど前、美容院でバッサリと髪を切ってもらう娘に、

美容師さんから「切った髪を医療用かつらに無償提供していただけないか」と問われたそうだ。

もちろん役に立つならと快諾したと言っていた。

今朝の日経新聞春秋でやっとその取り組みの名前がわかった。

「ヘアドネーション」。

がん治療の副作用で髪を失くした人たちのために使われる。

あたたかく、素敵なことだ。



母の日に娘たちから届いたカーネーションと観葉植物。



月とフレンチおらが蕎麦 

May 14 [Sun], 2017, 10:40
「信濃では月と仏とおらがそば」

小林一茶の句として膾炙しているが実は誰かが作った句のようだ。

これ流に言えば

「鎌倉は潮とフレンチおらがそば」。



天気さえ良ければ海岸沿いを走る気持ちよさ。


北鎌倉「ブランデルブ」。

ハイセンスな料理と友とのおしゃべりでここに住みたくなる。


鎌倉山・櫑亭(らいてい)。

建物は文化財に指定されており、かためにゆでた蕎麦の美味なること。

時々日常から離れ、名字のない初老の「美紀ちゃん」になる時間が好き。

ただその地の空気に触れ、潮や山の空気、街の匂いを嗅ぐ。

遠くへ行かなくても私にはこんな時間が大切。



まもられて 

May 13 [Sat], 2017, 8:04
少しの間鎌倉で過ごしていた。

幼稚園のお迎えに行く。



立派な山門のなかにある小さな小さな幼稚園。



帰り際、おばあちゃんに鯉を見せてあげると寺へ上がっていく孫。



ここには私の大好きな人も眠っている。



大人の役目は子供を静かに守ることとあらためて思った。



葉群の下に 

May 04 [Thu], 2017, 12:13
「新緑のつややかな時間をつまらないものにするな」

と、自分に言い聞かせる。

夫の会社の雑草取り、伐採に汗を流す。



すごい勢いの雑草やぐんぐん伸びる枝を切る。

こんなおばあさんの私がやったところでたいした効果はないけれど、

緑の中の心地よい疲れ(実はウソ。昨夜は背中が痛くて、痛くて・・・・・)。

さて今朝はわが愛車エポヴェロ号で街をかける。



名城公園東にできた「トナリノ」。

オシャレなレストランやカフェ、これでツタヤ書店でも入れば申し分ない。



美しい日本の美しい憲法。

「終わり」にしてほしくないと葉群の下で思う。





目に青葉 

May 02 [Tue], 2017, 22:33
目に青葉 山ホトトギス ・・・・・・。

なんて気持ちのよい日だろうベランダの外は緑の川。

川の流れにのる仲間。

(この歳になると女史会にも男子が混じることもある)


    (写真ではわからないけれど公園の緑がきれいよ)

4人で262歳。

人をもてなすことってなんて素敵なことかと久しぶりに思った。

昨日行った郡上明宝の山野草を料理したり、

それぞれのアルコールにあう肴を作ることの楽しさ。

なにより仲間がいる楽しさ。







P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
アイコン画像読者
» ハルヤスミ、ハルヤスミ (2016年04月04日)
アイコン画像yamamori
» 北海道 (2015年10月10日)
アイコン画像読者
» 北海道 (2015年10月09日)
アイコン画像読者
» 月より (2015年09月28日)
アイコン画像読者
» 月より (2015年09月28日)
アイコン画像読者
» 月より (2015年09月28日)
アイコン画像読者
» "DON'T EVER GET OLD" (2015年09月26日)
アイコン画像yamamori
» ほー (2015年07月05日)
アイコン画像橋村
» ほー (2015年07月03日)
アイコン画像読者
» 雨の色 (2015年06月26日)
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yamamori
読者になる
Yapme!一覧
読者になる