漫画研究会「犀の目」会報

December 17 [Fri], 2010, 15:50
新潟に、漫画研究会「犀の目」というのがありまして。
去年、仕事で新潟へ行ったおり、この「犀の目」の青年M村さんと知りあいました。

M村さんは、終始落ち着かない様子に見えました。どうも、ご友人に連れられ、あまり気乗りしないまま私が居る現場にいらしたのではないかと思います。
しかし、お話ししてみると「何やら間口は狭いが奥行きが深い」人のように思えてきて、すっかり気になる存在感を醸し出していました。

M村さんは、原画をパラパラ漫画調にデジカメで撮影して、連続コマ送りするソフトを使って映像を作っているそうです。

「へええ〜。興味津々ですねえ」
私も子供のころに、辞書の片隅にパラパラ漫画を描いたクチです。食いついてしまいました。

その後、M村さんからは「犀の目」で製作した作品集のDVDと、ワークショップで使用した「アニメーションの作り方」のレクチャー小冊子が送られてきました。

今年、またも仕事で新潟へ行きました。
開店と同時に、M村さんは来てくださいました。
レクチャー小冊子を熟読後、「来年の目標で、私もなんか作ってみます」宣言をしたのに、口だけで終わっていたため、若干の気まずさが心の中を駆け巡りました。
M村さんは、ちゃくちゃくと新作DVDを製作しており、いただいて帰りました。口先だけの人間になってはいけないなあと反省したことでした。

DVDのお礼に、私が「出張」と称して遠出する際に製作する旅日記的小冊子を後日送りました。

すると、今度は、漫画研究会の会報(というのが存在していた!)を送ってくださいました。

「!」
この会報、むちゃくちゃ面白かったのですよ。
会員でもない私には、全く面識のない人々の寄せ書きやら対談やらなんですけど、いやあ、素晴らしい奥行きの深さでした。

ダメでもともと・・・・と、会報のバック・ナンバーを要求してみたところ、快く送ってくださいました。5冊くらいありました。そのどれも、狭い間口を存分に掘り下げるスタイル。


その中の一冊です。
この表紙絵も、M村さんが描いています。ダークファンタジー。
内部は、絵も文章も盛りだくさんで、充実の読み応えでした。

そういえば、毎年、高知県立美術館で「りぶらあと」という、本とアートにまつわる催しがあるとかなんとかなので、犀の目も参加してはどうだろうか、と考えました。とりあえず、行ったことがないので「偵察してきます」とM村さんに告げました。

とまあ、こんな感じで「送り・送られ」付き合いが続いています。合縁奇縁。

次回は、M村さんへ報告するため「りぶらあと」を偵察してきた模様を書こうと思います。

  • URL:http://yaplog.jp/yamamomodou/archive/25
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:芋野畝子
読者になる
2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像芋野畝子
» 孫とばあちゃんとたいやき屋 (2012年04月05日)
アイコン画像亀野横道
» 孫とばあちゃんとたいやき屋 (2012年04月01日)
アイコン画像芋野畝子
» めんそーれ王国。 (2012年01月12日)
アイコン画像てんすけ
» めんそーれ王国。 (2011年12月15日)
アイコン画像芋野畝子
» タイムカプセル (2011年01月27日)
アイコン画像てんすけ
» タイムカプセル (2011年01月26日)
アイコン画像芋野畝子
» ハシビロコウを見に行く速報 (2010年11月11日)
アイコン画像てんすけ
» ハシビロコウを見に行く速報 (2010年11月10日)
アイコン画像芋野畝子
» ハシビロコウを見に行く速報 (2010年11月09日)
アイコン画像芋野畝子
» 仕事場移転プロジェクト 1 (2010年11月09日)
Yapme!一覧
読者になる