ゴルフばっか。

最新コメント
アイコン画像堀江です
はい。 (2006年05月06日)
アイコン画像yamabiko
夏休み (2005年08月14日)
アイコン画像やの
夏休み (2005年08月13日)
アイコン画像やまびこ
うむ (2005年07月25日)
アイコン画像高輪キタ━(゚∀゚━ッ!!
うむ (2005年07月21日)
アイコン画像やまびこ
ベンリ3 (2005年07月20日)
アイコン画像やまびこ
うむ (2005年07月20日)
アイコン画像高輪キタ━(゚∀゚━ッ!!
うむ (2005年07月20日)
アイコン画像マイマイ
ベンリ3 (2005年07月17日)
アイコン画像やまびこ
ベンリ3 (2005年07月14日)
2006年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yamahiko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
あははh / 2006年10月06日(金)
まちがえてた。
こっちこっち
 
   
Posted at 02:11 / ダーツ / この記事のURL
コメント(0)
えっと / 2006年10月01日(日)
ダーツの話はこっちに移動しましたよ。
 
   
Posted at 14:22 / etc / この記事のURL
コメント(0)
また買った。やりすぎ感もあるが合ってるかも / 2006年09月30日(土)
え?ゴルフ、やめたかって?んなわけないじゃん。

休日出勤。はぁ。川崎、遠ーいいよ。数日前にLAZONAがオープンして最初の休日なんで人も多いし。あー、やってられん。

そんなときはダーツ。

CC885のJhonPart16gであまりにふがいない感じだったので、も少し太いくて思いのを、と思いCC885のJhonPart18gに戻そうかと思ったら、あら、それ、H君に渡してたよ‥。あげた訳じゃないけども。うーむ。

帰りに自然と池袋に足が向く。Tripleightを置いてある店はないかと以前何回か行ったことのある東武HOPEのある店に。Tripleightはなかった‥。そいうえばロサ会館のショーケースにあったな、と思い出しいってみる。いまや完全に奥様のものになってしまったF-9とULTRAというのがケース内に。とりあえずULTRAを見せてもらおうと頼んだら、店員さんがまだ出してないのがあるんですよ、と幾つか持ってきてくれた。おいおい、商売っ気ないなぁ。出しとけばいいのに。いいけど。で、出てきたのがDriveTribe(うる覚え)、Killer57。前者は細身のストレートなので無視。で、Killer57を見てみたら、Rがあって刻みが全面に、それに重みも感じられるし、いい感じ。でもこのモデル、ULTRAと瓜二つ。バレルの真ん中からちょっと後ろの刻みが若干違う程度でフォルムは一緒。両方持たせてもらってしっくり来る方を選んだらKiller57だった。で、購入。

地元で奥様と待ち合わせてZiへ。DartWorldのSGさんがメンテで来てる。
奥様と301を6回ほど。えーっと、素で負ける試合もあったりして‥。とはいえ、昨日とうって変って調子はいいかも。っていうかBULLに入るし。極力、力を抜いてもいい重みとグリップ間で初めて使うとかの戸惑いもなく。いいかも。
SGさんが誘ってくださり、701−Cricket。負けたけどさ、やっぱ上手い人とやるとピリッときて、ハットが出たりして、普段のBULL率をかるく凌駕している自分に気づいたりして。そのあと、Ziの3羽ガラス(と勝手になずけている)の一人、FJさんと701−Cricket。‥負けたけどさ‥。でも、Cricketは勝てるチャンスはあったなぁ。悔しい。FJさんとFKDさんと3人Cricket。これは初めて。‥負けたけどさ‥。その間、奥様は常連さんとマスターに囲まれてレッスン受けたり試合したりで、楽しそう。シャフトをショートにしてもらったらだいぶ軌道が安定したみたいで。
その奥様とまたまた301。1投目、インBULL入ったのに音がしない‥。奥様がZiの3羽ガラス(と勝手になずけている)の一人、MTKさんとハンデで試合した後の設定のままだった‥。BULL無し設定なんてあるのね。気を取り直して、2投目、T20を狙って5へ。また、音がしない‥。え?ダブルイン、ダブルアウト設定?早く言ってよねー。そこから3Round、ダブルに入らず。奥様はちゃくちゃくと減らしているし。右側の縦のダブルの6が打ちやすそうだったので、打ったらたまたま入った。よかった‥。ひたすらT20を狙ってがんばる。追いついたんだけどダブルアウトできずで、結局負け。いやぁ、これはきついは。同じ設定でもう一戦したけど、負け。まぁしょうがないんだけど、店中、奥様の応援だったよ。
最後は、Ziの3羽ガラス(と勝手になずけている)、N−PON、MTKさん、FJさんに混ぜてもらって、リーグ戦で使うダブルスのゲーム形式の501のフリーズ、というのをやらせてもらう。ルールはちょっと複雑。いまいち理解してないんだが、とりあえず、501は一人一人が持ち点として持っていて、とにかく減らしていけばいいんだけど、上がり方にシバリがあって、自分とパートナーの持ち点の合計が相手チームの合計より少なくないとあがれない(0を出してもバースト)らしい。この辺がまだあやふやで、もしかしたらパートナーの持ち点が相手チームの合計点より下なら上がれるルール、かもしれない。今度、もう一度聞いてみよう。勝敗はともかく、またハットがでたりして。今日はBULLが素敵に見えました。

え?そうなんです、来年から新しく結成するZiのBチームに入ってリーグ戦に出るのです、私。
仕事の都合、つけばいいなぁ。まぁ、だいぶ先の話だけど。
 
   
Posted at 01:59 / ダーツ / この記事のURL
コメント(0)
買ったけど‥ / 2006年09月29日(金)
ああ、忙しい。明日は休出‥。
そんな時は(もとい、そんな時も)ダーツを。

帰りにZiへ。奥様を呼び出し。珍しく誘いにのった。
N-PON、奥様、とFKDさん、僕のダブルスで701。

まいった‥。

始めこそよかったが、徐々にBULLに入らなくなる‥。もう、最悪。
辛い。数字が減らないんだもの‥。
3戦したあと、奥様と301。
あっさり負けた。

うーん。

どうも、自分が投げてるとは思えないくらい手が動かない。力を抜こう、と意識すると今度はコントロールがつかなくなる。うーむ。肘の位置とかも気になったりして、もうメロメロ。なんだか、綺麗に投げよう、とか型を気にしすぎている感じでよろしくないなぁ。狙ってとこに入れてナンボの遊びなのに。

えっと、如実に感じてショックだったのは、ダーツの重さを感じられないこと。多分、緊張とかで筋肉こわばってるせいだと思うんだけど、16gのダーツでもだめか‥。18gは普段リラックスしていると重く感じるしなぁ。どうなんだろう‥。もちょっと太くて刻みが多くてRのついてるバレルはないものか。

YKさんとCricket。
調子が悪いとはいえ、スタッツが劣っていても戦略次第ではかつ可能性のあるゲームだから、とにかく全力でいった。序盤は優勢だったけど、いつの間にか逆転でされてた。まぁ、YKさん相手では善戦だったのかもしれない。後ろで見ていた奥様も、おしかった、を連発。なかなかなぁ。
しかし、燃えるなぁ、クリケ。おもろい。中盤のある場面がターニングポイントだったみたいで、それについて話し合う。
なるほどねぇ。

しかし、なんでこんなに荒れたダーツなんだろう。我ながらイヤになる。お店のみんなは、”そうそう簡単に上手くなられても困るぜ”とニヤニヤしてる。いやあ、そこをなんとかさっさと上達して上の人たちと渡り合いたい気分で一杯だ。

家に帰って、やってみるとなんだか普通に入るし‥。意味ないなぁ‥。やはり、緊張というか、いかに力を抜きつつ良いテンションを保つか、が鍵なんだろうけど。

うーん、内弁慶?
ほんと、意味ないなぁ。
 
   
Posted at 01:56 / ダーツ / この記事のURL
コメント(0)
買った / 2006年09月28日(木)
会社帰りに”惑星クラッシャー”君と池袋I&Kへ。23時までやってるからいいねぇ。
目的は‥。

せっかく買ったRAIKOUが、どうも手に負えない。

家で気軽に投げてる分にはまったくいいんだけど、外打ちでナーバスな場面とかになるとあのツルツル感が仇になって力が抜けない。バレルの中盤から後半にかけて細くなっていて、ノープレッシャーの時はのそのふくらみのRを指に感じてグリップできるんだけど、いざプレッシャーがかかると指の感覚が鈍るのか、ただのまっすぐな棒にしか感じられなくなる。こうなると持つ位置まで悩み始めてしまいなかなか厳しい。どうもまだこのバレルを使いこなすには力不足みたい。

ということで、元々使っていたCC885のJhonPartモデル18gに戻そうかなと。
と、思ったけどRAIKOUの後にあの重さと太さに戻るのはちょっと辛かった。
なんか久々に投げてみると大味な感じで。

ということで、いろんなダーツを投げさせえもらえる池I&Kへ。
色々投げさせてもらったけど、どれもいまいちしっくりこない。見た目では大好きなポッチャリ型も、実際に投げてみるとどうも相性が合わない。狙ったとこに行かないわけでもないんけど、なんかが違う。しっくりこない感じ。1本、細身だけどポッチャリさんがあって、見た目はあんまり好きじゃないけど、これは結構投げやすかった。アサシンとかいうの。そうだ、と思いついて、同じCC885のJhonPartの16gを投げさせてもらった。
これがビンゴ。
CC885の18gとRAIKOUのちょうど中間のスペックで刻みもCC885で慣れてるし、言うことなし。中途半端なポッチャリさんよりストレート(実はすごく軽いRはついている。オシャレなのだ。)のほうが握りが落ち着く。バレルは18gと比べると細身&短いけど刻みの間隔はじなので手に馴染む感じ。

3投して、即買い。

外人の日だからZiへは行かず。
帰ってCC885 JhonPart 16gとRAIKOUと比べると、径は勿論太い。ちょうどCC885の18gとRAIKOUの中間、って感じ。RAIKOU、かっこいいんだけどなぁ。
何年後かには使えるように上達しますように。
 
   
Posted at 01:54 / ダーツ / この記事のURL
コメント(0)
おお / 2006年09月27日(水)
ゴルフとダーツに類似点はあるのか?

ゴルフ:Out of Bounce
ダーツ:Out Board

どちらもO.B.。

おんなじだ。(by タカシの父さん(偽父さんのほう))

さて。

会社上がりに会社の同僚と川崎のWareHouse(電脳九龍城)で1時間ほどライブダーツ。しかし入り口のギミックはむかつく。心臓弱かったら訴えられるぞ。
10/22のD1−MAXに備えて武者修行をと、10/8に池袋I&Kのシングルトーナメントに後輩のH君と参戦することにした。まだカード作りたてでフライト(ランクみたいの)が出るほど対戦記録が溜まってないH君と、301を6回。501−Cricketを1回。H君、前より上手くなってる。バラつき具合が大分収まってきてる。しかし、01の序盤で3投のうち、BULL狙いとT20狙いを交互にやるのはなんかダーツを難しくしてないかい?BULLだけねらってりゃそのうちタイミング合い始めるかもしれないのにね。ま、その辺の考え方は人それぞれなのでどうでもいいけど。ちなみに、全戦全勝させて頂きました。CricketはH君と他の人と合わせて合計2戦やったわけなんだけど、どちらも序盤で負けていて中盤ひっくり返す展開。慌てず着実にカウントを重ねていけば、あら不思議、いつのまにか逆転成功、みたいな。もちろん、最初から優勢に進める方がもちろん良いんだが。普段、Ziで常連さんたちとCricketやってて、これは勝てるかも、と思っているといつの間にか逆転されてるんだけど、今日は、逆転する側の心理がちょっとわかった気がする。要は、相手がいつも4、5,6カウント出すような化け物でもないかぎり、落ち着いて決めるところ決めればちょっとした点差なら挽回できるってこと。
なるほどねぇ。

それはそれとして、帰りがけにZiへ。
PRIDEに一緒に行ったYさんと組んで、501−Cricket。501にしたのはD1-MAXを意識して。しかし、BULL、入らないなぁ‥。はぁ‥。これじゃどうにもならんばい。昨夜のSGさんに聞いた話もまだまだ実践できず。道のりは遠い‥。その後、Yさんとシングル、Fさんと組んで他のお客さんとダブルス。

最後は、FKDさんとCricket。FKDさんにはまだCricketで勝ったことがない。(ま、701も1回しか勝ったことないけどね)先行を譲ってくれたのに、20に1投も決められず。意味ねー。こっちの精度が悪いこともあって始終押されっぱなし。20に続き、19も先にとられて、今度は18狙い。3投、まったく入らず。FKDさんが「18苦手なら17いく手もあるんだよ」と教えてくれた。「ですよね」と答えつつ、昨夜のSGさんから教えてもらった、”常に攻めの姿勢を。1点でも多く”作戦では、やはり18狙いになる。

実は昨日、SGさんとの2回目のCricketの時、その前のゲームで0封されたショックで、どうしても点が欲しくて、苦手な上の20をやめて19から打った。これは、PRIDEの時に使った作戦。とたん、SGさんから、「それは、ダメ」と指摘された。理由は、1点でも多く取れる可能性がある限り、20に行きなさい、と。逃げの姿勢で19を打ちに行って、全て外れた時の精神的ダメージより、貪欲に20を狙って行って外した方が、精神的には納得するはず。Cricketは常に攻めの姿勢でいけ、と教わった。ただし、たとえば、2投目で19を打ったあと、18と17を締めに行く状況で、残り1投をどちらに打つかというと、対角線にある18より、同じ高さにある17に行くのはアリ、とも教わった。もちろん、18でもいいんだけど、2投で高さに慣れているから17の方が楽に打てるわけだ。

今の場合は、1本目からだし、リードしているわけでもない。だから1点でも多く、で18狙いは正しいと思う。結果外れたけど。その後はあと1本でクローズするとこで先にクローズされたり、やっと先にクローズしても裏にはすぐクローズされてしまう辛い展開が続く。それでもなんとか15はキープできて、コツコツ作戦。たまにトリプル入ったりして抜くけど、裏ですぐ抜き返されて。と、15も締められてあとはBULLのみ。得点差は20点。SBULLで逆転できるわけだが。まずは2投でSBULL、DBULLに入ってクローズ成功。ラッキーだ。外れたもう一本はキャッチで20をクローズ。ついてる。でもまだ点差は同じ。FKDさんは19に1本加点にいくも惜しくもはずれ、残り2本をBULLにいったけど1本のみ。チャンスだ。
1投目、アウターBULL1本入って逆転。ここは締めにいく。FKDさんは3箇所も場を持ってるから点の取り合いになったら勝ち目はない。FKDさんの3箇所の場、16と19と17がそれぞれ1カウントづつ残っている状態だったので、これをクローズしにいく。残りの2投をS16とS19に1投づつで入れてクローズ成功。やたね。この辺だけみるとなんか上手い人と勘違いしちゃうな、オレ。とかいって、ラッキーなだけなんだけど。で、FKDさんは17狙いで逆転にくるけど惜しくも入らず。最後は、こちらがS17に入れて。全クローズ。
やー、やったねぇ。

まぁ、今日のFKDさんは本調子じゃない感じだったのであれですが、手加減せずに付き合って頂いて感謝です。
やっぱCricketはこうじゃないと燃えません。
しかし、ああいう、”ここで決めなければいけない”場面だと結構BULLって入るんだなぁ。
とっても不思議。
まぁ、入んない時もあるけどなぁ。
どっちなんだよ。
 
   
Posted at 01:49 / ダーツ / この記事のURL
コメント(0)
勉強、勉強 / 2006年09月26日(火)
タリーズの看板がダーツボードに見えてしまう今日この頃、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

帰りにZiへ。疲れ気味だし遅かったけど投げたかった‥。
ちょうどこの日はリーグ戦で、Ziで開催されたそうでMさんはじめ、N-PON、Fさんといつもの上手い人がいて。対戦チームは負けたらしくテーブルを囲んで反省会してました。なぜか2連勝しているN-PONと701。今日の試合は大活躍だったそうで、案の定、手も足も出ず。ちうか、昨日の実戦Tipなんてなんの役にも立たなかった‥。これで2勝1敗。2勝している自体が不思議なんだからいいんだが。そうそう、N-PON、おめでとう。何がかは内緒。

さて、みなさんお帰りになったらダーツをやってるのが自分だけという状況。めずらしい。と見てみると、DartWorldのSGさんがいた。(というかメンテで来てたんだろうけど)わたしをPRIDEに引きずり込んだ人。D-1のメンテもそうだけど、ダーツのインストラクターもやってる人。(名刺には”インストラクター”って肩書きが‥)この前のPRIDEの感想やら色々話しているうちに、オヤジさんの勧めで701−Crikectを2ゲームつきあって頂く。ゲームっていうかレッスンね。いやぁ、ここぞとばかり色々聞いたなぁ。
とくにCrikectはかなり勘違いを訂正してもらった。けど、なかなかなぁ。うーん。とにかく、気持ち的に攻め続ける作戦を考えよ、ということなんだけども、その時々で臨機応変に対応しなきゃならからなかなか難しい。まぁ、そこが面白いところなんだけど。それとCricketでの3本の使い方。同じ19を打つにも1本目の結果を見て軌道修正しつつトリプルを狙う、とか。そんな細かい修正、やっぱすんのか。するんだろうなぁ。どこ飛んでいくかわかんない時点でだめだな、こりゃ。

「前回見たとき(9/15)よりもだいぶよくなってる。ただ、まだ力任せのスローだからコントロールすることを覚えて」とのこと。ですか。ここのところ、スコアも伸びないし、スローも一定しないので早くも成長が止まったかと思っていたがすこしは良くなってるのか。なかなか自分ではわからないなぁ。「漫然と100回投げるより、集中して、構え、手の軌道、ダーツの軌道をチェックしながら10回投げる方がよっぽどためになる。つかれるけど」とも。これは練習に取り入れないと。

とにかく練習&練習。
 
   
Posted at 01:47 / ダーツ / この記事のURL
コメント(0)
うーんいろいろあるぞ / 2006年09月25日(月)
とにかく狙ったところに投げられないとゲームにならないのがダーツ。
ゴルフでいうとアプローチに似てるような気がする。

日曜日に、D1-MAXでペアを組んでくれるFさんに幾つかアドバイスをしてもらった。色々教えてくれたのだが、ご本人は「自分は人様にスローを教えるほどの上手さじゃないです」という謙虚さと、「楽しんでやりましょう」という前向きさが素敵でした。で、テクニカルというか若干そういったことも教えてくれて。
特に肝に銘じたのは下の二つ。

1)狙ったところに手をポンと出す。(置く感じ、といっていたかも)
2)1投目は思い切り投げること。

1)は、ダーツを始めたころ、池I&Kの方に投げ方を教えてもらったときにも聞いていて、心がけているつもりだけど、実は毎回できていないこともうっすら感じていたり。フォローで手が垂れても入るときは入るので気にしていなかったのだけど、やはりナーバスになった時に基準を求めるとしたらこの動きなんだろうな、と再認識してひたすら意識して練習。正直なところ意識しだしてからの方がBULL率は上がったような気がする。

2)は、大会とかでナーバスなときとか、BULLを外し続けなかったりしてナーバスになったときとか、必ず入れなければならない重要な場面で大事に行きたくなるときとか、そういうプレッシャーのかかる場面で置きにいってしまうことを避けるための方法。1)の手を目標に出すのも大事だけど、守りにはいると手を出せていても置きに行って失速することが多々あるので、結構助かる処方箋だ。確かに1投目で置きに行くと立て直すのに1本損するわけだから、最初から思い切り行ければその後の調整も早めにできるような。だいたい、置きにいってしまって失速するダーツを見るだけで、結構凹むものなぁ。見たくない見たくない。

で、月曜日はZiが休みなので帰宅後、家で上記を練習。
ユミックさんに教えてもらった、”外れても目標から目を反らさないで投げ続ける”という基本と上記2点に留意しながらBULL練習でアップしてから、右上半分30投を4回目のトライでクリア。そのまま右下半分にトライ、でも何回やってもダメ。うーん。下になったとたん、BULLを狙うときとスローが全然違ってしまう。なんでだ。その後、1〜20、BULLに一本ずつ打ち込むやつを。たまに3連続で進んだりするけど、3投ともダメなときもあるし、まだまだだなぁ。

で、そのあとBULLをひたすら狙い続けてたんだけど、あることに気づいた。たとえば、インナーBULLを狙って、左に外れたとする。今までだと、そのままインナーBULLを睨み続けて次のスローをしていたんだが、ここで左にそれたら、インナーBULLの右側のアウターBULLを見て打ってみたら、なんかの修正が利くのかBULL(こん時は確かアウターBULLの左側)に入った。へぇ、と思いつつ、左上に外れたら、BULLの右下、と1投ごとに目線の目標に小さな補正をかけてみると、リカバリーで案外BULLに入るではないか。自分としては、投げ方そのものは調整をしていないつもり。あくまで目線と目標だけ。それと注意したのは、BULL狙いならBULL以外は目標にしない、というふうに同一セグメント内で目標を移動することに。BULL狙ってるのにBULLを外した目標をつけると、ちゃんと投げれたときにBULLを外すことになるので、それはなんか悔いが残りそうだしやめておいたほうがいいと思ので。

20分ばからり打ち続けてみただけなんで、単なるマグレなのかもしれないが、案外入るので面白い。入ればなんでも面白いのだ。

ただ、もちろん最初から狙ったところに狙ったとおりに入るほうがいいわけで、上の方法は普段の練習のメインではないような気はする。どっちかっていうと実戦向きのTipというのだろうか。とかいって自分で見つけた気になっているが、実は当たり前のことだったりしてな。まぁ、なんにせよ、この作戦はある程度狙いの近くに投げれていることとそれなりにグルーピングができないとまったく使い物にならないとおもうけども。
 
   
Posted at 01:43 / ダーツ / この記事のURL
コメント(0)
はやくも緊張‥ / 2006年09月24日(日)
仕事が忙しく‥。持ち帰りの仕事なぞやりつつ夕方から池袋。
ZUCCA、無印で買い物した後は、二人そろって当然のようにI&Kで買い物。いまや、そういうことです。ショートシャフトとティアフライト。お店のスペクトラムで奥様と301を2ゲーム。特に期待してなかったからかハットとか出たり。奥様は昨夜の興奮冷めやらぬ感じだったがなかなか苦戦で落ち込んでみたり。そんなもんですよね、ダーツって。

帰りにZiへ。
結構人が多くて驚いた。途中団体さんが入ってきたり。日曜の夜、っていえばおとなしく明日に備えて、なんて人は誰もいないようだ。まぁ、うちもか。

ところで、10/21,22に開かれるD1−MAXにエントリーしようと画策していたんだけど、ペア戦なので相手を探していた。見てのとおりの初心者だしコネクションもないので身近な人に打診してみたが‥。奥様はリフューズ。まぁね、この前のPRIDEを見て軽く引いてたんでどうしようもなく。会社で一緒に始めた人々にも打診してみたが皆あまり乗り気じゃなくて。面白いのになぁ。さて、どうしたものか、と思っていたんだけど、Yさんとオヤジさんがすごい人を連れてきてくれた。Fさんというなんかの大きな大会で優勝経験のある方で、一度Ziで投げてるのをみたことがあるんだけど、かなり上手い人。いいんでしょうか、僕で‥、っていう感じ満載の気後れ感爆発。さっそくダブルスを組んだけど、迷惑掛けられないと力んでばっかり。ダブルスでメドレーを2回した後はFさんとシングルでレクチャーを受けながらのCricket。ゲーム運びのアドバイスやちょっとした心構えとか色々教えていただいて。しかし上手い人だなぁ。それでもまだ3年目だって。

はぁ。とにかく練習してがんばろう。

そうそう、今日はじめてシングルで701−Cricketメドレーでストレート勝ち。ダーツは好不調があるからこういうこともあるんだな。しかし、N−PONとゲームするのは勝っても負けても楽しい。
なんだろう、人柄?
 
   
Posted at 01:28 / ダーツ / この記事のURL
コメント(0)
なくなよ‥ / 2006年09月23日(土)
金曜は会社が休み。
ニュウダーツが届いた。
RAIKOU(青)とF−9(オレンジ)。
国産は高いねぇ。
Dart9.tvでK-Ponの試合をいくつも見て、RAIKOUのセッティングをガン見。
どうもナイロンショート+ティアみたい。

夜、ハットトリックへ。新井さんとユミックさんに会いに。ユミックさんはいなかった。残念。ロコモコ頂いた。700円であの旨さとあの量。いやぁ、満足。どうでもいいけど新井さんてスーパーシャイなのね。
満腹さんとチクタクというゲームを1戦。ようは○×ゲームね。おもろかった。もちろん負けたけど。

しかし、Ziとハットの店の雰囲気は随分違う。ハットはなんとういかピリッとしていて、道場的雰囲気が満載。Ziはアットホームな感じ。まぁ、どちらが良いとか悪いとかじゃないですけどね。僕はどっちも好きです。両者の決定的な違いは、ハットにはコーヒーがあってZiにはコーヒーがないこと。つまり、そういうことです。

ダーツのいいとこは、体力差がないところ。ゆえに男女もイコールコンデション。金曜日のハットの帰りと、土曜日に奥様を連れてZiへ。で、土曜日は二人で延々と301。はじめて9本で上がれた。でも途中からだんだんおかしくなってきて、まったくBULLに入らなくなって‥。なんだか、昔に戻っちゃっと感じ。ちょっと困ってる。
奥様が1勝するまで帰らないぞ、と言ったとは思うんだけど、別に深い意味はなかったんだが、10何ゲーム目で初めて奥様が上がったら、なんとちょい泣きしてんの。周りのみんなに「あ゛ー、自分の奥さん泣かせたー、ひでー」って言われてたじろいたよ。奥様が、このまま負け続けて帰れないんじゃないかと思ってて安心して出た涙、と説明して一同爆笑。いやはや。

でも最後、S4狙ってきっちりと決めたのが相当快感だったらしく、もう、ダーツ面白いの連発。はまったね。それはいいとして、なんで君がF−9使ってんのかしら。それ、ぼ、僕の‥。
 
   
Posted at 13:39 / ダーツ / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.