プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アルテリア
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:山形県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-モンテディオ山形
読者になる
神戸戦 / 2009年05月05日(火)
現地観戦のため細かいところまで把握しきれなく、テレビ観戦とは異なる印象を受けたかもしれないけれど





まず、どういう形で来るかわからなかった神戸の並びだが、スタートは右に田中、左にボッティ、トップに茂木、マルセウのスタンダードな4-4-2に見えた

その後、攻撃時には石櫃が高い位置を取り、3バック気味になるなど、フレキシブルに並びを変えてきた

吉田が投入されてからは、アンカーに金南一、その前に田中、ボッティを置き、ワイドに茂木、吉田が開き、マルセウがトップに張る、4-1-4-1あるいは4-3-3のような形だった





試合についてだが、序盤からキム、勝がうまく収めることができず、攻撃は停滞

頑張りは伝わってくるのだが、良い形を作ることもままならなかった

連携もいまひとつで、繋がらない場面が目立った

そんな中でも前半のパスカットから作った決定機(勝のシュートだったかな?)は決めておきたかった

そして、その直後に失点を喰らってしまった

どういうボールの失い方だったかは、よく覚えてないけど、突破を許し(おそらく田中)、レオが釣り出され、左で受けたフリーの茂木に決められた


痛かったのは2失点目

凡ミスが失点に繋がったのは今年初めて

結果的にこの2失点目が、山形に重くのしかかった

「たられば」になってしまうが、この失点がなければ違った結果になった可能性も否定しえない


神戸が受けてくれたからなのか、後半途中から中盤で大分拾えるようになり、形が出来つつあった

そんな中、リスタートからあっけなく失点を許し、今季初の3失点


最後に初出場ジャジャが一矢報いて、1点を返す

ジャジャについては、ファーストシュートやゴールを見ると、シュートセンスを感じた

前線からのチェックもしっかりこなしていたし、意外にも球離れが良かった

初戦でゴールを決めたことで、これから乗っていけるきっかけとなっただろう


最終盤はレオ、園田をトップに置き、その後ろにジャジャ、ワンボランチに勝という形で、パワープレーを試みるも万事休す





長谷川、古橋の不在を痛感した一戦となった

2人が欠場したときに、いかに攻撃を組み立てていくか、引き続き大きな課題である

一方の守備では、3失点したとはいえ、悲観することはない

1点目こそ崩されての失点だったが、2点目はイージーミス、3点目は前掛かったところをやられたもの

ミスをなくすことは必要だが、やっていることは間違ってはいない





長いリーグ戦を戦い抜く中で、こういうゲームがあるのは当然

こうしたゲームの次のゲームが大きな意味を持ってくる

そうした意味でも新潟戦は絶対に落とせないゲームとなった

中3日で過密日程は続くけれども、しっかり切り替えて新潟戦に臨んでほしい

 
   
Posted at 21:17/ この記事のURL
コメント(0)
スタメン / 2009年05月05日(火)
スタメンは予想通り

前節を見る限りキムと勝の2TOPだろうなと思ってた

長谷川か古橋のどちらかはベンチ入りするかなと思ってたけど

まあ、過密日程で無理させるよりも、しっかり治してから復帰した方が賢明かも

厳しい戦いになることは間違いないが、ここまで来たからには勝点3を奪って帰りたい!!!
 
   
Posted at 14:20/ この記事のURL
コメント(0)
明日は神戸戦 / 2009年05月04日(月)
神戸とは3年ぶりの対戦

比較的最近対戦した印象だけどJで対戦したのはこの2006年のみ

ただ、天皇杯ではやたらと対戦している

天皇杯は3度の対戦で1勝2敗

1勝はPK勝ちのため、実質勝ち無し

また、2006年のリーグ戦でも2分2敗で勝ち無し

これは相性というよりも力関係がはっきり結果に顕れた感じだけど



さらに古い対戦ではJFL時代に

NECvs川鉄 1勝1敗
NECvsヴィッセル1勝1敗
モンテディオvsヴィッセル 0勝2敗

というのがあるけどなんの参考にもならないか…

 
   
Posted at 20:31/ この記事のURL
コメント(0)
柏戦 / 2009年05月03日(日)
すごく簡潔に振り返っておく

押し込まれる展開が続いた中で、無失点で乗り切ったことは大きい

厳しい内容でも勝点1を取れているのは良いことだろう

守備は堅く守れていて、これを続けていければ大崩れすることはなさそう


攻撃についてはやはり消化不良の感は否めない

良い形がなかなか作れなかった

並びを入れ換えたりしながら、試行錯誤を繰り返したが奏功せず

ただ、新たなオプションとして、選手の新しい使い方なんかも見れたりして興味深かった

 
   
Posted at 11:50/ この記事のURL
コメント(0)
快進撃の弊害 / 2009年05月02日(土)
柏戦を振り返る前に、ちょっと気になったことがあったのでそちらを先に

今日のある局の県内ニュースで、「15位の柏に勝てず連勝を逃した」というようなニュアンスで伝えていた

勘違いされては困る

山形の力は18チーム中18番目

今季は全てが格上との対戦

少しうまく勝てたからといって、次々と勝てるほど甘くない

勝てて当たり前の相手など1つもない

今月のRushのインタで伸二さんがそのようなことを言っていたし、以前山形の監督をしていたある方も山形の監督時代に似たようなことを言っていた

人間だから欲が出て常に勝ちを期待してしまうのもわからないではない

ただ、期待した結果が出なかった時に、ネガティブに捉えるのは止めてほしい


山形は常にチャレンジャー

絶対に驕ってはならない

 
   
Posted at 23:59/ この記事のURL
コメント(0)
明日は柏戦 / 2009年05月01日(金)
柏戦の話の前に恒例のスポーツ紙チェック

日刊東北版はいつも通り大きく扱ってくれた

サンスポ東北版はは仙台>山形

うちはJ1なんだけど…

報知東北版に至っては論外

スポニチ全国版の金子氏のコラムも若干意味不明

「秋天の陽炎」書いた人なんだけどなあ

日刊に勝るものはないことを再確認




それでは柏戦について

柏とはなぜか相性のよかった2006年以来3年ぶりの対戦

対戦成績はJFL0勝2敗、天皇杯0勝1敗、J23勝1敗0分

さて、J1での初対戦はどうなるやら



チケットは約8000枚で鹿島戦に比べれば寂しい数

GWだし、天気も良さそうだし、10000オーバーしそうだけど、好成績なんだから15000くらい入ってほしいな

 
   
Posted at 10:29/ この記事のURL
コメント(0)
大宮戦 / 2009年04月30日(木)
明後日には早くも柏戦ということで、取り急ぎ雑感を






スコアの上では3−0だったが、決して楽な内容ではなかった

結果的に15分までの2点のアドバンテージが最後まで効いた印象

2点取ったあとは、大宮に持たれる時間帯が続いたけど、前半を0で終わったのも大きかった

前半アディッショナルタイムの清水のビッグセーブがなければ、違った展開になってしまっただろう

あのFKは目の前でボールの軌道を見て、入っちゃったなと思ったんだけど…

ラインぎりぎりで清水が見事に掻き出した

多分ボールの一部はラインを割ってたはず

また、清水のビッグセーブは後半アディッショナルタイムにもあった

あそこも試合は大方決まっていたとはいえ、完封か失点1では全く違うわけで、大きなプレーだった

ただ、ファンブルについてはいただけなかったかな

それでも、そのプレーも古橋がしっかりカバーに入り凌いだ

セットプレーというわけでもなく、ゴール前まで戻っていたのである

チーム全体に高い守備意識が植え付けられているなと感じた

ここでいう守備意識の高さというのは、べったり引いて守るということではなく…




一方で攻撃については、この試合に限ったことではなく今季の印象として、バリエーションが豊富になってきている

サイド攻撃が主体ではあるが、単純にサイドの選手が放り込むだけではない

例えば、昨日の2点目のシーン

勝が高い位置で奪い、キムへ

キムはディフェンスを引き付けつつ、中に絞りながら縦に行くと、サイドに流れた勝に戻す

厳しいプレッシャーを受けることなく、クロスを上げることがなく、得点に繋がった

また、1点目も大宮の守備の脆さがあったこともあるが、スローインを古橋がサイドで受けて中央の長谷川へクロスを供給した形だった

さらに、得点にはならなかったが、左からのクロスにキムが中央で落として、古橋がシュートを打つという形もあった

サイド攻撃が柱ではあるが、一辺倒な攻撃ではなく種々様々な形が見られる




大宮戦では交代選手の活躍も光った

匠は何度もインターセプトでボールを奪うと、積極的に前に顔を出した

宮本はボディバランスの強さを見せ、見事にPK奪取

CKからキープをしていた場面だったが、キープをしながらもしっかりとゴールを意識していた故のPK獲得だっただろう

廣瀬はポテンシャルの高さを見せた

長谷川へのパスの一連の動きはすごくセンスを感じた

あの突破を見ると昨季よりもフィジカルが強くなったと感じた

途中出場選手が高いパフォーマンスを見せてくれれば、チーム内の競争も活性化されるだろう

過密日程を乗り切るためには、現在のリザーブ、ベンチ外の選手の活躍は不可欠

そういった意味でも、大きな収穫のあった試合といえるだろう

 
   
Posted at 23:47/ この記事のURL
コメント(0)
3−0 / 2009年04月29日(水)
久々の複数得点&無失点で勝利!!!

スコア以上に苦しい内容だったけど、早い時間帯で取れたから大分楽に進められたかな

詳しくは帰ってから明日にでも





最後に大宮のG裏に集まった皆さん、お疲れ様でした

とても良い雰囲気でしたね

3000人くらいは来てたのかな

柏戦の動員も伸びてほしいな

 
   
Posted at 18:55/ この記事のURL
コメント(0)
明日は大宮戦 / 2009年04月28日(火)
大宮との対戦は実に5年ぶり

大宮戦で印象深いのは、やはり、直近のゲームである2004年第4クールの天下分け目の大一番

この年の第4クール序盤から中盤では大宮と山形の激しい2位争いが繰り広げられていた
勝てば勝点で大宮に並び、負ければ6差に拡がるという戦いだった

勝点差は違うけど、昨年の第3クールの湘南戦に近い位置付けだったかな

山形は大宮に敗れ、2位が遠退いた

結局、終盤大失速し、2位どころか3位すら福岡に浚われ昇格を逃した





大宮戦というとあんまり勝つイメージがない

実際、7勝13敗4分と大きく負け越し

JFLでは逆に7勝3敗と大きく勝ち越していたんだけど





大宮に2004年在籍した選手で現在も在籍してるのは、以外と多く冨田、斉藤、橋本、金澤、高木の5人

山形はレオと勝のみ

勝といえば、2003年の大宮戦の羽地へのアシストは最高だったなあ

ああいうをプレー明日も頼む!!






さて、明日の中継はまたまたスカチャンじゃないみたい

もちろん現地には行くけど、TBSの中継好きじゃないんだよなあ

 
   
Posted at 19:47/ この記事のURL
コメント(0)
恒例の / 2009年04月27日(月)
スポーツ紙チェック

昨日の日刊、報知、サンスポの東北版では大きく扱われてた

特にモンテ軽視のサンスポの記事が大きかったのには驚いた

まあ、ベガルタの試合がなかったこともあるだろうけど





 
   
Posted at 08:39/ この記事のURL
コメント(0)
P R
2009年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像りょーえー
花粉症 (2009年04月09日)
アイコン画像りょーえー
久々にJ2 (2009年04月02日)
アイコン画像りょーえー
ネタのない月曜日 (2009年03月25日)
アイコン画像管理人
記録的初勝利 (2009年03月13日)
アイコン画像りょーえー
記録的初勝利 (2009年03月12日)
アイコン画像りょーえー
ジャジャ獲得へ (2009年02月03日)
アイコン画像みつ
(無題) (2007年03月24日)
アイコン画像みつ
(無題) (2007年03月21日)
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!