出版コンシェルジュから2016年07月25日のメッセージ 

2016年07月26日(火) 0時00分
  • どうすれば、編集者と知り合いになれ、企画を売り込むことができのか?私が、一番勧めているのは、Facebook。知っている著者さんをベンチマークしていると、その著者さんを担当した編集者が意外と簡単に見つかります。 https://t.co/ipBs46DrAm Posted at 05:00 PM
  • コミュニティの作り方講座 基礎編に参加しました https://t.co/vSq7YUsaix Posted at 03:37 PM
  • 出版社に本の出版企画書を送付して、1週間以上連絡がなれば、出版社に電話をしてみてください。編集会議は一般的に月1〜2回しか行われませんので、1週間で結果が出ていないことの方が多いと思いますが、やはり電話はするべきだと思います。 https://t.co/aLVnDRxZTR Posted at 06:00 AM
  • http://twitter.com/shuppanproduce

出版コンシェルジュから2016年07月22日のメッセージ 

2016年07月23日(土) 0時00分
  • 東京で開催された出版実現セミナーに参加された神田美紀さんの企画が出版決定! https://t.co/oeRHecBOdA Posted at 06:08 PM
  • 「企画概要」の裏付けとして、分析した市場に対して、どういう本を出すことで訴求するのか。図版を多めにしたり、手順をしっかり紹介したり、フルカラー(もしくは2色刷り)にしたりして誌面の見せ方を工夫して、その市場に訴求する方法 https://t.co/7EIA4bL5Yj Posted at 05:00 PM
  • 【仙台開催 第二弾!】出版企画勉強会in仙台 https://t.co/sliwhnlDRJ Posted at 12:13 PM
  • 出版社は、素人が原稿を売り込むには敷居が高過ぎます。まずは企画書にして売り込むようにしてください。一番有効なのはメール、続いて郵送、条件付きで持ち込みとなります。電話とFAXはありえません。 https://t.co/7JO8kwb7Hi Posted at 06:00 AM
  • http://twitter.com/shuppanproduce

出版コンシェルジュから2016年07月21日のメッセージ 

2016年07月22日(金) 0時00分
  • 【仙台開催 第一弾!】出版実現セミナーin仙台 https://t.co/v8baNnbYd2 Posted at 09:20 PM
  • 書名は一つしか書いてはいけないわけではありません。出版社の担当者向けのわかりやすい書名を一つ考え、さらに、そこに肉付けして読者向けの書名をいくつか考えてみましょう。 https://t.co/evlQ5ZxpL9 Posted at 05:00 PM
  • 新人著者の場合、どうしても企画を変化球で勝負したがる傾向が強いです。確かに、その方が企画は通りやすいので、気持ちは分かるのですが、そういう本は最初の売れ行きはいいですが、決してロングセラーにはなりません。 https://t.co/iNIZfSQU9v Posted at 06:00 AM
  • http://twitter.com/shuppanproduce