山崎裕子yamyam studio blog

«2014年03月 | Main | 2013年11月»
    
My おゆのみ展 / 2014年01月30日(木)




2014年2月4日(火)〜16日(日) 
11:00〜17:30 (2/10休)
RYU GALLERY
静岡県富士宮市万野原新田3920-11 
TEL:0544-91-7043

出品作家
芦澤 和洋  /  今野 登志夫  /  遠藤 日出男  /  桑田 智香子
高田 かえ  /  佐々木 泰男  /  小枝 真人    /  中尾 雅昭
原田 省平  /  山崎 裕子

展示のお知らせです。
これから,素焼きの窯を出して薬掛けです。

今回、家の庭におく鳥の餌台を作ってしまった。
土っていろんなカタチになるんだなあと改めて思いながら、、。
もちろん、おゆのみ展には出しません。

おゆのみ展は10人の作家でそれぞれ20点くらいづつ、、
(もう少し持って行けそうだけど)
きっと,300点近いおゆのみだけが並ぶなか、お気に入りを見つけて下さい,という展示です。
改めて,おゆのみ、、どんなふうかな、と思いながら作りました。

お近くの方はぜひお出かけ下さい。
 
   
Posted at 03:07 | カテゴリ:展示会お知らせ | URL | コメント(0)
予防接種のこと / 2014年01月30日(木)
久々になぜか予防接種について。。

我家はインフルエンザの予防接種(他の予防接種もだけど)受けていません。
お守りのように,家族全員毎年受けてる、という話も聞くし、今朝のNHKのラジオでも予防接種受けていてさすがですね〜、なんて話をしていました。そんな話を聞くたびに、やっぱり受けた方が安心なのかな〜なんて思っちゃうのだけど、、。高齢や特別な疾患があるわけでないしやっぱり受けなくていいかな。今、園でも何人かかかってるけど、高熱が出て何日か休んで元気に登園してきています。たまに熱でも出してママにべったりするのも子供たちには必要な事かもしれません。

という事で
「ち・お」95号http://www.japama.jp/cgi-bin/detail.cgi?data_id=333で紹介されていたカンガエルーネットで2004年に全文公開されている「前橋レポート」をパラパラと見てみようと思ったけど、、長い、、さわりだけ読んでみました。

http://www.kangaeroo.net/D-maebashi.html
引用〜〜〜
子どもにとって、本当にインフルエンザの予防接種が必要なのかどうか、もう一度しっかり考えてみませんか? その際、前橋レポートは、有益な判断材料の一つとして挙げられるのではないかと思います。〜〜〜

1978年に発表された前橋レポートは1990年前半にインフルエンザの集団予防接種が廃止されるきっかけとなった報告書だそうです。
63年から30年間続いていた学校で義務化されていた集団接種を中止した前橋市でのその後の5年間の報告書。

接種による副作用のリスクと接種せずにそれにかかった場合のリスク、他への感染源となってしまうかものリスク、どんな選択するのかは親の判断に任されています。
うちは男の子だから関係ないけど、様々な問題があげられている子宮頸がんのワクチンも心配。

下の子が生まれた2008年にヒブ、やら日本脳炎の再開やらますます増えて、
同時接種で死亡するニュースなんてのもあったから、ますます予防接種に不信感を持ってしまいました。
スケジュールを考えて病気でもないのに病院に何度も通わなきゃならない面倒、それでなくてもバタバタの新米母にはかなりの負担です。結局あんまり受けなかったんだけど、長男はそれなりに少なめで受けました。
というわけで、
「調子のいいときにゆっくり自分のペースで受ければいいのよ」という「ち・お」に励まされながら、迷ういろいろな予防接種、もう少し検討しなくては、、、。
 
   
Posted at 02:52 | カテゴリ:健康のこと | URL | コメント(0)