山崎裕子yamyam studio blog

«2005年02月 | Main | 2004年12月»
    
入間市って坦々麺 激戦区? / 2005年01月28日(金)

今日は工房に遅くまでいて、それから帰ってご飯を焚いてたら血糖値が下がってくらくらしそうだということで、たんたん麺を食べに行ってしまいました。
久しぶりに外食。ラーメンなんだけど。。。

ラーメンといえば我家はここ!
その名も「坦々麺」(なのかな〜?)
とにかく、でっかく坦々麺と書いてあります。
やまびこ工房からそば仲むらを右に曲がり
ラーメン花月の交差点をつっきり
突き当たりの信号を右に曲がると右手にあります。
ホームページがあった。→http://www.tangtangmen.com/
辛いけど後味、けっこうさっぱりでおいしいです。

入間市、 近くには坦々麺屋が何件かあります。
この辺には多いのかな? 他でもあるのかな?
多治見にいた時はよく台湾ラーメン屋に行きました。おいしかったな〜。
心残りは名古屋で噂に聞いたベトコンラーメン、食べずに戻ってきてしまった。
ひどいネーミングだけど、ベトナムの赤って意味なのかな?? やっぱり辛いのかな? 赤だし。
今度行った時、きっと食べてこよう! 辛いのが好きなだけなのか?
国分寺の、中華料理屋の坦々麺もおいしかったけど、店名なんだったけかな?
 
 続きを読む…  
Posted at 01:59 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(15)
フジオろくろに挑戦! その1 / 2005年01月28日(金)

私がろくろをひいてたら、夫フジオが
「ねえねえ、やらせてよ〜」と言ったので代わってあげました。
以前、多治見に住んでた時も一度経験しています。
ので、2回目。

私が練って中心を出した土の山から途中交代。
しばらく失敗した後、ようやく一個完成。

かたちができたら仕上げに木のコテでならして、鹿の皮で口をきれいにならします。
最後に例の藁の「しっぴき」で土のやまから切りはなします。
しっぴきで切った跡に土にのこってる渦巻き模様と同じ模様が器の底にも残っています。
にしても、残ってる土のやまのだらしないこと!

なんだかけっこう上手に出来て、本人はご満悦。
私はそれは私が土を練って中心を出したからでたまたまだ、と思っています。
でも確かにきれいに出来たのでちょっと、むむむ。
完成写真は次回にします。









 
   
Posted at 01:00 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(3)
やまびこ陶芸一日体験 / 2005年01月28日(金)

今日は会員さん(あ)がお友達を連れて教室にやってきて、
久しぶりに、「やまびこ一日体験教室」をしました。

一日体験では、おゆのみ一個とか、板作りのお皿1枚、、とか
はしおきとか時間内で作れる簡単なものをつくります。

普通の人は一個作っただけで、時間になっちゃうのですが、
今日は一度経験ありということでふたつ出来ました。

玉つくりという、粘土のまんまるのボールに穴をあけていく
作り方で、おゆのみとマグカップを作りました。
以前は削らなくてよいように、
粘土の板をコップなどに巻き付けてつくるやり方でしたのですが、
私があんまり得意でないことと
そのせいでやたらに時間がかかってしまうので、
内側をつくったら電子レンジに入れてむりやり乾かして、
外側をけずってしまいました。
なかなか手際良く、大胆な削りで無事終了!


作った作品は
乾燥→素焼き→釉薬かけ→本焼成という手順を経て完成します。
釉薬は見本の中から選んで頂いてこちらでかけます。
出来上がったら、1か月〜2か月後受取りに来ていただいています。

今回はチタンマットと黄瀬戸を選びました。

ラジオで国会中継を聞きながら、アボーはもくもくと電動ろくろ、
体験にやってきたお友達もてきぱきとした作りっぷりで、
私はきょろきょろしながら時間がすぎたのでありました。
楽しかったです。

一日体験は、基本的には火曜、水曜、木曜日。
時間は  午前10時半〜、午後2時半〜、夜7時〜2時間です。
料金は  1500円 焼成代、材料費込み。土1キロまで。

なのですが、曜日、時間などご都合に合わせてアバウトにやっています。
先月も、素焼きの鳥の餌をいれる鉢が作りたいという方がいて、
テラコッタの土を使って作りました。
教え方もけっこういい加減になってきていい感じです。
最初の頃は気合いを入れて、もたもたしてましたから。。

お試しの一日体験は一回のみで、
その後希望される方は通常の会員料金になります。
+焼成費が別にかかります。

というわけで、
とってもお得な「やまびこ一日体験」いかがですか?
出張もしますよ〜!
 
   
Posted at 00:08 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(0)
22日(土)やまびこ陶芸教室 / 2005年01月25日(火)
土曜日の教室は国分寺シスターズが5名程。
お昼から夕方まで、ばたばたとあっという間にすぎました。

電動ろくろで削りをしていたふたり、慎重過ぎです。
削りはじめは大胆に、仕上げは慎重に、でお願いします。
ひがとこ組は手びねりで共同製作。とっくりとぐい飲み。
うす過ぎと厚すぎのふたりです。
次回とっくりは慎重に底だけ削ってすぐ出来そうです。
ぐい飲みは半分くらい削らなくっちゃ。中も削るようかな〜?。
白化粧したおおきな片口、無事乾燥しています。
残りの一人はもくもくとふたものつくり。たまに奇声をあげてました。
次回、もうひと手間かけるのかな?

いつも皆様おやつ持参でありがとうございます。
来月、日程決まりましたらご連絡くださいませ。









 
   
Posted at 01:13 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(3)
木曜日の教室 / 2005年01月20日(木)

やまびこ陶芸教室のアボーのキュートなリンゴの蓋物
ピーコックと黒の化粧泥です。
いままで私は使った事ないのでどんなふうに焼き上がるのかは
わかりません・・・。(そんなことでいいのか!?)
適当に白化粧泥に顔料を混ぜたのですがきっと大丈夫にちがいない。

マグカップは金属っぽい黒になる予定。
あとの写真は私がひいてたものたち。です。

パルさん、お休み、ふじお氏画材を買いに出ていて
ふたりきりでのんびり制作。

おやつにはみかんをストーブに載せて焼きみかん。
あったかくって、冷えずにみかんが食べられます。
お勧めです。



 
   
Posted at 11:25 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(0)
真夜中の味噌作り / 2005年01月19日(水)

先日、教室で大事な手作りお味噌を分けていただきました。
そうしたらとってもおいしくて、「ぜったい失敗しないから作ってみたら?」
と言われてとうとうお味噌作り、初挑戦してみました。

かつての国分寺の教室でも、日本橋の教室でも、
お味噌を作ってる人がいて、おいしいですよ〜とみんな言うので
作ってみたいな〜とは思っていたのです。

で、玄米麹でやってみました。大豆500グラム。
用意が足りず、思ってた入れ物には入りきらないし、
おとしふたはないし、重しもない。手際も悪い。。
味噌玉の空気を抜くのは、陶芸で土の空気抜くのと一緒でした。
耳たぶぐらいの固さと書いてあったのですがちょっとゆるくなったみたい。
ちなみにパンも、耳たぶぐらいの固さ。
じゃあ、ちょうどよくて固いくらいだったら
味噌玉投げ空気抜きではなくて、菊練りしてもいいんじゃないか???
と、思ったり。。どうなんでしょ?

で、容器が二つに分かれてしまって
しかも重し代わりに重ねてしまった。
(けっこういい思いつきだと思ってるんだけど、だめかな。。)

本によってもいろいろでよくわからないのですが
お味噌をつめたらラップをして(焼酎をしみ込ませた和紙という表記もあった)
落としぶたをして(平らなお皿にした)、
重しをして(2段重ねにして、一番上はリズミックファイター2キロ)、
ビニールで密閉してしまった。
密閉したらまずいんじゃないかと思ってるんですが、どうなんですか?
どなかたご存じの方教えて下さい。

こんど、味噌用のかめ、つくろうっと思っています。
やっぱり寸胴型が良いのでしょうかね〜。

今週は木曜日と土曜日に教室あります。
なんて付け足しのように教室ネタをいれてみました。














こんなんで本当に出来るのでしょうか。
なんだか間違ってるような気がします。
半年後、ほんとにお味噌になってるのか不安です。
 
   
Posted at 02:28 | カテゴリ:日々のこと | URL | コメント(3)
立川に大村くんの個展に行ってきました / 2005年01月16日(日)

多治見工業高校の専攻科の同級生、大村君の個展に行ってきました。

本人もかっこ良いですが作品もセンス良いです。
うすーくて、大事に大事にしないと壊れそうな繊細さと
色からくるのかな、おもさと深さ。(器が重いという意味ではなくて)
けっして使い勝手の良いものではないのかもしれませんが、
それに勝る、「もの」としても魅力があるのですよね〜。
同級生ですが、歳はぜんぜん違います。

上手に写真が撮れませんでしたが、
ギャラリーも一昨年オープンしたばかりの素敵なところでした。
お近くの方は、ぜひぜひ足をお運び下さい。
来週の日曜日23日までです。最終日を除いて7時まで。
立川の駅から歩いて5分くらいで、
車の人はギャラリーのあるマンションの裏に100円パーキングがあります。
詳しくはこちらで  →H.works http://www.h-works04.com









 
 続きを読む…  
Posted at 23:05 | カテゴリ:つくるひと | URL | コメント(0)
陶芸展! 見に行きませんか? / 2005年01月05日(水)
明日、6日から入間市の博物館、アリットにて入間市民陶芸展があります。
今日搬入のお手伝いに行ってきました。

入間市内在住、在勤、在学の方ならどなたでも参加できます。
もちろん、市内の教室であるやまびこ教室の会員さんも参加できます。

といっても、やまびこ教室から参加したのは私一人なのですが。。
教室のみなさん!。来年は参加しませんか?!

今年で四回目のこの市民陶芸展は市内で活動されてる作家の方が中心になって、出品者のみなさんが協力して1月の始めに毎年おこなわれています。

出品された作品は200点近く。作家の方から、公民館活動をしている方、まだ始めたばかりの方も。
同じ陶芸でも表現は様々。楽しくて、力強い、力作ぞろいです。 
私は少ない作品をかき集めて、急須とポットと鉢を出品しています。

博物館アリットは
狭山小学校と東野高校の間にあります。

会期は明日1月6日(木)〜9日(日)
午前10時から午後5時(最終日9日は午後4時まで)

お近くの方はぜひ足をお運び下さい。

私は昨年初めて出品だけさせていただきましたが、若い人に手伝って欲しいのよ〜と、誘われて今年はお手伝いしてきました。
若い男手が欲しい!、そうです。でも、平日のお昼間に手伝える若い人はなかなかいません。
我家にはひとりいますが陶芸をしてないですからねえ。。少しは若いですが。
若いあなた、どうですか? 焼き物など作って来年は参加しませんか?





 
   
Posted at 23:06 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(2)
還元焼成窯だししました / 2005年01月05日(水)

還元のかまだしです。
教室のものは少なかったのですがこんな感じです。
体験で来られた方の、ヒビの入った陶箱結局焼いてしまいました。
けっこう良かったです。金継ぎしたりしたらどうにか素敵になりそうです。

2枚目の写真のいろいろ釉薬をかけ分けしたお皿、薄くかけ過ぎで焦げたみたいになっちゃいました。
赤い色の釉薬はまったく色が出ませんでした。これも渋〜くなりました。いかがでしょうか?。
お料理は映えそうですね。

三番目の写真は鳥の為の餌台。餌を入れて木に吊すそうです。すごいアイデア!。
小鳥さん、入ってくれると良いですね。

角皿は赤土の色がしまらず、写真じゃわかりませんが反ってしましました。
これはがっくりしちゃうかも。。。
なんで反ったのでしょう。素焼き状態では反っていなかったので、
釉薬が真ん中にしかかかっていないので、土が釉薬にひっぱられたのかもしれません。
できるならば、これはなしにして作り直した方が良いかと思います。。。

1月の土曜日の教室は、8日と22日に開けています。
土曜日の方、8日ダメな方はご連絡下さいませ。






 
   
Posted at 21:59 | カテゴリ:やまびこ工房・陶芸教室(埼玉) | URL | コメント(2)
あけましておめでとうございます / 2005年01月03日(月)

新年あけましたね。
そしてお正月ももうおしまい。
今年も食べ過ぎの、胃のおも〜い一年の始まりとなりました。

我家は3日間は、親戚まわりとお宮参り。
毎年散歩してから夕方閑散としたお宮まいりに行くのですが、今年はお宮参りメインで散歩しました。
 
 続きを読む…  
Posted at 21:25 | カテゴリ:日々のこと | URL | コメント(2)