薬剤師が転職を踏み留まる理由と大阪・兵庫専門の転職サイト

February 26 [Thu], 2015, 7:29
◆転職先に不自由のない薬剤師が転職を迷う・考え直す2つの理由とは?

薬剤師はその資格、専門性の高さから辞めてもいくらでも次の転職先がある、
他の人々から見ると非常にうらやましい職業です。そんな薬剤師の人でも
いざ転職となると迷うし、考え直す人も多くいます。その理由とは?

まず、薬剤師の方が転職を考える理由はというと、@職場の人間関係が悪い、
Aキャリアアップをしたいから、B何と言っても収入を上げたいから
という3つがメインのようです。

これは、薬剤師に限らず一般のサラリーマンでも同じことと言えそうです。

一般サラリーマンよりも転職する環境がととのっている薬剤師でも、
転職に躊躇する、迷う、あるいは考え直してやめることも多いようですが、
その理由は何なのでしょうか。

◆ 転職を踏み留まる理由その1:収入面

転職するからには何と言っても収入を上げたいですよね。収入アップを
転職理由の第一に挙げる人も当然多いのですが、調べていくうちにそうそう
収入が上がらないことを感じ取り、転職を思いとどまるケースが多いようです。

薬剤師さんは、新規採用のときこそ、他の一般サラリーマンよりも高い
給与水準なのですが、その後の伸び率が低いようで、10年たっても
同じ給料という人も多いようです。

しかし、仮に、少し給与が高いと言われるドラッグストアなどでもせいぜい
600〜700万位の年収にとどまるようで、転職のメリットがあまり
感じられないというのが実情のようです。

◆ 転職を思い留まる理由その2:どこも人間関係がよくなさそう・・・

また、調剤薬局などで人間関係の悪さに悩み転職を考える人も、別の調剤薬局や
ネット上の噂などを聞くにつけ、転職したらさらにブラックなところだった!
ということになるのを恐れて転職を思い直す、ということがあるようです。

引く手あまたの薬剤師さんでも、転職を思いとどまる理由は、

・転職しても給与水準が意外にあまり上がりそうにない
・転職した先がまた人間関係の悪い職場かも、という不安

が多いのかなと思います。

あなたがいまもし転職を考えているのであれば、ここらあたりをよく考慮に
入れた上で、少し転職を先送りすることも考えてみた方がいいと思います。

純粋に、キャリアアップしたいとか、ドラッグストアなどのお店を
マネージメントしたいとか、希望があれば別と思います。

ただ、ドラッグストアも、急に転勤を言い渡されたり、デメリットはある
と思います。いづれにせよ、慎重にご判断ください。

大阪・兵庫、あるいは関西で真剣に薬剤師転職を探したいのなら、
ココ↓↓↓




ドラッグストアの薬剤師の仕事内容って、どうなの?

February 26 [Thu], 2015, 0:19
ドラッグストアというのも、薬剤師の求人数が多い職種のようです。
調剤薬局のように離職率の高さのメインの理由が職場の人間関係という
わけではなさそうです。

むしろ、その仕事内容に理由がありそうです。

ドラッグストアの仕事は、そこに並んでいる商品を見ればわかりますが、
かなり多岐にわたるようです。

トイレットペーパー、化粧品、シャンプー、お菓子、ドリンク、サプリ、
おむつなど、まるでスーパーのような品揃え。

ドラッグストアの薬剤師は、調剤のかたわら、その店の管理業務を任される
ことが多いそうで、商品のレイアウトを店員に指示したり、店員のシフトを
決めるなどの労務管理、仕入れの発注業務なども薬剤師の仕事だったりします。

ただ、あくまでこれは会社や店舗にもよりますが・・・。

そういう環境もあって、薬の調合作業中に別の仕事が割って入ってきて
ろくに調剤作業が出来ない、、、薬の仕事がもっとできると思ったけど雑務
ばっかり、、、などの不満をかかえて転職する人もいるようです。

でも、こればかりは、その人の適性や好き嫌いの問題でもあります。
薬の仕事よりもむしろ店の切り盛りをするのが好き、など、お店を
任されることへのモチベーションが高い人には向いている職種と言えます。

調剤薬局って、ブラック企業ばっかり?〜ネット上の話題〜

February 25 [Wed], 2015, 20:08
薬剤師さんにもいろいろ職種があって、病院に勤める病院薬剤師、
ドラッグストアに勤める薬剤師、そして調剤薬局に勤める薬剤師
などがあるそうですね。

その中でもネット上で話題が目立つのが、調剤薬局の薬剤師さん
に関する話です。薬剤師さんが勤める先としてもっとも一般的
なためか、調剤薬局の話題が多いように感じます。

で、やはりというべきか、多い話題は、“職場の人間関係の悩み”。

調剤薬局に限らず、薬剤師の職場というのは専門性が高く、それゆえ
閉鎖的になりがちなところが多いようです。そして外部の第3者から見ても
ブラック企業なのかとか、それが判別しにくいという特徴があるようです。

調剤薬局は、パート薬剤師や正社員、事務員合わせて4,5人で回す
ところが多いようですね。

その人数の中で例えば管理職である管理薬剤師が横暴だとか、
人間関係が悪いと非常にストレスになりますよね。

調剤薬局、それからドラッグストアの求人が世間では多く出ている
らしいのですが、調剤薬局については、その職場の離職率の高さが
求人の多さの理由の一つになっているようですね。
P R