MR職からの薬剤師転職は厳しいのか?

December 26 [Thu], 2013, 3:33

MR職は薬剤師資格を活かせる調剤業務などと違い、

医薬品の情報提供や収集活動といった営業業務がメインなので、

薬剤師資格を持っていてもMR職の経験しかないのであれば、

薬局やドラッグストアへの転職は未経験職種への応募となります。


この場合は年齢的にも20代から30代前半の

なるべく早い時期に転職した方が良いでしょう。


年収的にも企業の方が高い傾向にあるので、

年収を維持するのは困難になってきます。


ですから、希望条件で年収を維持しながらの転職を目指したい場合は、



薬剤師の転職エージェントを利用した方が良いです。

調剤未経験者を歓迎する職場を探すことができても、

自分で年収アップの交渉をすることは難しいからです。


転職エージェントのコンサルタントと相談しながら、

MRで培ったコミュニケーション能力を武器にして、

転職活動をするのが転職成功の近道です。


私も薬剤師の転職エージェントを何社か利用しましたが、

交渉力の高いエージェントを選ぶのが良いです。


ここは大手で条件の良い求人先をたくさん紹介してくれましたので、

最終的に希望通りの転職ができました。

おすすめです。

>>リクナビ薬剤師

















【MR薬剤師 転職クチコミ】

製薬会社を辞めた薬剤師の転職理由から考える|製薬会社で働く薬剤師の転職理由として多いのは、仕事内容に関する悩みがダントツとなります。製薬会社の場合、MR職を筆頭として給与面・待遇面では他の業種・職種と比較してもかなり恵まれているので、その部分に不満を感じる方はほとんどいないようです

MR薬剤師が転職するときの強みとは-役に立つ薬の情報〜世の中には、企業で働く薬剤師も多数存在します。その中でも、MR薬剤師の数はかなりの数を占めます。そして、元MR薬剤師が病院や調剤薬局、ドラッグストアなどの薬剤師として転職し、活躍するパターンは数多く見受けられます。

MRから薬剤師へ転職を考えています。29歳女です。今の仕事が嫌いな訳ではないです(ストレスは人並みにあります)が、薬剤師の資格を将来的に使いたいと思っています。なので薬剤師未経験のままさらに歳を

薬剤師からMRに転職する人が増えている-薬剤師を辞めてMR職を目指す人が増えているそうです。生活はがらっと変わりますが薬剤師より待遇がいいので目指すのだそうです。企業側も少しずつ薬剤師を採用しているようです。。

MRから薬剤師に転職したい諸先輩方に質問させてください!MRから薬剤師に転職したいと考えております。(病院薬剤師を希望しています。)売上を上げるために、「適切でない」又は「よく分からない」と思いながら、薬を売り込んだ

薬剤師からMRへ転職する-MR転職サイト。薬剤師からMRへ転職をお考えの方向けのコンテンツを掲載しています。人材紹介会社を利用してMRの求人・募集を探されると良いでしょう。

薬剤師mrっていうお仕事があるのを知っていますか?薬剤師mrになりたい人はネットの求人サイトへそのような素晴らしい専門職である薬剤師mrの仕事ですが、その一方で大変なのは、医師に気を使う必要が生じたりすることです。医師を接待したり、機嫌を取らなければならないこともないわけではありません。

MRから未経験の調剤へキャリアチェンジ、年収維持も-リクナビ薬剤師。MRから未経験の調剤へキャリアチェンジ、年収維持も同時にクリア〜薬剤師の転職成功事例|薬剤師求人転職アルバイトパートを探すなら【リクナビ薬剤師】

薬剤師の転職情報|MR・メディカル転職ならリクルートエージェント。リクルートエージェントのMR転職などメディカル・医療業界向け転職サイト。薬剤師の仕事情報を掲載。求人情報、転職成功事例、転職Q&Aなど。完全無料で転職支援。つぎの私は、プロとはじめる。

MRと薬剤師|薬剤師・登録販売者のQ&A【OKWave】そのときに転職するとなると、薬剤師として全く経験がなかったなら、薬剤師過剰のためどこも採用してくれないかもしれません。薬剤師として将来働くなら、MRではなく、病院薬剤師や薬局薬剤師として将来生かせる知識を身に着けた方がいい
P R