【薬剤師転職】薬剤師としてCRCに転職する CRCの仕事項目

October 26 [Mon], 2015, 13:32
●薬剤師として転職し治験コーディネーター(CRC)になる

薬剤師として飛躍する状況として、治験コーディネーターの存在があります。

治験に関しては、最初に、その患者さんが抽出となる治験に一致していなければなりません。

治験に適合しているかどうかについて全体的には、患者さんの年齢や、治験薬の抽出になる疾患をもっている事、また、他の疾患を発症していない事、併用薬等の課題があります。

患者さんが医療機関に訪問した時には、選択基準に総合していて、除外基準に一致していないかどうか確認を実施します。

では、ここで治験コーディネーター竹村さんの仕事項目を確認していきましょう。

●治験コーディネータの仕事について

はじめに用意として、治験を開始に関して、医師の生成した患者さんへの承諾文書の項目確認を実施します。

治験には抽出される患者さん自身の承諾書が必要になります。

次に、看護師や事務等、医療組合におけるスタッフに発信して、どのような治験を実施するのか解説を実施します。
看護師、事務職に発信しても治験を行う事通知し、実施手段等を理解してもらうことでスムーズに実行していきます。

これら一切の確認を完了したら、治験に関連しての説明を、医師の指揮のものと実行します。

最終的に許可を取るのは医者となります。

治験コーディネーターは審査といった状況は実施しませんが、医者の指揮により患者さんに実際に、全体的な説明を行います。

また、抽出される患者さんの診察検査に一緒にします。

患者さんのギモンや質問に回答し、毎週どのような診察を行っていくか定めていますので、これに沿って看護師に処置及び診察の注文を実施します。

計画に従って治験を進めていく為の調節を実施します。

治験はコストが発生してきます。

計画を早急に進める為に、色々な調節仕事を実施するという事も、治験コーディネーターの業務です。

業務における費用の分配について、その診察では費用のどこまでが製薬会社側の負担になるのか、治験とは違ってくる治療項目については、患者さんの実費となるか、といった費用を区分する仕事です。

また、治験を予定通りに実施できるように、患者さんと治験外来の日程の調整を実施します。

治験の担当医については、院長が指定することとなりますので、その医師が診断を実施を実行できることが可能な日にちに予約を開始します。

患者さんが戻った後のアフターケアについて、電話等で説明を実施、患者さんの疑問や質問を聞いたり、体調不良が発生した場合の窓口という重役も大事です。

そうして、医者に向けて『発症報告書』の記入についてのサポートを行い、カルテの転記を施します。

薬剤師転職情報はこちら

sooda!
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yakuzai937/index1_0.rdf