ジュニパー 

2012年05月08日(火) 15時05分
この精油の名前はあまり聞きなれないものですが、お酒の「ジン」と言えば、ご存知の方も多いでしょう。
「ジン」特有のあの香りは実はジュニパーの香りなのです。原植物はヒノキ科の針葉樹で、黒くて小さな実をつけます。この実を蒸留して抽出したものが、精油のジュニパーです。
発汗を促し、尿を排泄する作用、体内の毒素を排泄する性質をもつと言われています。
「風邪気味かな今日はお風呂に入るのはちょっと・・・」と思われたときは、ジュニパー精油で足浴を行なってみて下さい。汗が出て少し楽に感じることでしょう。ただし、いつもより水分を多めに摂って、ゆっくりと体を休ませる事を忘れずに

アロマ 

2009年03月02日(月) 11時43分
若葉のすがすがしい季節となりました。
みなさんいかがお過ごしですか?
新しい環境に置かれ早一ヶ月。少し疲れた顔をしている方もいるのでは。。。
心や身体の声にそっと耳を傾けてみて下さい。何か語りかけているようでしたら、アロマでホッと一息ついてみませんか?
今回はセルフスキンケアについてご紹介します。

【スキンケアのある精油】
普通肌用ゼラニウム・ラベンダー・カモミール・ローマンなど
敏感肌用ラベンダー・カモミール・ローマンなど
脂性肌用ゼラニウム・ネロリ・ローズマリーなど
乾燥肌用カモミール・ローマン・ネロリ・ローズオットーなど

<主な精油のプロフィール>
ゼラニウム・・・バラの香りのような優しい香織を持ちます。女性ホルモンの調整に優れており、
          月経前の不快な症状を和らげます。また、体内毒素を排泄する効果もあると言わ
           れています。

ラベンダー・・・原産はヨーロッパのアルプス地方にある高原地帯です。日本では富良野で香料
           を取る目的に明治時代から栽培が始められました。
          鎮静効果・消毒・殺菌・抗ウィルス効果があると言われています。

カモミール・ローマン・・・リンコを思わせるような香りで可憐な印象の中にも、自己主張のある強さ
                を持つ香りです。痛み、月経前の不快な症状、女性特有のさまざまな症
                状を和らげます。

<バスオイル>
植物油20mlに上記のような精油1〜5滴を入れ、よく混ぜ合わせて入浴してみてください

(≧∧≦) 

2007年11月16日(金) 11時00分
更新が遅れています。
すみません
次回の更新はなるべく早く出来るようにしますね

グレープフルーツの紹介 

2007年11月12日(月) 17時31分
『グレープフルーツ』
爽やかでスッキリした中にも、苦味と力強さのある香りは、精神を安定させ、積極性と実行力をつけてくれます。リモネンという成分による食欲増進効果をもつ反面、リンパ系を刺激し体内の水分滞留の解消に役立つので、セルライト解消にも良いでしょう。また、肌に張りをもたせ、血行促進します。アロマバスで、冬の間にたまった脂肪を燃焼し、心身ともに豊かな春を迎えられてみませんか?(注:使用後は12時間程、肌を強い紫外線にさらさないようにしましょう。柑橘系に含まれるベルガプテンという成分が、紫外線と反応すると、まれに皮膚に炎症をおこすことがあります)                                                                 

沐浴法(入浴時に香りを使う方法)の紹介 

2007年11月09日(金) 17時30分
もうすぐ、春のおとずれが感じられる季節となりました。アロマテラピーで、爽やかな春を迎えられるよう、ほんの少しだけお手伝いが出来ればと思います。今回は、沐浴法(入浴時に香りを使う方法)をご紹介しましょう!!  
 *沐浴法(アロマバス)
 浴槽にお湯を張り、5滴以下の精油を落とします。湯を良くかき混ぜ、香りの湯気が立ち上がったところで、ゆっくりとつかりましょう。(精油には、水に溶けにくい性質があるので、5ml程度の植物油などに薄めて使用すると良いでしょう)精油の種類によっては、肌に刺激を感じる場合もあります。その場合は、ただちに洗い流しましょう。半身浴の場合は、3滴以下の精油を落とし、汗が出るまでつかりましょう。

ティートリーの紹介 

2007年11月06日(火) 17時26分
オーストリア原産の常緑の低木又は高木で、湖沼の土手などに多くみられる植物です。この名がありますが、「お茶の木」ではありません。ですが、葉を乾燥させてお茶にすることもできます。離れた所からも香りが風に乗って漂ってくるほど、強い香りを持つ植物で、オーストリアの先住民アボリジニーが古くから傷薬として用いた森のハーブです。 強い殺菌力を持ち、免疫力も高めます。みなさんも良くご存知と思われる『ペパーミント』や『ユーカリ』精油とブレンドして吸入法を行うと、あることに効果的なのです。頭がスッキリ、鼻通りも良くなり、呼吸が楽に感じられることでしょう。さて、もうお分かりですよね!!そう、花粉症の症状に効果があるのです。ただし、ペパーミントをブレンドする時は、刺激が強いため、ぬるま湯を用いてください!!睡眠不足、生活リズムの乱れも花粉症の症状を悪化させます。今年の春は、規則正しい生活と、これらの精油で乗り切りましょう!!    

吸入法の紹介 

2007年11月02日(金) 17時12分
吸入法(積極的に香りを吸い込む方法)について、ご紹介します。
*吸入法
洗面器やマグカップなどに熱めのお湯を張り、3滴以下の精油を落とし、立ち上がる香りの湯気を吸入して楽しみます。 この時、目は閉じておきましょう。 (ブレンド時は合計3滴以下)洗面器を使用する場合は、湯気が逃げないようバスタオルなどを頭にかぶると良いでしょう。湯気が立たなくなったら精油ではなく、お湯を足しましょう。(注: 喘息の方は刺激が強いため、避けて下さい!!)

相互サイト 

2007年02月02日(金) 14時27分
キシングローン比較

相互リンクの登録はこちら








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美人薬剤師
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる