【 更新情報 】

スポンサード リンク

厄年の厄払い、早生まれはいつ?

厄年には、神社などで厄払いをしてもらう風習が日本にはあります。
「迷信でしょ?」と厄払いをしない人も多くなっているようですが、「節目の風習はきちんとやりたい」という人もまだまだ多いでしょう。

ところで、厄年っていつか、知っていますか?
地方によっても違いがあるようですが、男性は25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・37歳を言うのが一般的で、とくに男性42歳と女性33歳は、もっとも凶事に遭いやすい「大厄」と言われます。

ここでよく聞くのが「早生まれの場合はどうなるの?」というギモン。
結論から言うと、早生まれは関係ありません。

厄年は数え年で考えるのが普通。
つまり、元日を境に1つ歳をとるという数え方なので、そもそも数え年には「年度」に則した「早生まれ」という考え方はないんです。

…というわけなので、「私は早生まれだから」なんて勘違いしていて、厄払いをし忘れちゃった〜〜なんてことのないように。
もっとも何事もなければ、1年間気楽に過ごせた分、それはそれで良いと思いますが(笑)。

厄年の厄払いとその他の風習

厄年とは、いわゆる「災難に見舞われやすい年」のことを言い、日本には古くから、厄年に神社などにお参りして、厄払いをしてもらう風習があります。

たいていは、大晦日や元日の初詣に厄除けのお守りを買ったり、厄払いの祈祷をしてもらったりする人が多いようですが、地方によって風習も様々。

なかには、厄払いの祝宴を開く、という風習もあるんだそうですね。
これは招いた人に厄を拾ってもらうためなんだとか。

私は知らなかったんですが、きちんと引き出物を渡し、厄年が無事に終わった暁には内祝いも贈るんだそうです。
私の地元はあまりこういったことにうるさくないところなので、ちょっとびっくり。
でも他にも、色々な風習が日本人の心には根付いているんですよね。

例えば節分の豆まきだって、言ってみれば厄と同じように災いが来ないようにする儀式。
でも難しく考えずに、イベントとして楽しんじゃってますよね。

厄払いに対する考えも、あんまり真剣に考えすぎるよりは「風習だしやっとこ」と楽しむくらいの気持ちでいいんじゃないかな〜と思いますが。
…だめ?

厄年 神社の厄払いの金額(玉串料

厄年の「厄払い」、皆さんはする派ですか?しない派ですか?

そもそも「厄年」とは、何かしらの厄難に遭う恐れが多いと言われる年齢のことで、一般に数えで女性は19歳と33歳と37歳、男性は25歳と42歳と61歳を言います。

その災厄が身に降りかからないよう、お寺や神社にお参りしてお祓いしてもらうのが「厄払い」です。
必要な金額(玉串料)は神社によっても違いますが、5,000円くらいで行えるところから数万円するところまであり、同じ神社でいくつかのコースが選べるところもあるようです。

この金額の差、結局何かと言えば、帰りにいただくお札などの違いのようですね。
高いコースほど、お札が大きい、とか(笑)。

最近では神社にもホームページのあるところが多く、金額表が載っていたりしますので、確認してみてください。
まあ、金額が安いと厄が残るかも…?なんて心配はしなくて良いと思いますよ。

ちなみに私はしない派ですが、決して厄年や厄払いを否定するわけではありません。
私としては、結局は気持ちの問題だと思ってるのです。

厄払いを受けることで、厄年を気にせずにその一年心健やかに過ごせるのなら、それはそれで意味のあることなんじゃないかな〜、と。
P R
カテゴリアーカイブ