平凡な一日。 

2005年11月17日(木) 14時37分
今日、付き合ってる人にいきなり
私、前世が見えるんだよ。
って言われました。・・・(゜_゜;)

あぁ、うん、前世ね。たまに見えるよね。・・・うん。



バイト帰りに電車に乗り、端っこの席に座ってしばらく本を読んでました。混み合って来たのになぜか俺の隣だけは空いています。なぜ??
ふと横を見てみると、一つ席を置いてそこにはボロンボロン泣き崩れている女性がちょっと俺向きに座っています。

・・・え、俺泣かせてないですから(゜口゜;)))
みんな、俺の隣、空いてるょ・・・。


部屋でのんびりしてると親がノックしてきました。ちょうどメールしてたのでめんどくさくて、そっけなく返事をしたところ、
母「明日何するの?晩御飯・・・」
俺「あ、明日旅行だからいらなぃ・・・」

親の手には明らかに晩飯代の2000円とお寿司屋さんのチラシが。

っお母様!!僕お寿司食べたいですぅぅぅ(ノ;口;)ノ



こんな平凡な毎日です。四月まで暇人。

オペを開始します〜第六話〜 

2005年11月04日(金) 14時57分
とっても痛い注射を打たれてしばらく経って・・・
まあそのうち麻酔が効いてきてまったく何も感じなくなるんですが・・・  足はね(-_-)

徐々に真剣な空気が流れ始めるんですよ、彼らの中には。でも頭上ではずっとアヤヤさんが熱唱してるわけですよ。しかも先生一人でやる手術らしいので、研修と看護婦はいるけどどうやら誰も助手をやらない。つまり
「メス。」  「はい。」
みたいなのがない!つまり誰も一言も口を利かない部屋でしゃべるのは(歌うのは)松浦さんとこのアヤヤだけ脳みそは恥ずかしさを感じまくりです。

そしてその異様な状態が続くこと15分(多分)。曲は
SHALL WE LOVE」(シングルバージョン)。
多分もう誰も松浦亜弥のことなんか頭の端っこにも残ってないんだろうな。

   ♪寂しくないよ〜、寂し〜くなんかないよ〜
      寂しくなんかないよ〜ないよ〜WOW♪



・・・うん寂しくなんかない(TT_TT)うぅ・・・。



そしてここでオペ終了。
「はい終了です!お疲れ様〜。よかったね。これで終わりです☆」
先生と研修はさっさと次のオペ室へ。終わってみると意外と普通(オペ自体は)だった。摘出されたマメ?を見てみたけど、5o四方のただの肉片て感じでグロくはありませんでした。まあこれが足の親指から切り取られて、ぽっかり穴が空いていることのほうが恐怖です。
まあともあれなんとか無事に終了しましたm(__)m


そして着替えてお礼を言って手術室を後に。いろいろ思いながら。

「はぁ、だいぶひどいことになったけどいい経験ではあったかなぁ。大学四年間で一応こういう度胸はついてたみたいだってわかったし☆それにしても、医者も看護婦もみんな優しかったなあ。いい病院でよかった。やっぱり痛いしお金もかかるから病気にはなりたくないけど、ここだったらまた来てもいい─」





オバサンちょっと〜!!ヤクシジさ〜ん!!アヤヤ忘れてるわよ〜!!


大声で言うなぁぁぁ(ノ ̄皿 ̄)ノ!!!

もう二度といくか

オペを開始します〜第五話〜 

2005年11月03日(木) 1時21分
ようやくオペが開始・・・。
先生 「ふう、さて始めるか。じゃあ麻酔を打ちまーす。すっごく痛いよ☆」
この先生めちゃくちゃ適当な感じだなぁ
       ♪時代をちょ〜ぴと先取るぞ♪
オバサン「ちょっとぉ、そこまで痛くはないでしょ」
ですよね、あーまじ恥ずかしいなあこの曲
       ♪ファッション雑誌を開くのじゃ♪
先生「えぇ?痛いよぉ。はいじゃあいきます!」
       ♪すんげ〜すんげ〜すんげ〜「ドズッ!」



「い゛っ・・・いでぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」



─死ぬかと思いました。針が足の親指の骨まで達してるのがビンビンに感じられました。声が出たのは最初だけ。それからはうめき声しか出ません。

「い゛っ・・・・・ぐっ・・・・う゛・・・(>_<;)」


あまりに痛そうにしてたのか、オバサンが心配そう。やっぱりいい人みたいだ。それに引き換え先生は

先生「えぇ、いく?いっちゃうの?そんなに気持ちいいの〜?」


・・・バガ野郎かお前はぁぁ!!!んなわけあるかぁ!!死にそうだ〜痛い〜助けて〜       (続く)

オペを開始します〜第四話〜 

2005年10月28日(金) 14時13分
役者も揃い、遂にオペが始まる。
先生がおもむろに立ち上がり口を開く。緊張の一瞬。


「ミュージック、スタートゥ☆」

先生おちゃらけすぎだよ・・・(T_T)


軽い突込みを心の中でつぶやき終わったかという刹那、それは狭いオペ室中に鳴り響く−

「ドドンッ♪Yeah〜めぇっちゃ・ホーリデー!!」


いやあぁぁぁ〜〜(≧皿≦;)!!!助けてくれ〜!
・・・絶対、絶対に、みんな心の中では笑って・・・





先生「うはははは!アヤヤだぁ〜


先生声に出してるょ(゜▽゜;)


それにつられて残りの女性陣(若者二人、おばさん一人)も話し出す。

若@ 「アヤヤファンの人なんですね〜。」
オバサン「これ誰なの?」
若A 「アヤヤ☆知らないですか?」
オバサン「え、知らないよぉ!有名なの?」
先生 「だからアヤヤだって☆」
オバサン「えぇ!?誰なのよ?」
先生 「松浦亜弥だよ〜、知らないなんて○○さんも年だねぇ」
オバサン「あぁ、松浦さんね!ありゃりゃってずっと言ってるのかと思ったわよ」
皆  「わはははは!!」



早く始めろぉ!!(ノ≧皿≦)ノ   (続く)

オペを開始します〜第三話〜 

2005年10月27日(木) 13時36分
(前回の続き)
「す・・・すいません、手術中にCDかけられるって聞いたんですけど・・・それってイヤホンとかで聞けるって事です、よね?」
「あー、わかんないわ。とりあえず預かっとくからCD貸して。はい、これね〜☆」  ひょい。
あああああー、おばさんだめですよ!!まだイヤホンかどうか聞いてなぃ・・・。

ヤクシジは盾を奪われた。

二分後、促されるままにオペ室に入る。中には中年医師(男性)が一人とさっきのおばさん(どうやら看護婦のようだ)。
「じゃあ準備始めようか。あ、CDかけるんだってね〜。あれ、まだかかってないね?」


  「あれ、まだかかってないね・・・」
     「あれ、まだかかってないね・・・」
        「あれ、まだかかってないね・・・」


みんな聞けちゃうんだぁぁ〜〜( ̄口 ̄;)!!!

冷や汗をかきながら台の上にうつぶせになり、一人ガタガタ震える俺。でもどうやらこの部屋には医師と看護婦の二人しかいないみたい。しかも大分気さくな二人組み。なんかとってもいい人そうです。これなら恥も笑い飛ばすことで最小限に抑えられるはず!これ以上人が増えなければ・・・・

ウィーン・・・「研修で見学に来ました〜☆」


人きちゃった〜〜( ̄口 ̄;)!!!


先生「お、可愛いのが二人もきたね〜☆」


なんとお若い女性〜〜(≧口≦;)!!!
お美しい〜〜!!しかも二人〜〜!!


もうだめぽ・・・・。    (続く)

オペを開始します〜第二話〜 

2005年10月25日(火) 1時20分
はい、そんなわけで築地は聖路加病院形成外科外来小手術室にて手術を敢行してまいりました。前回書いたように装備品は
診察剣(一応、誤字じゃないです)」
遊び人の服(私服ね)」
アヤヤの盾(・・・アルバムです。これが呪われた装備品だとは!!)」

そして脳内にだけバイキルトをかけて、いざ出陣☆!!
とはいうものの、やはり手術なんで緊張・・・。しかも病院なんかでアヤヤ〜とかふざけて怒られないだろうかしら。

不安と共に病院内でまずは診察券を受付嬢に手渡し。まずいことに今日は結構空いているらしく、サクサクと準備が進む。

・・・あ、やべ。まだ心の準備が(>_<;)))ガクガク 早速着替えが済み、

「その荷物は今ロッカーの中に入れてください☆」

さっそく難関到来。ここでCDを取り出しておかないともう後で取りにはこれなさそう。しかし真面目な雰囲気の院内で果たして松浦亜弥なんて取り出せるのか
しかも、以前の日記を書いたあとにも思ったんですが、CDってただイヤホンで聞けるだけだったりしないんだろうか、という企画の根底を揺さぶる不安が頭をよぎる。
いや、むしろもうこれは期待だ!そうだ!イヤホンなら俺がCDかけられずじまいのチキンにもならず、恥ずかしくもないはず
完全にビビリがはいってる俺・・・でもここでCDについて切り出さないととにもかくにもせっかくの企画が!!
イヤホンじゃなかったら「あ、じゃあいいです」って言っちゃえ。もうそれでいいよ。それでいいから。いけ、行くんだ俺。いけるのか・・・いけるのかぁ、俺ぇぇ・・・・。 つづくぅ

オペを開始します〜第一話〜 

2005年10月23日(日) 13時03分
最近足にマメ(腫瘍?)ができまして、20日に手術をしました。しばらく運動もできないのでなんとも悲しいです。
ところで、手術って面倒ですね!まずは通院三回(うち二回は先生と話すだけ、残り一回は採血やらなんやら)、そしていろいろな書類を書かなきゃいけないみたいです。まあ僕の場合当日に帰れる「外来手術」と言うものだったのでそこまで大変じゃないんですが。
そんなわけでオペ当日持って行く書類をチェックしてみました。ご丁寧に必要書類・持ち物等一覧がついてます。こういうとこ無駄に気をまわすなら通院回数減らせ・・・とか思いながらもひとつずつ確認。

・まずは手術の同意書−これがないと手術が傷害罪になっちゃうってやつですね。これにはHIVの検査同意書とかまで付いてます。個人情報保護法の煽りでしょうか?めんどい。
・次に問診用紙−通院のたびにどこが痛いとか毎回書かされました。めんどい。お前ら一回で言うこと理解できないガキンチョか?
診察券−オペとか大事なときに診察券忘れる人はいません。
保険証−ここまで書かれてるってことは忘れる人が多いんだろうか?おじいちゃんとか用なのかな?
そして、



お好きな音楽CD(オペ室スピーカーでかけられます)−・・・・!?


ぅえええええ!?
手術中にCDかけられちゃうの?「メス!」とかいってる後ろでアヤヤが歌っちゃうのマジでホントに持って行きますよ?かけちゃいますよ?やりますよ?当日いきなり「そちらのCDはちょっと・・・」とかなしですよ?

というわけで、俺やってきちゃいます


てかすんごいヘビメタとかお経とか、いやがらせで患者が変なCD持ってきたらお医者さんすごいやりにくいだろうなあ。なんでこんなサービスついてるんだろう     (続く)

さっそくの挫折・・・。 

2005年10月22日(土) 19時25分
とりあえずはミクシーでやってる日記をこちらにコピーしてやろうと思い、最近書いた「手術のお話」を(実は手術したんですよ)コピー・・・。

おおっなんと色とか付けられるじゃないの☆大きさも変えられるじゃないのこりゃすげー調子に乗って着色しまくって、いざ投稿・・・・のはずが

2000文字以内で書いてください


・・・あ゛てめー俺の力作を拒否るのか
てか2000字以内ってどこら辺までだよ

さっそくパソコンにしてやられた・・・。挫折(T_T)
日記のコピーはまた後日でお願いします

ブログ完成☆ 

2005年10月21日(金) 22時41分
とりあえずブログができたみたいです。
これからよろしくお願いしますm(_ _)m
P R
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ココ
» オペを開始します〜第六話〜 (2005年12月18日)
アイコン画像悠圭
» さっそくの挫折・・・。 (2005年10月22日)
アイコン画像悠圭
» ブログ完成☆ (2005年10月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yaklog
読者になる
Yapme!一覧
読者になる