細谷のヒロちゃん

April 23 [Sat], 2016, 4:12
今どきの交代制勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、介護施設に勤務する介護士があります。

外来の介護士であれば日勤のみということもありますが、一般的には病棟の方が必要な介護士も多いので、まだ経験が浅ければ、殆どの人がシフト勤務になるはずです。



実際に、私の妻も子供が小さい時に介護士としてシフトを組んでいた為、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず大変でした。介護士資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。



実際にはどれ程のものなのでしょう。試験の合格率ですが、90%前後となっています。実際の試験の内容も、今までの授業で勉強しておけばそれほど苦労なく合格できるものですから、これといって高難度な資格ではありません。病棟に勤める介護士は、夜間も常に患者のケアにあたるため夜勤で働く必要のある仕事です。夜勤の時間帯については、勤める介護施設が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。
主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。また、3交代勤務の場合、夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。就職しようとしている介護施設が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、早めに調べた上で検討することをおススメします。介護士も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと昇進し、階級が上がることがあります。具体的には、婦長と聞けばその役職も想像がつきやすいですが、これ以外にも、階級ごとに主任や総介護士長といった役職があります。一口に介護士といっても、学生やパート介護士が珍しくなくなってきましたから、正介護士もそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。交代制で夜勤もこなさないといけない介護士の仕事は、時間が不規則になります。


規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は大変多いようです。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったら安心して託児ができる施設などがなければまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。
とは言え、近年においてはもう一度介護士として働くことを希望する人も少しずつ増え始めています。ドラマのようには上手くはいかないのが介護士の仕事です。

普通の業務だけでも多忙を極めるのに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、時間通りに帰れないということはよくあるのです。それでも、多忙を極めていてくたびれている時でもにこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。さっきまで愚痴っていた人がすぐさま笑顔を向けられるのだから、介護士は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。

昔から、介護士は比較的高給のイメージがあります。

介護現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的などハードな職業ですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると安定して高給だということが目立ちます。


景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。こうした安定性と給与の高さから見ると、人気のある職業に介護士が挙がる理由も分かりますね。

介護士は良い給料をもらってはいますが、内実は夜勤手当があることによって総額が上がっている場合が多いです。ですので、「いいお給料で介護士をしたい」というのならば勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤がある勤務先を選択してください。


夜勤で勤務できるかどうかで貰える給料が大きく異なってきます。

多くの介護施設で介護士不足が叫ばれていますが、これは社会問題に繋がっています。その原因として代表的なものは、介護士の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。介護士による医師の補助行為が認められ、介護士が覚えなくてはならない仕事が増えて、労働時間が長くなり、休みも簡単には取れません。また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に介護士の職を離れる人も珍しくないのです。介護士資格の最大の利点は、なんといってもたとえブランクがあったとしても、再度職に就くことが可能だということでしょう。
これはなぜかというと、介護士が専門職であることに加え、看護の現場の慢性的な人手不足の問題が深く関与しています。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は状況次第で普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。

交代制で働く介護士の、勤務終了前の大事な仕事として、多くの介護施設では、申し送りを行っています。


入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、看護の業務に必要な諸々について直接、顔を合わせて報告するというものです。
患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話すことが大事です。申し送りは、素早くスムーズに行うことも大事なことになります。たくさんの人と出会える街コンですがこういったイベントに出る介護士は多く存在しています。職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚したいと思っている介護士をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。「介護士」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。
けれども、もしも新しい出会いがあっても休日が合わないために結局は別れてしまうケースが多いそうです。多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と関わらねばならないため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに気を配っておきましょう。
介護士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、まずは清潔感を重視した髪形にすることがポイントです。

介護施設の雰囲気や方針次第で、介護士の髪形に対するルールが違うことを覚えておきましょう。
介護士の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてカタカナでエッセンと書く言葉があります。これは、食事をとりに休憩してきます、ということを勤務している他の人に知ってもらうために普段から使用されているようです。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。


一昔前、介護の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、現在までその習慣が微かに残っていて現在に至っても普通に使用されているようです。

大方の場合、介護士として働くことは大変ハードだと認識され、労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。



介護施設勤務で、二交代制だった場合、途中で休憩を挟みはしますが、合計勤務時間が16時間になることも。長時間勤務がザラだということも一般的に、介護士の勤務というものが大変だと思われる一因だと思います。
介護士という仕事が激務であることには異論の余地がありません。
勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、もし容態が急に変わったら大事になりますし、検温や血圧測定、動けない人の介助もすべて介護士の仕事となっております。
緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、目が回るほど次々と仕事が飛び込んできたりもします。



公務員と介護士を両立する方法は、国公立介護施設や公立機関で働くという方法です。

実際、介護士の職業は専門職で長く勤務することが出来る安定した仕事だということで高い人気がありますが、さらに公務員の待遇が付加することでさらに安定した職業になると言えます。
給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは魅力的なメリットです。介護士が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、理解しておきましょう。


これから手術を受ける患者や術後の患者の看護を実践することで、とても勉強になります。

残念なことは、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長い間落ち着いて患者のケアを行えないことが挙げられます。
離職率が高い職業として介護士が有名ですが、やはり、転職率も高いことが挙げられます。

そうした傾向を踏まえ、介護士専門の転職サイトなるものが増えつつあります。

介護士の求人に特化した転職サイトであれば、手際よく自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、現役の介護士には最適な転職サイトだと言えるでしょう。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを併用すると、さらに有利に転職を進めることが出来ます。
介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば2交代制や、あるいは3交代制の形でもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて職員が大きく減ってしまい、そうやって人がいなくなった夜中にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。

そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、大体いつも、日勤より多くなるようです。


結婚相手として男性から人気が高い介護士が、意外と未婚の人が多いようですね。

調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が言えますね。
晩婚になる理由を挙げるとすれば、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、出世を第一にすることで結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。
そもそも介護士といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。そして、求人が途切れるようなことはありません。


もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、丁寧に探してみれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。最近スマホやPCで閲覧可能となっている転職や求人を介護士に特化したサイトがかなりの数があるのです。



なので、会員登録して上手く活用しながら自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。少々昔の話ですが、介護士といえば極端に労の多い仕事であるという風にイメージされていたようなのですが、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できることを、知らない人はあまりいないはずです。



イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。

介護士の給料と言えば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。


要するに介護士は高給を得られる仕事であるのは確実です。介護施設が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、注目されているのが、医師や介護士が不足しているという問題です。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに急患にも応じなければならないので、たくさんの介護士がものすごい激務に追われているのです。

徐々に男性介護士も増加していますが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスが蓄積されたり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる介護士も多いという事実は理解できる話です。当然ですが、介護施設には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、それぞれの科の診察内容次第で、介護士に求められる技術や処置の方法が変わってくるのです。ローテーション研修は、介護士にとってひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、多くの知識を身に付けることが出来ます。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、やる気も湧いてきます。
皆さん想像がつくと思いますが、介護士は女性が大部分を占めているため、一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、比較的離職率が高い職業です。


その他にも、勤務時間がばらばらであることや、ハードな仕事内容であることが原因で最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも離婚へつながる一因とも考えられます。
大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な介護士という仕事ですが、その一方で困難もまた様々なのです。


なかなかきつい仕事であることは確かですし、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、なにしろ介護に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。

大変だと知りつつ、介護士という職業を志望する人が引きも切らないというのはやはり、デメリットに目をつぶることが可能なくらい良い点がたくさんあるということなのでしょう。

あなたは「介護士」と聞くとどのような印象を受けますか?白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、一般的には職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。


ただ、実際の介護士の働き方を見てみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、実際は夜勤や長時間残業をしている介護士がたくさんいます。プラス面だけに着目せずに、現実問題として介護士の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。



介護施設で働く介護士にはそれぞれ階級があります。

階級のトップからいえば、ほとんどの介護施設では総介護士長や看護部長と呼ばれている人たちです。

実際に階級を上げるためには、長い間同じ介護施設に勤めて実績を残しておき、周りの人間の信頼を得るように努力することが必須になります。

当然ですが、階級が高い程、収入も増えます。今以上に自分の介護士としてのスキルを上げたいと希望するなら、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったシンプルな仕事でもないため、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。

向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから別の仕事先を探す人も一定数います。
救急や最先端の介護を行なう大きな介護施設などで働くことにより、自分の介護士スキルの質を上げていこうとする、大変に積極的な仕事の選び方です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑛斗
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yakbpeskmrsarr/index1_0.rdf