ゲーテ『ファウスト』

June 03 [Sun], 2012, 0:17
最近、ゲーテの『ファウスト』と言う本を買いました。

やっぱり、昔から長いこと読み続けられているだけ有って、グイグイと引き込まれます

この本は、ドイツのファウスト伝説を元にした戯曲(舞台の台本みたいなモノ)になっていて、ゲーテが生涯を掛けて(コレばかりではありませんが……)完成させたといわれています。

とはいえ、ゲーテの子供時代には既に戯曲や人形劇として人々に広く知られていたらしいので、当時この『ファウスト』はあくまでも数ある『ファウスト』と言う物語の中の一つだったのではないかと、私は考えています。

その数ある中で、現代に残っているのが、ゲーテのファウストが素晴らしい作品だと言う証明なんだろうなぁ。

そんな、私の持論を長々と書いてから本題に移りたいと思いましたが、余りに長くなったので、一度区切って、また書きます
プロフィール
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yajir0be/index1_0.rdf