基本情報技術者 受験体験記2

May 22 [Thu], 2014, 20:34
現在は2月。春の受験を目標に設定し、どんな計画を立てたら良いのかネットで調べてみた。大体のサイトで200時間勉強が必要とかかれていたので、受験日までに200時間勉強できるような計画表を作成した。

次に資料探しだが、どの資料も同じらしく、とりあえずなんでもいいから教科書と過去問題集を購入。さてさて無事に勉強を開始した。

まずは教科書から15ページくらい読んで2進数、16進数で引っ掛かる。予定では30ページまで進めないといけないのにと焦る。
ネットで調べているとこんな言葉に励まされる、「わからない問題を飛ばす勇気も必要。読み進めていくうちに後になって【なるほど】となってくる」。
今まで完全に理解しないと先に進めなかったが、モヤモヤしたまま進めて行くように心がけ、予定通り3週間で教科書を読み終わる。

「うーん、こんなんで受かるのか」と半信半疑ではあったが、過去問を解いてみる。午前50点、午後60点。「お〜、案外行けそうじゃん!」と思う。

2回目、3回目と過去問を解いてみる。午前50点、午後50点。一向に得点が伸びず、更にこの頃3月半ばで「あと一ヶ月しかない」と焦ってくる。しかし「ひたすらやるしかない」と言い聞かせ5回目、ついに午前65点、午後55点。「やった!やれば出来るじゃん!」と思うが、午後がなかなか伸びて来ない。

ここで午後について何が悪いのか真面目に分析してみる。するとつまらないミスが毎回必ず1問以上あること、時間足らずで解けない問題が有ること、ネットワークとハードウェアとアルゴリズムが苦手であることに気付く。アルゴリズムは必須問題で有るため捨てられないので、すぐさま参考書を購入一週間で読み上げる。
それからネットワークとハードウェアには手をつけず、時間を意識し2分考えてもわからない問題は後回しにし、見直しを必ずするように意識して過去問を解いてみた。

すると6回目、午前75点、午後80点。「お〜!すごい点数出た!もしかして行けるんちゃう!?」と思い始める。
それから7回目、8回目、9回目とコンスタントに合格判定を出し、残りの一週間は復習をしっかりやり、二日前に最後の過去問を解いてみた。すると午前80点、午後58点。一気に青ざめる…。ここまで280時間の時間を費やしてきたのに「まさか落ちるかも…」と。

しかし時間もないのでこれと言って特に特別な事はやらずに不安を抱えた受験日を迎えた…。
次回に続く…
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:桜井 しょう
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1985年11月11日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-巨人戦観戦
読者になる
巨人命!!

アキバシティは日本の宝なり(*≧ω≦*)
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像桜井翔
» クライマックスシリーズ (2009年10月21日)
アイコン画像Ryosuke
» クライマックスシリーズ (2009年10月21日)
アイコン画像桜井翔
» シャカラビライヴ (2009年09月21日)
アイコン画像うさぎ
» シャカラビライヴ (2009年09月21日)
アイコン画像桜井翔
» in神宮 (2009年09月20日)
アイコン画像Ryosuke
» in神宮 (2009年09月20日)
アイコン画像G.G.TAKESHI
» 二回目のエクリ (2009年07月16日)
アイコン画像G.G.TAKESHI
» ねむい(-.-;) (2009年07月13日)
Yapme!一覧
読者になる