深部静脈が働いているかどうか弾力包帯で下肢を巻いて、下肢静脈瘤を固定歩行する

July 31 [Tue], 2012, 12:19
 下肢静脈瘤は手術は現在レーザーによる手術もあります、その他、硬化療法、これは、悪い静脈の瘤内に硬化剤を注入しその内膜に炎症をおこし、静脈の内膜を互いにくっつけてしまったりします、このようにして血液の流れがなくなった不要の静脈はしだいに退化し、下肢の静脈にある瘤はそのうちほとんど分からなくなります。下肢静脈瘤検査の場合、血管の走行に沿ってプローベを当て画像を表出します。蟻力神
 まったくない方もいますが、むくみやだるさ、冷え、かゆみ、湿疹など、個人差はあるものの自覚症状があります。これは静脈血管が正常ではないために水分等の調整機能が上手に働かないからといわれています。ボコボコとこぶになるタイプの静脈瘤が起こりやすい伏在静脈を検査しますので、足の付け根から足の内側を通り内くるぶしの方へかけてと、膝裏からふくらはぎの後ろ側を通り踵の方にかけて診ます。ベニクモ
 深部静脈が働いているかどうかエコー検査、静脈造影、弾力包帯で下肢を巻いて、下肢静脈瘤を固定歩行する等の検査をしないとはっきりと診断できません。下肢静脈瘤そのものは大きな病気ではありません。ただし治療をしなければ、むくみやだるさはなくなりませんし、そのまま放っておくと皮膚の色素沈着や潰瘍にいたる場合があります。ウェイカワン
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/yahookanpoua/index1_0.rdf