撮影をするフォトグラファー・ソ・ジュンラブレイン DVD

December 12 [Thu], 2013, 11:31
「今までときめいた事がない。ときめかせるのが専門だ。」と、笑うラブレイン DVD

「どんな女でも ”3秒で口説く”」と噂を聞いたと言うモデル。ジュンに気があるふりをしても無関心。
理由を聞くと、「面倒なんだ。愛を信じないから。初恋の後遺症だ。」と、プレイボーイを気取るジュン。

モデルを口説くジュンだが、携帯が鳴って驚く。駅のホームでぶつかったハナの携帯が、ジュンのポケットに入っていたの。

携帯を取りに富良野へ向かうチョン・ハナは、札幌農大生、卒業で韓国に戻る予定。

モデルを口説いていると、撮影中止の連絡が入る。「”雪の女王”は陳腐だ。ありふれてる。」と、違うコンセプトを提案してくる。

ニューヨーク帰りのソ・ジュンはプライドが高い。

クライアントの要望に応えるのが困難な様子ね。アシスタントのチョ・スはいつも、間に入って大変みたい。

富良野に到着したハナは、ジュンがいないので携帯にかける。
「撤収しました。そっちが遅いからだ。タイミングが悪いのはあんただろ。」と、言うジュン。
「ひどいわ。取りに行きます。捨てないでください。」と、言うハナ。

コンセプトは自分で考えると報告するジュン。

2回、場所を移動するも、携帯を持ったまま消えるジュン。「ウソでしょ、ぶっ飛ばす!」と怒るハナ。
携帯はハナ1人で取りに行くことに。先輩ハン・テソンは宿捜し。
ダイヤモンドスノーを、一緒に見に行こうとハナを誘うテソン。
「ダイヤモンドスノーは、一緒に見た人と恋に落ちる・・」と言い伝えがある。

先輩もハナが好きみたいな顔ね。ハナの携帯の中、なぞなぞ集があり、勝手に見て笑うジュン。
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yahoodvd/index1_0.rdf