昼帰りの罰が当たりました……

May 29 [Thu], 2014, 17:02
この間、大学時代の友人たちと久々に会う機会に恵まれました。

カラオケ行って宅飲み、と大学生のころと変わらぬ遊び方に懐かしさを噛み締めながら、こたつで雑魚寝をして翌朝、というより翌昼に帰宅しました。

体調の異常に気が付いたのはその時でした。

身体の内側からくるような悪寒と、めまいするようなふらつき。

それでもその日は用事で出かけなければならないので、スーツに着替えて出勤。

途中でマスクだけは買ったのですが、はっきり言って頭がふらついて用事どころではありませんでした。

どうにか用事を済ませて帰宅する頃には、自分でもわかる程度に震えており、同居人に不調を訴えて就寝。

翌朝、目を覚ますと、同居人がおかゆを用意しておいてくれました。

彼女が作った卵粥をすすりながら熱を測ると、38度と久々に見る高熱。
しかし、彼女が昨晩測った際には39.7度まで上がっていたらしく、唸りまくったあげくにうわ言まで言っていたそうです。

どういうことか聞いてみると、彼女は笑いながら教えてくれました。

ずっとうーあーうなされてるな、と思ったら、突然「サイコー」って言ってたよ、と。
微塵も最高の要素なんてありませんから!

しいて言うなら熱の高さが最高温度か。

とにかく、ひどい目にあいました。
皆様、夜遊びもほどほどに。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lucky
読者になる
2014年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ