日本上陸!実物大の巨大恐竜が動き出すライブショーって? / 2010年03月26日(金)
 実物大の巨大な恐竜が目の前で動き回るライブショー「WALKING WITH DINOSAURS」が今年7月から開催される。「アニマトロニクス」というリアルな動きを再現するロボットの制作技術を駆使して作り出された全長20メートルを超える巨大な恐竜たちが走ったり、吼えたりする大迫力のショーだ。横浜アリーナを皮切りに全国7都市、63公演を予定する。チケット料金はVIP席が1万500円、S席が8400円、A席が6300円、B席が4200円。

【詳細画像または表】

 1999年にイギリスのBBCが制作した同名のテレビシーリーズをベースに、オーストラリアのCreature Production Companyが企画。2007年にオーストラリアで初演され、現在は北米と欧州で公演中だ。日本でのショーを皮切りに、中国、香港、韓国などアジア各国を回る。

 ショーは、恐竜の誕生する三畳紀(約2億4500万円前〜約2億800万年前)、黄金期であるジュウラ紀(約2億800万年前〜1億4400万年前)、大陸の分離・移動が進み多用な種が繁栄する白亜紀(約1億4400万年前〜約6500万年前)、そして絶滅までを描く。史上最大の陸上肉食恐竜、ティラノサウルス・レックスなど10種類20体の恐竜が登場する。イギリスの古生物学者のハクスリー氏による解説もあり、エンターテインメントショーだけでなく学術的な側面もある。

 2010年3月25日、企画制作のフジテレビの社屋で開催された制作発表会には、ゲストに矢口真里さんと本上まなみさんが登場。全長6メートルのティラノサウルス・レックスの赤ちゃんも飛び入りで参加して会場を沸かせた。矢口さんは「女の子でも、この迫力は楽しめる」と語りつつも、恐竜の迫力に腰が引けていた。本上さんは、特殊な布を使って本物に近い質感を再現するアニマトロニクスの完成度の高さに驚いていた。

【3月26日7時10分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000001-nkbp_tren-sci
 
   
Posted at 12:54/ この記事のURL
【インタビュー】グーグルが考えるクラウドとは / 2010年03月26日(金)
 “クラウド・コンピューティング”の定義は人によって異なるが、グーグルにとってクラウドとは何なのか。同社で運営上級副社長兼フェローを務めるウルス・ヘルツル氏に話を聞いた。

●「デバイス+クラウド」の世界で両者の区別はなくなる

 今後コンピューティングの世界で、複数のデータセンターで構築されたクラウドと呼ばれる巨大な“コンピュータ”と、携帯可能な小さなコンピュータとだけに集約されていくというのは自然なことに思えます。

 ソフトウェア開発者は、アプリケーションのどの機能がどこで実行されるか選ぶことができます。ある処理はローカルで起こるでしょうし、クラウド側で起こるものもあるでしょう。しかし、ユーザーはこれらを区別する必要はありませんし、心配する必要もありません。われわれは、こうした新しいコンピューティングの世界の入り口にいるのです。

 例えば今朝私は、こちら(東京)に来る前に天候のことを知りたかったのですが、電話のマイク(注:アイコンのこと)をクリックし、「tokyo weather」(東京 天気)と声で検索して天候情報を得ることができました。このとき、音声認識は実はクラウドで起こっていて、デバイスは音声の録音だけをしているのです。音声データがサーバに送られているのです。ユーザーである私は、そうしたことを意識する必要がありません。

●小型デバイスにも同一サービスが提供可能

 ここには、とても大きなチャンスがあります。これまで小さな携帯型デバイスで不可能だったことを実現するものが提供できます。それはまるでデバイス単体で実現しているように見えるかもしれませんが、実際にはデバイスとクラウドで処理を分散しているというようなものです。

 われわれグーグルにとって、クラウド・コンピューティングというのは、仮想マシンを誰かのデータセンターに移すというような話ではありません。もちろん、それがエンタープライズ市場において重要であるのは明らかで、そのことに疑問の余地はありません。ただ、われわれにとってより重要なのは、デバイス単体で実現できないような各種サービスを、PCや小型デバイス、あるいは特定の目的に特化した専用デバイスに提供できる、ということなのです。

 このときに必要なのは、エンドユーザー向けのデバイス、品質のよいクラウドへのネットワーク、クラウド上のサービスインフラだけです。

 デバイスメーカーにとっても、クラウドは魅力的なのではないでしょうか。目的特化型のデバイスを作るのに、今ではソフトウェア開発コストをほとんどかける必要がありません。汎用デバイスと同じソフトウェアスタックを使って、どういうアプリがデフォルトで表示されるかだけをカスタマイズすればいいのですから。

●クラウド時代にはイノベーションは加速

 もう1つ、現在も進行中で、今後5年もすればよりハッキリしてくると思われるトレンドがあります。それは、クラウドによってイノベーションが加速する、ということです。

 クラウドによって、数百万ユーザーに向けてサービスを安全に届けることができます。そこではサービス提供者がソフトウェアに関するすべてを管理しています。実のところユーザーはソフトウェアを所有していません。インストールする必要がないのです。

 このため、これまでソフトウェアの世界で頭痛の種となってきた互換性などの問題がなくなります。6年前に製品のライフサイクルが終わっているソフトウェアを使っている人がいる、というようなことがクラウドでは起こりません。

 クラウドでは、(サービスやソフトウェアの)すべてを最新の状態にしておけますし、すべてのユーザーに対して均一にしておくことができます。これはつまり、開発者が互換性の問題よりもイノベーションにより多くの時間が割けるようになるということです。

 インストール不要で簡単に使えるということ、イノベーションが加速すること、この2点はクラウド・コンピューティングを語る文脈で一般的に過小評価されていると思います。

●将来生き残っていくのはHTMLだけ

 ネイティブ・アプリとWebアプリは、まだ当面は併存するでしょう。現在、ネイティブアプリが必要な場面はあります。ただ私の考えでは、HTML5、あるいはHTML6かもしれませんが、今後はHTMLだけが生き残っていくと思います。

 今は移行期なんだと思います。

 これはエンドユーザーの視点で考えてみても分かります。どうしてアプリに直接“行く”ことができるのに、わざわざインストールをしたいと思うでしょうか? Webページは“インストール”しませんよね? インストール作業がなくなるのは、すごくよいことです。

 WebページとWebアプリの違いはどんどん小さくなっていますし、今後両者の違いは消えていくでしょう。HTML5か、その後継となるものが、そうした世界へいたる道となるでしょう。

●クラウド時代、PCの役割とは?

 すでにデスクトップやノートPC、より小さいPCなどで違いは減ってきていますよね。違いといえば、画面サイズやバッテリ容量などです。将来的には、重要な違いは画面や入力デバイスの大きさだけになってくるでしょう。たくさんキーで入力するので大きなサイズのキーボードを選ぶ、というのは意味があるかもしれませんが、それでも利用するサービスはすべて共通したもの、というように。もちろんCADやデザインの仕事といったように、特殊用途のためにPCの市場は残るでしょうけれども。

 これほど大きなチャンスは、iPhoneやAndroidなどのモバイル端末で“本物のOS”が普及する前には考えられませんでした。クラウドというものもあり得なかったでしょう。なぜなら、すべてのクライアントで同じソフトウェアを使うということは考えられなかったからです。

 iPhoneやAndroid以前には、モバイル向けのブラウザは原始的で、HTML5もなく、JavaScriptも使えませんでした。シンプルなHTMLを表示する以外に何も面白いことができなかったのです。そうした頃と比べると、現在はすっかり世界が変わってしまったのです。

●停滞していたWebは、再び進化の局面に

 HTML5は終着地ではなく、足がかりだと思います。いま何が起こりつつあるかというと、1990年代のような速度の速い進化です。90年代には、ほとんど毎年のようにHTMLやブラウザで大きな進歩が見られたものです。それが、2001年にITバブルがはじけたことなど、いくつかの理由によって停滞しました。過去10年間ほどは、Webの世界の変化はゆっくりしたものでした。

 再びいま、われわれは速い進化のプロセスに戻りつつあるのです。Google Chromeはほかのブラウザベンダの背中を押した形で、Webブラウザのスピードが上がり、標準仕様の実装も進みました。

 HTML5というのは、こうしたWebの進化における最初のステップであって、これで終わりというものではありません。目標は明確です。開発者がWebアプリ開発に必要なものを、互換性のある形で実現していくということです。

 現在はまだネイティブアプリを書く必要もあるかもしれせんが、それが永遠にそうであるとは限りません。ほんの3年ほど前を振り返ってみれば、電話上でWebアプリを提供するなど考えられませんでしたよね。iPhoneやAndroidの登場によって、たった3年でこれが完全に変わったのです。

 さらに今から3年後、われわれが今と同じ地点にいるわけではありませんよね。

●Webプラットフォームとは何か?

 プラグインはとても良いアイデアでした。サードパーティにネイティブのコードを書いてもらい、ブラウザ上で何かするというものです。

 ところが時間の経過とともに、ある種のプラグインはネイティブでブラウザに統合するほうが合理的という状況になってきました。例えばHTML5のvideoバイディングがいい例です。ビデオコンテンツは、もはやWeb上で特殊なものではありません。ブラウザはプラグインなしでビデオコンテンツを取り扱えて、ネイティブでレンダリングできるべきではないでしょうか?

 究極的には、これは面白い論点ですよね。「Webプラットフォームとは何か? FlashはWebプラットフォームの一部だろうか?」。私には答えは分かりません。でも答えが重要だとも思いません。結局のところ開発者にとって大事なのは、APIがオープンで標準化されているのかということだけです。より多くの異なるデバイス上で自分のアプリが動くかどうかが大事ですよね。

 HTML5によってターゲットの市場が大きくなり、アプリ開発が容易になるとすれば、それだけ多くのアプリが登場することになるでしょう。例えば漁師さんだけに向けたアプリとか、チェス愛好家向けアプリといったようにニッチなものも可能で、何も100万のユーザーに使ってもらうアプリだけにチャンスがあるわけではないのです。 3月25日21時14分配信 @IT
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000002-zdn_ait-sci
 
   
Posted at 12:53/ この記事のURL
【K-1MAX】3・27名城信男の弟・裕司「兄の背中を追いかけてモチベーションを上げた」 / 2010年03月26日(金)
 3月25日(木)都内ホテルにて、3月27日(土)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD MAX 2010 -70kg Japan Tournament」の個別インタビューが行われた。トーナメント1回戦で長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾)と対戦する名城裕司(KNETWORK国士会館)のインタビューは以下の通り。

ーー今回は急遽トーナメント本戦への出場が決まりました。今の心境はいかがですか?

「最初はリザーブマッチで話をもらっていたんですけど、小比類巻選手の欠場で繰り上げ出場になって、モチベーションも高いですし、絶対に優勝してやろうという気持ちで練習してきました」

ーーより練習に身が入りましたか?

「自分は常々どんなレベルでもやってやろうという気持ちで練習しています。でも本戦でもやれると思って練習してきました」

ーーK-1の試合間隔が空きましたが、全く試合はされていないんですか?

「はい。試合はしてないです。ただ兄(信男)の合宿とか背中を追いかけて、お兄ちゃんを見てモチベーションを上げて練習をしていました。試合はなかったんですが、周りの選手の試合も生でよく見ていたし、しんどい練習環境に置くことが大事かなと思って、甘えが聞かない練習環境になるように意識していました。練習で手は抜いてないですし、身体のブランクはないと思っています」

ーーでは久しぶりの試合の不安はない?

「不安がないというのは嘘になります。試合はそういうものなので、試合をしていない不安はまた別です。でもそれを忘れて心機一転、優勝を目指して頑張ります」

ーー兄の信男選手からはどんな言葉をかけられましたか?

「『チャンスが欲しくてもめぐってない人がいる。トーナメントに選ばれたのは期待してくれているということだし、そういう覚悟をしてリングに上がって来い』と言われました。そう言われて練習にも身が入って、ケツを叩いてもらいました」

ーーボクシングジムでの練習もされてきたんですか?

「兄の所属ジムで出稽古させてもらって、パンチにも磨きがかかりました。蹴りだけではなく、プロボクサーの方とのスパーリングが勉強になりました」

ーーボクサーとも互角に打ち合えるようになりましたか?

「どうなんですかね。調子にもよりますし、褒めてもらうときもあれば駄目だと言われることもあります」

ーーボクシングへの転向を薦められることはなかったですか?

「周りにもそう言われましたけど、自分が格闘技をやるきっかけが何かと言われたらK-1なので。K-1のリングに上がりたいという一心でやってきました」

ーーキックについてはどちらで練習されていたんですか?

「国士会館の仲間たちとやってきました。しっかり教えてくれる先生がいるわけではないのですが、道場の後輩たちと自分も教えながら練習しました。それで自分が教えられることがありますし(後輩たちも)ミットを持ってもらえるレベルになっていたので問題なかったです」

ーー対戦相手が長島選手に変わるというのはいつ頃お聞きしたんですか?

「先週の半ばくらいで、急に話をいただいたので、正直『えっ!』と思いました。驚きもあり喜びもありました」

ーー長島選手とは一度、スパーリングをしたことがあるそうですね。

「はい。一度、拳を交えたことがあります。その時は自分とよく似ているイメージで、パンチでガツガツ打ち合う感じでした。ただスパーリングをしたのが随分前なのでもう参考にはならないと思います。それで作戦のイメージがぶれたというのはないですし、全力で闘いたいです」

ーーどんな試合をしたいですか?

「勝つつもりでやりますが、白黒はっきりつくような、見ている人の納得のいく形で勝ち負けを決めたいです。ラウンドは長引かないと思います」

ーー長島選手はテレビを見ている人にチャンネルを変えられないような試合をしようと言っていました。

「逆にそれは僕からもお願いしたいくらいです。真っ向から勝負しましょう。僕は逃げも隠れもしないです」

ーースタミナに不安はないですか?

「初めてのトーナメントで、今までやったことがないのでちょっとは不安があります。でもそれだけ早く試合を終わらせれば問題ないわけで、ペースの事は考えずにダッシュのつもりで駆け抜けます。スタミナが切れる前に倒したいと思います」

ーー信男選手は防衛戦も控えていますが。

「自分がまずお兄ちゃんが頑張っていただけるような試合をして、次に繋げたいと思います」

ーー名城選手は信男選手のようになりたいという気持ちはありますか?

「そうですね。お兄ちゃんは世界チャンピオンになって裕福になって、拳一つで築いてきたものがある。自分もこの体でそれなりの賞金を稼いで家庭を築きたいという夢があります」

ーー今回はMAX新時代にむけた大会だと思いますが、それに対する意気込みはありますか?

「自分が勢いという面で、アグレッシブなファイトスタイルで外国人でもどんな相手でも真っ向から打ち合います。それで相手を倒して、お客さんが納得する試合をして、みんなを引っ張っていけるような存在になりたいです」

FEG
「K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜」
2010年3月27日(土)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ
開場15:00 開始16:00

<全対戦カード>

▼メインイベント(第10試合) -70KG Japan Tournament決勝戦 3分3R延長2R
準決勝の勝者
VS
準決勝の勝者

▼セミファイナル(第9試合) スーパーファイト 3分3R延長1R
ダニロ・ザノリニ(ブラジル/ブラジリアン・タイ)
VS
佐藤嘉洋(名古屋JKファクトリー/K-1 WORLD MAX 2006&2007日本トーナメント優勝)

▼第8試合 スーパーファイト 63kg契約 3分3R延長1R
小宮山工介(北斗会館/2008年RISING ROOKIES CUP 60kg級優勝)
VS
村浜TAKE HERO(大阪ファイティングファクトリー/K-1 フェザー級GP 1997優勝)

▼第7試合 -70KG Japan Tournament準決勝 3分3R延長1R
中島VSTATSUJIの勝者
VS
山本VS日菜太の勝者

▼第6試合 -70KG Japan Tournament準決勝 3分3R延長1R
城戸VS龍二の勝者
VS
名城VS長島の勝者

▼第5試合 スーパーファイト 63kg契約 3分3R延長1R
渡辺一久(フリー/プロボクシング第52代日本フェザー級王者)
VS
DJ.taiki(Team Nakano/2002年全日本アマチュアシュートボクシング中量級優勝)

▼第4試合 -70KG Japan Tournament1回戦 3分3R延長1R
山本優弥(青春塾/K-1 WORLD MAX 2009第3位)
VS
日菜太(湘南格闘クラブ/Toshin Family/初代RISE 70kg王者)

▼第3試合 -70KG Japan Tournament1回戦 3分3R延長1R
中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/Krush 70kgトーナメント2009優勝)
VS
TATSUJI(アイアンアックス/RISE DoA TOURNAMENT’05優勝)

▼第2試合 -70KG Japan Tournament1回戦 3分3R延長1R
名城裕司(K NETWORK 国士会館)
VS
長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/K-1 WORLD MAX 2009ベスト16)

▼第1試合 -70KG Japan Tournament1回戦 3分3R延長1R
城戸康裕(谷山/2008日本トーナメント優勝)
VS
龍二(リアルディール/第2代RISE-70kg級王者)

▼オープニングファイト第3試合 -70KG Japan Tournamentリザーブファイト 3分3R延長1R
小宮由紀博(スクランブル渋谷/RISE 70kg級トーナメント2009優勝)
VS
久保薗ルイス(ブラジル/チーム・ルイス/WMAFミドル級王者)

▼オープニングファイト第2試合 大渡博之引退試合 3分3R延長1R
大渡博之(正道会館)
VS
内村洋次郎(パンクラス/イングラム/初代ZSTウェルター級王者)

▼オープニングファイト第1試合 3分3R延長1R
松倉信太郎(バンゲリングベイ・スピリット/K-1甲子園2009 70kg級トーナメント優勝)
VS
YUUKI(新空手・鷹虎) 3月25日23時58分配信 格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000010-gbr-fight
 
   
Posted at 12:48/ この記事のURL
バトン「目標は表彰台」 / 2010年03月26日(金)
開幕戦(バーレーンGP)では7位フィニッシュと、期待していた通りの結果とは行かなかったディフェンディングチャンピオンのジェンソン・バトン。

[写真:バーレーンGP、スタート直後の集団]

実戦を戦って、フェラーリ&レッドブルとの差を感じたというマクラーレンのバトンだが、次のオーストラリアGPでは表彰台を目指したいと語っている。

「レッドブルはかなり強力だね。フェラーリも相変わらず強い。その次が僕らということになりそうだね。でもいくつかアップデートを施せば、彼らに近づきチャレンジできるようになると期待しているんだ」

「バーレーンではあまりマシンが合わなかったけれど、オーストラリアの方がもっと合っていると思う。こちらの方がダウンフォースレベルが低いからね。表彰台に上れたら最高だと思う。まずはそれを目標に戦うつもりだ」

「可能性がある限り、目標は高く設定しないとね。ハードなシーズンになると思うけれど、あくまで目標はワールドチャンピオン。まずは優勝できるマシンを完成させること、その後は僕の力に掛かっている」とバトンは語っている。

《レスポンス 編集部》

【3月25日23時18分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000055-rps-moto
 
   
Posted at 12:46/ この記事のURL
宮根誠司「おはよう朝日です」涙はみせずに明るく卒業 / 2010年03月26日(金)
 大阪・ABCテレビ「おはよう朝日です」の司会を20年にわたって務めたフリーアナウンサー宮根誠司さん(46)が26日、同番組を卒業した。宮根さんの後任には、同局の浦川泰幸アナ(38)が決まっている。

 宮根さんは「おはよう朝日です」に1990年にコーナーの担当として登場し、1994年からは単独で司会を務めた。大阪のおばちゃんが聞きたいと思うことを代弁するスタイルは、世代を超えて多くの支持を集めてきた。

 今回の放送では、番組冒頭から宮根さんが涙を見せるのか、ということに注目が集まっていたが、番組アシスタントを務めるABCテレビアナウンサー、喜多ゆかりさんが号泣し、宮根さんも眼を潤ませていたものの、最後まで明るい雰囲気で番組は進行した。

 また、TBSの安住 紳一郎アナウンサーがビデオ出演し、他局のアナとしては異例となるお祝いのコメントを寄せた。放送終了直前には「おはよう朝日」の歴代レポーター代表として、タレントの安田美沙子さんが花束を贈呈。

 4月からは、フジテレビの新ニュース番組「Mr.サンデー」(フジテレビ系日曜・後10時)の司会を務める宮根さん。関西の多くのファンは、20年にわたって、毎朝テレビの中から視聴者に「今日も元気に行ってらっしゃい!」と呼びかけてきた宮根さんを、今度は私たちの番と、東京での活躍を「元気に行ってらっしゃい!」と応援していることだろう。(編集担当:李信恵・山田武志)

【3月26日12時26分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000028-scn-ent
 
   
Posted at 12:44/ この記事のURL
【名古屋市営バス開業 80周年】交通系ゆるキャラがお祝い / 2010年03月26日(金)
◆「ハッチー」「ばっしー君」などキャラクターたちが活躍

[関連写真]

名古屋市営バスは2月1日、開業80周年を迎えた。3月21日にこれを記念して催された「市バス開業80周年感謝祭」では、名古屋市交通局の「ハッチー」を始め、各地のゆるキャラがお祝いに駆け付け、会場を訪れた子どもたちと交流した。

名古屋開府400年記念キャラの「はち丸」に加え、縁あって来場した神戸市交通局の「ゆうちゃん」「ばっしー君」と握手や記念撮影。楽しげな姿が見られたが、中には不思議な姿に泣き出す子も。


◆名古屋城天守閣を見ながらバスにお絵かき

名城公園に設けられた会場では、その環境を活かし、木々の間を回ってクイズを解く「市バス探検隊の大冒険」を開催。また遊歩道にはバス停に過去の写真を掲載して、歴史を解説する展示が置かれた。高齢の来場者には懐かしい写真が掲載されており、足を止めて見入る姿があった。

また、南遊園エリアでは「お絵かきバス」として、両側面を白いキャンバスとしたバスを5台配置。子どもたちは自分の割り当て枠内に、カラーペンを使って思い思いの絵を描いていた。お絵かきバスは一定期間、地域を走る事になっている。

《レスポンス 萩野公慈@WMW》

【3月25日21時15分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100325-00000046-rps-ent
 
   
Posted at 12:42/ この記事のURL
ワーキングマザー差別で元従業員がゴールドマンを提訴 / 2010年03月26日(金)
【ニューヨーク】ワーキングマザーを「二流社員」だと見なしているとして、金融大手の米ゴールドマン・サックスの元従業員が同社を提訴した。

 シャーロット・ハナさんは24日、2005年の第1子誕生後に差別を受け、09年の第2子誕生後に取得した育児休暇中に不当に解雇されたとして、ゴールドマンをマンハッタン地区連邦地裁に提訴した。同氏は社内研修プログラムのゴールドマン・サックス・ユニバーシティー(GSU)でバイスプレジデントを務めていた。

 ゴールドマンの広報担当者はコメントを拒否した。

 1998年入社のハナさんは、ゴールドマンにおける昇進の可能性が、05年に産休を取得した後になくなったと指摘し、育児中の母親向けの「マミー・トラック」のポジションに据えられ、給与、プロとしての成長、それに昇進の見込みの面で妥協させられたという。

 ハナさんは05年の育児休暇取得後に降格、07年にGSUに異動となったが、そこでは女性が彼女1人で、ミーティングやその他の活動から「組織的に除外されていた」ことも同氏は問題としている。

 また彼女は09年の休暇中、仕事ぶりが芳しくないという評価を受け、復帰する1週間前にポジションがなくなったと伝えられた、と主張している。

 ハナさんは訴状の中で、ゴールドマンはワーキングマザーに尽くす会社だと自画自賛しているが、実際には二流社員とみなし、職場で生産的な従業員として会社に貢献するよりも、子どもと一緒に家庭にとどまるべきだと考えていることは明らかだと主張した。

 裁判では、育児介護休業法(FMLA)で保障されている彼女の権利の侵害、報復的措置、それに性差別について争われる。

【3月26日10時51分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000303-wsj-bus_all
 
   
Posted at 12:40/ この記事のURL
枝川二郎のマネーの虎 カネ持ち資産を国が守るに等しい 貯金限度額2000万円引き上げ / 2010年03月26日(金)
 「郵政改革法案」の最終案が明らかになった。そのポイントは以下の3つ。

  (1)政府が3分の1以上の株式を保有する
  (2)ゆうちょ銀行の貯金受け入れ限度額を1000万円から2000万円に引き上げる
  (3)かんぽ生命の限度額を1300万円から2500万円に引き上げる

 今回はこのうち貯金の限度額の倍増について考えてみたい。

■限度額超えても罰則なく「有名無実」

 庶民感覚で「貯金」という語感にあうのはせいぜい1人あたり数百万円程度までではないか。1000万円を超える部分は富裕層による「投資」の範疇だ。自己責任で運用するべきなのは当然で、そのため預金保険による「保護」(ペイオフ)は1人1000万円とその利息が限度となっている。

 しかし、現実問題として巨大なゆうちょ銀行を破たんさせるわけにはいかないのだから、残高が1000万円を超えようとも実質的に政府の全額保証があると考えられる。つまり今回の措置は1000万円以上の貯金をもつカネ持ちの資産を国が守ろうとするものだ。これは到底納得できるものではない。

 加えて、ゆうちょ銀行の口座には怪しい名義のものが数多くあり、名寄せ(一人ひとりの口座を合算すること)ができていない。また、預入限度額を超えても罰則規定がないのだから、限度額の設定も有名無実といえる。

 次に、ゆうちょ銀行の機能に問題がある。ゆうちょ銀行には貸し出し機能は無きに等しいので、資金の大半(150兆円以上)を国債の購入に充てている。つまり、実質的に政府傘下の国債買取り機関となっているわけだ。今回は限度額を倍増することなので、ゆうちょ銀行に、もっともっと国債を買わせようということだろう。しかし、そのために地方の金融機関に行くべき資金を、ゆうちょ銀行が奪ってしまっては本末転倒である。中小企業への資金供与という金融機関本来の役割を果たしているのは地方銀行や信用金庫などの金融機関なのだから。

■ゆうちょ肥大化は「金融の国家主義」だ

 ゆうちょ銀行は毎年それなりの利益を計上している。それは、短期の貯金を元手にして期間の長い国債を買っているためだ(長期金利の方が短期金利よりも通常高いので)。しかし、国債を購入するだけであれば、個人が直接国債を買えば済む話でもある。「国債ファンド」たるゆうちょ銀行のために年に1兆2000億円を超える営業経費をかける価値がどこにあるのか、政府は説明をする責任があろう。

 欧米では金融危機の反省から、金融機関がツー・ビッグ・ツー・フェイル(大きすぎて潰せない)にならないようにしようという動きが進んでいる。巨大な金融機関には「どうせ政府が助けてくれる」という甘え(モラルハザード)が生じがちだからだ。実際、英米をはじめ多くの国々で、大手金融機関を助けるために財政が悪化した、という苦い経験がある。

 ゆうちょ銀行は従来から巨大で、金融市場の機能を歪める存在であった。それをますます大きくしようとする今回の動きは、「金融の国家主義」に他ならない。それでなくとも財政赤字が膨張して危機的状況にある昨今にあって、政府の役割をどんどん大きくしようというのは「百害あって一利なし」。再考を強く望みたい。

枝川二郎プロフィール
枝川二郎(えだがわ じろう)国際金融アナリスト
大手外資系証券でアナリストとして活躍。米国ニューヨークで国際金融の最前線で活躍。金融・経済のみならず政治、外交、文化などにもアンテナを張り巡らせて、世界の動きをウォッチ。その鋭い分析力と情報収集力には定評がある。


■3月26日11時22分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000000-jct-bus_all
 
   
Posted at 12:39/ この記事のURL
【東京モーターサイクルショー10】目標10万人 / 2010年03月26日(金)
東京モーターサイクルショー(主催=東京モーターサイクルショー協会)が、江東区有明の東京ビッグサイトで28日まで開催される。二輪車の展示イベントとしては国内最大。3日間で10万人の動員を目指す。

国内外の二輪車メーカーを始め、出展者数は136社。車両関係ではホンダ、スズキなど国内4メーカーに加え、キムコ、KTM、ドゥカティ、トライアンフ、ハーレーダビッドソン、ピアジオなど海外メーカーもそろった。前回より10社少ないが、実際に来場した雰囲気でも、モーターショーのように主要メーカーが大きく欠けたという印象はない。例年どおりの充実ぶりだ。

「前回よりかなり厳しい予想をしていたが、当初想定していたより増えて、最終的には10社減でとどめることができた」(運営事務局担当者)

国内外14モデルの試乗会や、警視庁クイーンスターによるデモ走行、オートバイ中古パーツの販売などが連日予定されている。

入場料は、大人:1500円、高校生:1000円、男女ペア券:2500円、中学生以下:無料。

《レスポンス 中尾真二》

【3月26日12時19分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000012-rps-ind
 
   
Posted at 12:38/ この記事のURL
作戦統制権韓国移譲延期論、米国内でも広がる / 2010年03月26日(金)
【ワシントン25日聯合ニュース】韓国から始まった戦時作戦統制権の韓国への移譲時期延期の主張が、最近、米専門家の間でも提起されている。
 アジア・ファンデーションとマンスフィールド財団は25日、ワシントン市内のホテルで「戦時作戦統制権と韓米同盟」シンポジウムを共催した。年初から一部専門家らが、寄稿文や講演などを通じ、2012年に予定されている作戦統制権韓国移譲の延期を主張しているが、こうした形で討論会が行われたのは初めてだ。
 しかし、米政府当局者らは「予定通り2012年に移譲する」と一貫して強調している。シンポジウム当日にも、シャープ在韓米軍司令官が下院軍事委員会で「2012年に韓米間で最終的認証訓練を行う」と述べ、予定通りの移譲推進を強調した。
 一部の米専門家らは、韓国政府が作戦統制権移譲時期の延期を含む再検討を、年内に米国側に正式に提案するものと見ている。米政府が世論の流れを見ながら、どう対応するかにも関心が集まる。
 シンポジウムでは、ハンナラ党の黄震夏(ファン・ジンハ)議員が基調提案に立ち、作戦統制権移譲の延期を強く主張した。米海兵隊大学校のベクトル教授、ブルッキングス研究所のオハンロン上級研究員、新米国安全保障センター(CNAS)のクローニン専任研究員、高麗大学国際大学院の金聖翰(キム・ソンハン)教授ら、移譲延期論者がパネリストとして大挙参加した。
 黄議員は、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で締結した韓米間の作戦統制権韓国移譲合意は、誤った戦略的理解に基づく誤った合意だったと主張。韓米合意は尊重すべきだが、再検討の必要性は拡大していると指摘した。その上で、再検討論議は軍事的アプローチではなく、政治的イニシアチブを通じ解決していくべきだと強調した。
 ベクトル教授は、在来式戦力による北朝鮮の脅威が現存していると主張しながら、「韓国軍が北朝鮮のアシンメトリーな戦力に対応できるようになるまで、移譲時期を延期すべきだ」と主張した。
 一方、2007年に作戦統制権移譲の合意を導出した、盧武鉉政権で青瓦台(大統領府)安保戦略秘書官を務めた朴善源(パク・ソンウォン)ブッキングス研究所研究員も、質問者として参加。移譲延期論に一つ一つ反論した。
 作戦統制権移譲延期論者は、北朝鮮の核の力量を延期の根拠としているが、北朝鮮の核兵器への対応は作戦統制権に関する問題ではなく、韓米がどのような軍事的オプションを持つかという問題だと指摘した。2006年10月に北朝鮮が最初の核実験を行った後、韓国軍当局は米国に作戦統制権移譲協議を先延ばしにすることを打診したが、米国防総省がこれを退けたことなどを説明した。国防総省は当時、北朝鮮が核兵器を使用する場合、これは統制権を誰が持つかという問題ではなく、「韓米両国の最高統帥権者の戦略的・政治的判断により、核の傘を稼動させるという問題だ」と述べたという。
 また、作戦統制権が韓国に渡っても、航空作戦と戦略的上陸作戦は米軍が戦術的指揮権を行使するため韓国の指揮統制を受けるものではなく、両国合意で2012年3月末に最終検討を経て、4月に新たな韓米共同防衛体制を構築することになっていると説明した。軍事技術的な問題があれば、韓国合同参謀本部と在韓米軍および米国防総省が専門的に論議すべきで、作戦統制権移譲問題は政治的に論議する事案ではないと強調した。
 シンポジウムには政治家と学者が多数出席したが、米国当局者の姿はなく、直接の立場を答弁を述べることを負担に感じ出席を見合わせたとみられる。



【3月26日12時27分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000012-yonh-kr
 
   
Posted at 12:37/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!