あいや暫く 

October 31 [Sat], 2009, 23:01
へろーへろー
こちら、日本でござる…

なんとも懐かしきこの画面。
今日、ハロウィンの日にやってきた理由は
まぁ、別段この日の必要性はなかったわけですが

みなさまもウスウスお気づきになってはいるかとも思います。
ねぇ、そうでしょう。
気づいたでしょう?

更新が全くされていないことを!!!!

ビックリですね。
この期に及んでそんな事かと。

あぁ、怒らないで!!

落ち着いて!!

そして、この画面をよく見て!!!

えぇまぁ…引越しました。

詳しくはWEBで(1回書いてみたかった)

http://gotor748.exblog.jp/

面倒ですが…

カマン ジョーインナス↑↑↑↑↑↑↑

オマケの意見。 

January 22 [Thu], 2009, 23:19

本日土浦農業普及改善センターにて、農業に関する意見発表をしてきました。

あっ、「あけまして、おめでとうございます」
なんか、遠い昔に感じるなぁ〜コノ挨拶。


まぁ、本題に戻ります。
プロジェクト発表っていうのは、自分が今取り組んでいる
技術確立の経過を発表するわけですけど。

私がやったのは、そのおまけ的なヤツで
「意見発表」ってゆう括りであります。
自分がもっている農業に対する考えとか
これからどんな感じで「経営」を展開したいとか。
そんな感じのことを、7分間の原稿にまとめて発表します。

地区大会つっ〜コトでね30人くらいの前で話をしました。
いやー非常に緊張しまして、頭くらくらですわ。
なんつっったってね、30人の中に講評してくれる
アドバイザーみたいな方が3名いるんですよ。
その3人中お1人が隣の親父さんで
もうお1人様が遠い親戚の方でした。

おい、やりずらいよ

ある意味、今までで一番やりずらかった。

この企画
本来なら、地区大会で1名に選抜されるのですが
今年は、私1人というこで自分の意思とは裏腹に
めでたく県庁で開かれる県大会へと進んでゆくのでした…

県大会は暗記するくらいってアドバイスもらったけど
最近、使ってないよその辺の脳みそ。

流石「県大会」、ハードル高い。

師走でごわす。 

December 24 [Wed], 2008, 23:07
パソコンの前に座って15分…

フリーズしっぱなしです。

俺が…


ナンヤカンヤでね。

12月。

暖かかったと思ったら、寒くなって
また暖かかったと思ったら、寒くなる。

変な気候。

只今、剪定真っ只中。
そして、バイトも真っ只中。

去年と同じバイト
ただ違うのは、仕事の量。

不況なんですかね。
いや、不況なんですね。

バイトが休みの日は…

もう眠い。

最近、やたらと就寝時刻が
未知の領域をジリジリと侵してる。
やはり、仕事とバイトの両立は難しい。




近頃、農業を通して意見を発信する場が多くなっている。

気がする。

まぁ、意見を発表するだけでなく
それを踏まえて、自分はどうしてしたいのかと
その辺をキチットしていかないといけないんだ。

何をやるにしても
自分の言葉には責任を持たねば。


2008年ももう少し。
気合入れてかねば。


梨農家上る 

December 05 [Fri], 2008, 2:04
12月2日。
明治学院大学でゲストスピーカー&「カフェ連×農的若衆宿@白金」で
お話をするため東京へ。

まず、1日目は農者の同級生3人と共に白金へ。

日頃、コミュニケーションの相手が主に
家族と梨の樹で構成されている私に
まさか、人前でそれも大学の授業でしょべるなんて…
もう緊張しまくりである。

大学へ行き、軽い打ち合わせのあと
最初は、15、6人の生徒の前でお話をする。
内容は、何で農家を職業として選んだかとか
そのイイとことか、悪いトコとか
仕事の内容とか
地元で生きている感じとか。
ここの授業では、割と農業をしてゆくうえでの
辛さを話に含めつつ、結構楽しんでやってるよ的な話をした。


緊張しながらも、写真などを駆使して何とかスムーズにできた。
久しぶりに会った同級生の話も聞けたので俺も聞き入ってしまった。
割と楽しんで出来たせいか、時間はあっという間に過ぎ
次はメインとも言うべき「カフェ連×農的若衆宿@白金」へ。

大地の上に自立する
社会的排除時代を生き延びる若手の選託

というテーマで
語り手(私と同級生二人)とコメンテーター、コーディネーターの方々と
トークを繰り広げた。
事前に参加人数は聞いたものの、圧倒されそうになり緊張はピークへ。
そもそも、コメンテーターの方があの「大地を守る会」の会長さんとは…
テレビで見たことある…しかも、直接本人を目の前にすると物凄きオーラをかんじる。

ココでの内容は、先ほどとは打って変わって
農村社会で生きている若手農家の現状を生々しくかたる。

百軒の農家があれば、それぞれおかれている状況や内容は違うかもしれないが
ここで話した内容は、少なくとも私達語り手3人の決して無視できないリアルな現状。

会場の参加してくれた人々に感想を聞くと結構ネガティブ目線な観想が多かったけど
コレだけ厳しい状況置かれている中でもこの農業を選択して、やり続けている理由。
辛い事ばかりではなく、ただ農業が好きってこと以外に、農業を仕事としてやってゆく中で
ただの仕事だけと捉えるだけでなく、そこからまた先にある自分のステージを目指してゆく。

まぁ、要するにあんだけ生々しく厳しい状況をひっくるめても
やる意味のある仕事として選んでいるという事です。
各々意味は違うかもしれないが農業に対する想いは一緒だと思う。


その日の最後に、主催者最後の20代そしてウェルカムサーティーンを祝しつつ
サイコーに楽しい打ち上げをした。

地元にいただけじゃ絶対巡り合わない貴重な経験ができた。

色々な感情が自分の中で入り混じりその日はなかなか眠れなかった。

おちば。 

November 19 [Wed], 2008, 23:17
夜は寒い。
チョット外に出ると、服を着てても寒さが伝わってきます。
冬が近づいていますね。

さてさて、やまや梨園では
肥料撒きも終わり、もう直ぐ剪定へと突入しようとしています。

とその前に、今日は畑に撒いたらいいのではなかろうかな
腐葉土を作るべく、ひたすら落ち葉を集めました。

その量、軽トラ2台…
まぁ、特にもらえる当ても無いので
家の周りとか、道端とか。

軽トラ2台って結構な量だと思いがちですが
コレが意外に、土になると…
なんじゃこりゃ!?って位にペッタンコになってしまいます。

ぶちゃけ、まだまだ集めたい。
なんなの根拠もなく1tくらい欲しい。
けれども、剪定もしなければ

あぁ…体がいくつあっても足りない。

きっと、今夜の風でまた落ち葉も沢山おちたことだろう
明日も集めるべきか、剪定するか

迷うなぁ。


いっぽ 

November 06 [Thu], 2008, 0:03
収穫が終わってからというもの
親父と二人で共同作業する機会がおおい。
タナ作りとか、梨の樹を抜くとかね。

まぁ、前に書いたんだけど
俺と親父はビックリする程息が合わない。

息子は息子ナリ
親父は親父ナリ
の方法があって、どっちも譲らない。

大体は俺が
「勝手にすれば」みたいな感じになって
落ち着くのだ。

特に最近は
何か一緒にいるだけでイライラ
息合わなくて更にイライラ
イライラしっぱなしであった。

んで、今日の作業。
梨の樹を抜いた後の穴掘りのとき
何気ない会話をしているときに
自分が将来目指す農業像を話した。
とはいっても枠にもならない漠然とした話なんだけど

そしたら何というか
イライラ感…焦燥感みたいなのがなくなった。

きっと、今までのイライラは
そういう事を親父に話せなかった
自分自身に対して抱いていたイライラなのか

そんな風に思った。

まぁアレですよ
自分の親父に自分の農業観とか将来像てきなやつって
話すとコッパズカシイじゃないですか。

ねぇ

どうですか?

だから、今までそんなに触れもしなかったし
あんま話すことも無かったんだけど

よくよく考えたら
まず、親父にわかってもらわんとイカンコトだなと
そこからが、第一歩なんじゃないかと

俺の前に立ちはだかる
底の知れない親父に。


何だカンダで俺の百姓の道は
まだまだ始まったばかりなんじゃないのかと

そう思う今日でした。

おしまい。





南瓜 

November 01 [Sat], 2008, 1:30
お菓子くれよ〜

たのむよ〜

おかしくれよ〜

くれないと…

悪さすんぞ〜




ハロウィンの今日
やっと、やっとこさ…なしのタナ作りが終わった。
山積みの仕事がヒトツ終わりました。

気も緩んでネ…

冒頭の文に現れたってゆう。
まぁ…大人では…アレが限界です…

なんかこう、セツネェなぁ。

兎に角、剪定まえの一仕事が
終わったってコトで。

以上。

報告終わり。

ニュー 

October 30 [Thu], 2008, 20:03
日中は、仕事をしていても汗をあまりかかなくなりました。
梨の葉もチラホラ舞う10月。
いい季節になりましたね。

こんな日は、紅葉見つつどこか公園でも散歩したいモンです。
まぁ、目の前にある仕事の山を見るとそうも行かないんですよね…
とほほです。

そんなときは、畑に行く道中も散歩だといいきり
徒歩や、自転車でいきます。

夏とは違う風の冷たさや
他人の畑に実っているリンゴが、妙に美味そうに見えたりとか。
なかなか、発見盛りだくさん。

仕事に行きながらにして、秋満喫です。


さてさて、梨のタナ製作中のニュー畑。
今日は、珍しく70歳になる近所のオバちゃんがお茶を持ってきてくれました。
ありがたいです!!。

話に聞くとオニューの自転車で、
買い物に出かける途中
畑にいたがらよってみたんだよぉ〜
だそうな。

これも、車に乗ってたら生まれなかった交流だな〜。
目的や、目標に向かって一直線的な車も悪くないけど
チラホラ、ぶらぶらな歩きや自転車もなかなか悪くないなぁ〜


それにしても、秋って何かと動くには最適な季節なんだな。
こうして、記事を書いて発見した。

贈り物 

October 29 [Wed], 2008, 21:03
寒くなってきましたね。
前の記事かいた時より冷えてきました。

はてさて、秋も深まりつつある今日この頃。
梨屋を営む我が家には、旬の食物が
続々到着しております。

まず山形のブドウ

大学の同級生が送ってくれた。
種類は良くわかんないけど(スマン)
うまいなぁ〜。
さすがです。

次は
新潟の新米コシヒカリ

このお米も大学の同級生が送ってくれた。
新潟の、しかも新米でコシヒカリですよ。
今から食べるのが楽しみだぜへっへっへ。

みんな、また来年梨送るかんね。


そんな、プチ地域物産展開催中のわがや。
絶賛なしダナ製作中です。

ね…眠い。

リスキー 

October 14 [Tue], 2008, 23:15

朝晩メッキリ寒くなってきました。
秋ですね。

我が家の晩御飯にはキノコご飯がでてきました。 
秋ですね。

ナカナカ美味かった。
親にキノコの名前聞いてみたトコロ

「庭に生えていたキノコだから知らない」

だってさ…

「香りが良かったから大丈夫だとおもって」

だって。

ビックリだね。
まぁ、食べてから時間経つけど
元気で記事かいてるから、大丈夫だと思うけど。

大丈夫じゃなかったらどうすんだろ。

それにしても、匂い基準って
初めてきいた。

これからは匂い意外にも
何か基準を設けねば
夕飯の平和が崩れてしまうね。

まぁ、匂いがいい匂いだったから
に納得した俺も俺だけどさ。

■プロフィール■
名前:梨坊主
住家:茨城県
職業:若さ溢れる梨農家
更新頻度:若干休みつつ毎日更新予定
最新コメント
アイコン画像梨坊主
» 梨農家上る (2008年12月24日)
アイコン画像コッペ
» 梨農家上る (2008年12月09日)
アイコン画像梨主
» 息抜き。 (2008年08月25日)
アイコン画像青森A
» 息抜き。 (2008年08月24日)
アイコン画像梨坊主
» よっし。 (2008年05月09日)
アイコン画像ニンジャ
» よっし。 (2008年05月07日)
アイコン画像梨坊主
» 充実感。 (2008年04月06日)
アイコン画像コッペ
» 充実感。 (2008年04月05日)
アイコン画像梨坊主
»  (2008年03月11日)
アイコン画像隣町
»  (2008年03月07日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる