西嶋と保志

March 28 [Mon], 2016, 19:51
妊活中の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。一人目に男の子を産んでいたので、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けに挑戦してみました。妊娠が発覚した後、赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは緊張しましたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。妹が出来た、と家族で喜んでいます。妊活中の体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。ビタミンの一種である葉酸には、貧血を予防する効果がありますし、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。ほかにも、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。夫婦共に大切なサプリであると言えますね。胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いでしょう。せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きを十分に生かすことが出来るでしょう。では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れるという報告もありますから、空腹時での摂取はおススメしません。葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。ですが全く摂らなくなっても良いのかというと決してそうではないんですよね。胎児が先天的な障害を発症する可能性を下げてくれるという意味では、妊娠3ヶ月までの期間が大変重要な期間という事ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も大勢居ます。ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。そのため調理のために加熱することで熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。総合的な摂取量としては十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:直樹
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yacnn0hhgemjki/index1_0.rdf