過去消去 

2011年05月26日(木) 21時51分
何を思ってか、過去の記事を非公開にしてみた。
別にどうということではないけど、前からしようしようと思っていたのだ。

更新しないブログに古い記事だけがいつまでも載っているというのは、やはり不恰好なものだ。
更新を続けられないのであれば、あとにはまっさらなブログだけを残しておこうと思う。

と、威勢のいいことを言ってみたものの、前回と合わせてもまだ二回目の更新である。
ようやく三日坊主の中間地点を過ぎようとしている程度。
まだまだ偉そうなことを言う余裕がある時期なのだ。

ただ、過去の記事を消したのは、悪くないと思っている。
理由は特にないが、なんだかすっきりとしたところがいい。
完全に消去したわけではなく保存だけはしているのために、いざとなったら焼き増しして再利用という手も使える点で、都合の面でも、非常に良い判断だった。と思う。

相棒効果 

2011年05月25日(水) 21時35分
俳優の長門裕之が亡くなったとニュースで聞いた。
あまり俳優とか芸能人には詳しくないので、長門というと
「相棒」に出演していたくらいの記憶しかない。

たしか「閣下」と呼ばれないと返事もしないという、外務省のやっかいなお偉いさんの役だったと思う。
そのおかげで、長門というと困ったちゃんの閣下のイメージが真っ先に浮かんできてしまう。
テレビに映った遺影も、閣下がおふざけをしているようにしか見えなかった。

長門以外にも、「相棒」のイメージしかない俳優は少なくない。
水谷豊はどこで見かけても杉下右京だし、寺脇は亀山くん。
岸辺一徳は官房長として、伊丹役のひとはいつまでも伊丹として記憶されることだろう。

他にも相棒俳優はいるが、ここまでにしておくとして、逆に相棒のイメージがあまりない人もいる。
及川のミッチーだ。

ミッチーだけは相棒のなかでも「あ、ミッチーが出てる」と認識することができる。
神戸くんがどんなに運転が荒かろうと、「ミッチー、運転荒いなあ」と、頭の中ではミッチーとして処理されてしまう。
なぜそうなるかと考えると、ただ単に、相棒で見るよりも先に存在を知っていたとしか言いようがない。

そういえば、津川雅彦も相棒に出てたけど、あまり相棒のイメージではない。

それじゃ津川雅彦は何かといえば……
徳川家の誰か、だろうなあ、きっと。
P R
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yac_soon
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 趣味:
    ・テレビ
    ・ペット-魚類
    ・自転車
読者になる
Yapme!一覧
読者になる