コスタリカ戦視聴率は関東で8・7%、関西で6・6%

July 03 [Thu], 2014, 12:17
サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会に向け、日本代表がコスタリカと対戦した強化試合を中継した番組(NHK総合、3日午前)の平均視聴率が、関東地区で8・7%、関西で6・6%だったことが4日、ビデオリサーチの調べで分かった。転職情報 香川先制点を許す展開に課題は残ったものの、勝利とともに日本にとって明るい材料となるのは「10番」が復調の兆しを見せたこと。切れのある動きで香川が逆転ゴールを奪い、勝利を引き寄せた。


転職情報 香川


サイドチェンジのパスで後半15分の同点ゴールの起点になった香川。同35分には、ドリブルでゴールに迫り、柿谷とのパス交換から抜け出すと、トラップがずれたボールを巧みにコントロールしてシュートを決めた。逆転の立役者となった香川は「前半からチャンスを作れていた。連動性もあり、みんな攻撃に絡めていた」と喜んだ。転職情報 香川午前と午後の2部練習が続き、「やりすぎではないか」と思うほどの練習量だった鹿児島合宿から、キプロス戦を経て米国入り。時差もあって眠れず、コンディションはよくなかったという。試合は、香川真司選手らがゴールを決め、3−1で日本が逆転勝ちした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:林仁
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yabuki2014gh/index1_0.rdf